お金を貯められる人がやっている5の貯金術

shutterstock_258857819

お金がどうしても貯められないという人は、お金がない人だけではありません。

でも、どうしても貯金が出来ないという人はいるのです。
そこで、貯金が出来る人の方法を真似することで、貯金が出来る人になっていくことが出来ます。

1.貯金の目標と期限を決めている

まず、貯金をするときに一番大切なことは、貯金の目標と期限を決めることです。
なんとなく「貯金をしよう」と思うだけでは、貯金は成功しません。
貯金をするためには、「なんのために」「どのくらいの期間で」貯金をするかを明確に考えなければいけないからです。
貯金をしていく上では、まず何のために貯金をするかということを考えます。
老後のためでも、資産運用のためでも、車が欲しいでも、何でもいいのです。
とにかく、自分がそのためにしっかり貯金をしようと思える目標を立てていきましょう。
そしていつまでに貯金をするのか、と言うことを明確にします。
老後のためであっても、何歳までにいくらの貯金をする、と決めるだけでゴールが見えて出発しやすくなります。
人はゴールも見えなければ目的もないものに取り組むことは出来ません。
なので、貯金を始めるときには「目標」「期限」をしっかり決めましょう。

2.ライフイベントを想定した貯金ができる

例えば、人生には色々なイベントが待ち構えています。
一人暮らしをしたり、結婚したり、子供が生まれたり、不慮の事故にあってしまったり。
こういってライフイベントを想定してしっかり貯金をしていくことも大切なことなのです。
一番貯金がしやすい時期というのは、社会人になって一人暮らしをしているときです。
自分ひとり分の生活を賄ってしまえば、後は全て貯金に回すことも出来ます。
この時期にしっかり貯金をしておけば、ある程度の金額が貯まるので、将来慌てて貯金をしなくても良くなるのです。
子供が生まれたりすれば、養育費などがかかってきて、なかなか貯金が出来なくなってしまいます。
でも、子供が独り立ちしてくれれば、その後も貯金をすることが出来ます。
ライフイベントに併せて貯金をしていったり、ライフイベントを目標にした貯金をすることが、貯金を成功させる秘訣です。

3.口座を分けている

今、自分の口座はいくつありますか?
その中で、使っている口座はいくつですか?
口座を目的別に分けて使うことが出来ている人は、貯金がしっかり出来ている人だと思います。
でも、いくつも口座があっても目的別になっていなかったり、支払い口座がばらばらだったりすると、ムダに口座を持っているだけになってしまいます。
なので、口座は目的別に複数持つことをオススメします。
まず1つは「給与・引き落とし口座」です。
給与が振り込まれる口座に引き落としの口座をまとめてしまえば、後は自動的に給与から引き落とされるので、この口座を分ける必要はありません。
そして2つ目は「貯金用口座」です。
貯金の口座を作ったら、毎月決まった金額を貯金して、絶対に使わないようにしましょう。
3つ目は生活費口座ですが、生活費の口座を作らなくても無駄遣いをしなければタンス預金でも大丈夫です。
このように目的に併せて口座を使い分けることで、貯金をしていくことが出来るのです。

4.家計簿を正しく使えている

今、家計簿を付けている人の中で、正しく家計簿を付けられている人はどのくらいいるでしょうか?
何となく毎月の収支を記録するだけの家計簿では、意味がないのです。
家計簿というのは「無駄遣いを洗い出すためのもの」なので、きちんと見直して、自分の収支を把握する必要があります。
例えば、大きな支払いだけを記録して残ったら自由に使えるお金にしていると言う家計簿の付け方は正しくないのです。
どんなに小さいものでもしっかり記録しておくことで、自分の無駄遣いを把握することが出来ます。
そして、その無駄遣いをしていると、お金が貯まらないことにも気付くことが出来ます。
お金を貯めるためには無駄遣いをしないことが大切なので、しっかり自分のムダを把握していきましょう。
家計簿を付けていない人も、つけ方が間違っていた人も、今日から改善して、貯金が出来る人になりましょう。

5.勝手に貯金が出来る仕組みを使っている

自分で貯金が出来ないという人は、勝手に貯金がされる仕組みを使ってしまえばいいのです。
例えば、給料日に併せて自動的に送金されるシステムがある口座を使うとか、社内の財形貯蓄を利用するなどの方法があります。
自分で貯金が出来ない人というのは、意思が弱い人がほとんどです。
貯金をしようと思ってお金を持っていても、銀行に行く道中でいいものがあれば使ってしまうというのを繰り返してしまうので、結局貯金が出来ないのです。
だったら、自動的に貯金をしてしまいましょう。
自分の手で貯金をしようと思うから貯金が出来ないのであって、勝手に貯金されていけば勝手にお金は貯まっていきます。
後は残った分で生活をしていけばいいのです。
貯金が出来ない人ほど、自動的に貯金をするシステムを知らないことがほとんどです。
財形貯蓄や送金システムを使って、勝手に貯金をすることを覚えましょう。

まとめ

1.貯金の目標と期限を決めている
2.ライフイベントを想定した貯金ができる
3.口座を分けている
4.家計簿を正しく使えている
5.勝手に貯金が出来る仕組みを使っている

編集後記

貯金ができないのは、収入が低いとか、お金がないからではありません。
お金がなくても、収入が少なくても、貯金をすることは出来ます。
貯金をしたいのであれば、今日からこの5つを実践してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!