貯金したい人必見!絶対貯金ができる5つのルール

shutterstock_220567366

貯金がしたいと思う人はたくさんいます。

でも、計画をしただけで実行できていない人もたくさんいます。

絶対に貯金がしたい人必見の、貯金ができる5つのルールを紹介したいと思います。

貯金がしたいと思ったら、これだけは守っていきましょう。

1.必要なものは必要なときに買う

給料が入ったら、あなたはどのような使い方をしているでしょうか?

まず、支払いをして、必要になりそうなものを買って、生活費を決めて、とやっている人も多いと思います。

ですが、必要になるかもしれないものや、必要になりそうなものというのは、今の時点では必要ないものです。

これは、必要なときに買えば良いので、先に買わないようにすることが大切です。

必要になるかもしれない、という状況で買ってしまうと、結局必要なかったというときには無駄遣いになってしまいます。

必要なものは必要なときに買うというのは、無駄遣いを減らすためにも必要なことなのです。

これが消費されるものであっても同じで、必要なときまで待つことも大切なのです。

無駄遣いをしないようにするためには、先読みして買うのではなく、必要なものは必要なときに購入することを徹底していきましょう。

2.固定費の削減が一番の節約になる

節約をするとき、生活費の節約から入る人が多いと思いますが、生活費を節約しても節約できるお金はほんの少しです。

自分の支出を見直してみて、何が一番大きいかというと、固定費が一番大きな支出になっている事に気付くと思います。

つまり、固定費の削減は一番大きな節約になるのです。

例えば、家賃が7万円の人が、5万円のところに引っ越したら、毎月2万円の節約になります。

生活費の中から2万円も節約しようと思うと、とても大変なことです。

ですから、固定費を削減することで、より大きな節約が期待できるのです。

もちろん、生活費の節約は大切なことです。

でも、生活費だけを節約しても、なかなか貯金には結びつきません。

そこで、大きな固定費を削減していくことが出来れば、その分をしっかり貯金することが出来るのです。

固定費の削減が一番大きな節約であることを覚えておきましょう。

3.「最初に貯金」を徹底する

貯金をするときの方法で、一番徹底しなければいけないのは、「最初に貯金をすること」です。

最後に貯金をしようと思うと、生活費などで使ってしまってお金がなくなったときには、貯金がゼロになってしまいます。

ですから、生活費などでお金を使ってしまう前に、まずは貯金をしてしまうことが大切です。

貯金をすることを最初にしてしまえば、残った分で生活をしていかなければいけないので、自然に節約をすることができます。

そして、最初に貯金をしているので、お金が残らなくても貯金が出来ないという心配をしなくてもいいのです。

残ったお金が少ないという人は、他の部分を削ることを考えましょう。 また、残った金額がいつもより少なくても、生活できてしまうものです。

「これだけしかなかったら生活できない」と思わずに、まずはやってみることで、案外無駄遣いが多いことに気付くかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2