家計が苦しい専業主婦ができる節約・貯金7つの方法


専業主婦が節約をすれば、それだけ貯金が貯まっていきます。

逆に、専業主婦が浪費家であれば、貯金をすることはできません。

専業主婦が上手に節約をする事で、あっという間に貯金ができる方法を紹介します。

1.家計簿で節約と貯金ができる

専業主婦が貯金と節約をするためには、まず、家計簿を付けるようにしましょう。

家計簿は、お金の流れを知るためにも重要なものです。

支出と収入を書いて、日々の細かい買い物までを記録しておくようにしましょう。

その中で、無駄遣いをしていないかを検討することで、余計な出費を減らして節約し、貯金をすることができます。

100円で売っている家計簿でも十分ですが、自分で書くのが面倒だという人にはアプリもオススメです。

レシートを撮影するだけで簡単に家計簿を作成してくれるアプリもあるので、毎日家計簿を付けるのは…という人に重宝されています。

専業主婦が節約と貯金をするなら、まずは家計簿管理からです。

2.毎月決まった額を貯金して節約する

専業主婦は収入がありませんが、家計を任される立場なので、毎月決まった額を先に貯金して生活していくことで、節約をすることができます。

貯金が出来ない人に聞いてみると「生活費で余った分を貯金している」という人が多くいます。

ですが、これではいつまで経っても貯金が溜まる事はありません。

「余った分を貯金」というのは、「余らなかったら貯金ゼロ」ということです。

なので、貯金したい額を決めて、先に貯金してしまう方がいいのです。

貯金の口座には一切手をつけないで、残りの額で生活をしていくと、無駄遣いは出来ないので節約にもなります。

専業主婦が貯金をするなら、まず最初に貯金、次に節約なのです。

3.浪費をしないで節約をして貯金する

専業主婦の浪費は、節約の天敵で、貯金が出来ない元になります。

浪費とはどんなものかというと、「特に必要ないけど」「今はまだいらないけど」「とりあえず、安かったから」と言い訳される買い物の事です。

このような言い訳がある買い物は、総じて「必要ないもの」です。

「必要ないもの」を買っていたら、節約も貯金もできません。

専業主婦は買い物に行く機会が多いので、どうしても浪費をしてしまいがちです。

お財布には必要最低限のお金だけを入れて買い物に行ったりすれば、浪費を抑える事ができます。

専業主婦の浪費は、節約と貯金が出来なくなる元なので、気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2