なぜ貯金が出来ないのだろう?「そん人が改善するべき5のポイント」

shutterstock_268812086

貯金が出来ない人というのは、どんなに稼いでいても出来ないものです。

でも、貯金が出来ない人が、こんなところを改善すれば、貯金ができるようになるというポイントもあるのです。
貯金をしていくために改善するべきポイントを紹介します。

1.カードは使わず、買い物は現金払いにする

まず、買い物の仕方から変えて行きましょう。
普段の買い物は、現金でしていますか?
それとも、クレジットカードでしていますか?
クレジットカードのメリットは、現金を持たなくてもいいことです。
でも、デメリットとして、どれだけ使ったのかを把握しづらいということです。
貯金をしたいと思っているのであれば、まずは、現金払いの習慣をつけるようにしましょう。
クレジットカードと違い、現金払いであれば、いくら使って、いくら残っているのかがはっきり分かります。
それによって、自分が使いすぎていないかをチェックすることが出来るのです。
また、どうしても現金を持ち歩くのが嫌という人は、デビットカードを使うことです。
クレジットカードと違って、デビットカードであれば、口座引き落としがすぐに行われるので、現金払いと同じことになります。
使った金額の把握のためにも、現金払いの習慣をつけましょう。

2.公共料金や携帯の利用明細はチェックする

毎月届く、公共料金や携帯電話、クレジットカードの利用明細、あなたはどうやって扱っていますか?
金額だけをチェックして、ゴミ箱に捨てていないでしょうか?
せっかく利用明細が来ているのですから、貯金のために役立てましょう。
公共料金は使用量をチェックして、高ければ節約を心がけることができます。
携帯電話は、逐一料金プランをチェックするようにして、損をしないようにすることが大切です。
また、携帯に付属している有料プランで、使っていないものは解約していくことで、毎月1000円ほど利用料金が安くなるケースもたくさんあります。
携帯電話代が高いという人は、有料プランの見直しをしましょう。
クレジットカードの利用明細は、使いすぎていないかのチェックに役立ちます。
そもそも、現金払いにすればクレジットカードの使いすぎも気にしなくていいのです。
各種明細はきちんとチェックして、節約を心がけましょう。

3.収支把握のために家計簿をつける

自分の収支を把握できていない人は、貯金が出来ない人です。
ですから、自分の収支を把握するためにも、家計簿をつけることをオススメします。
100円ショップなどに行くと、家計簿は売ってます。
簡単なものでいいので、すぐに購入してきて、毎日つけるようにしましょう。
家計簿をつけるのが面倒だと思うのであれば、ざっくり5つの項目でいいのです。
まず、毎月の収入を書いておきます。
収入にばらつきがなければ、すぐにこれは終わります。
その中から、引き落としになる分の「消費」を記入します。
そして、毎日の生活の中で必要になる「消費」はレシートとともに逐一記入していきます。
そして、消費と一緒に購入してしまった必要ないものは「浪費」として記入します。
レシートに印をつけると分かりやすいでしょう。
仕事で使うものなどは「投資」として記入します。
そして、残った分は「繰越」や「貯金」として記入するだけで、簡単に収支を把握することができます。

4.ATMの利用を制限する

財布の中にお金がなくなったら、ATMに行ってお金を下ろしてくるというのは、貯金が出来ない人に多い特徴です。
毎月ATMを使う回数を決めておくことで、必要以上にお金を使わなくなります。
例えば、給料日に1回ATMを操作したら、あとは1~2回だけと決めておけば、必要以上にお金を使わなくなります。
また、1回に下ろすお金の金額も、1万円や2万円にしておくように決めると、無駄遣いを減らすことが出来ます。
例えば、給料日以降、隔週で2万円ずつ下ろすと決めていれば、その分だけで生活をしていかなければいけないくなります。
使える金額が決まっていれば、その分節約をすることを心がけるようになります。
節約が身についてくれば、お金に余裕ができるので貯金が出来るようになるのです。
また、ATMを使いすぎると、1ヶ月で2000円ほどの手数料がかかってしまうことにもなるので、要注意です。

5.「残ったら貯金」をやめる

貯金が出来ない人に多いのは、「この月の残った金額を貯金しよう」と考える人です。
これでは、貯金をしたくても残らなかったら貯金ができません。
貯金をしたいと本気で思っているなら、最初に貯金してしまう習慣をつけることです。
貯金をする金額は、給料の2割が理想的といわれています。
でも、いきなり2割の貯金をするのは難しいので、最初は1割からでもいいのです。
最初に貯金をして、次に支払いをして、その後で残った金額だけで生活をしていきます。
生活費が少なくなっても、きちんと節約ができれば生活はしていけるでしょう。
それでも生活がしていけないのであれば、固定費を削りましょう。
確実に貯金をしていくためには、貯金が一番最初に来なければいけないのです。
残ったら貯金の習慣がある人は、どれだけ稼いでいても貯金が出来ない人なので、最初に貯金の習慣をつけることが大切です。

まとめ

1.カードは使わず、買い物は現金払いにする
2.公共料金や携帯の利用明細はチェックする
3.収支把握のために家計簿をつける
4.ATMの利用を制限する
5.「残ったら貯金」をやめる

編集後記

改善するところを改善すれば、貯金ができるようになります。
貯金をしたいという強い気持ちがあれば、貯金は継続していくことが出来るのです。
貯金をするためには、毎日の生活を改善していく事を考えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!