仕組預金で資産運用を行う5つの方法「メリットとデメリットを理解する」

shutterstock_103638662

仕組み預金のメリットとそのリスクとは?

ネットバンクが定番化してきた事もあり興味をお持ちになった方も多いのではないかと思います。しかし、そもそも仕組み預金とは一体どのような内容なのかまだまだ認知度は低いですね。そこで、その性質やメリット、デメリットについて5つのポイントに絞ってご紹介させて頂きます。

1.資産運用の中でもリスクの高い方法となる

まずは、仕組み預金とは一体どのような内容になっているのかご紹介させて頂きます。種類は異なりますが、基本的には名前の通り何かしらの仕組みが施されています。この仕組みというのは私達にとって有利な内容ではなく、銀行にとって有利な特約なので注意が必要です。
預金という言葉が付いていますので普通預金や定期預金をイメージしてしまいがちなのですが、しっかり調べてから利用するようにしないと危険です。というのも、この仕組み預金は実はハイリスクな資産運用の一種なのです。
それだけにトラブルも発生しています。もちろん、理解していない利用者が悪いという声も当然ですが、あまり理解していないまま契約してしまうという方が多いのです。それから調べて中途解約する羽目になってしまった、という実際の体験談も耳に入っています。通常の預金とは全く異なる性質のものだという事を理解しておくようにしましょう。

2.金利の高さが魅力になっている

では、逆に仕組み預金におけるメリットは何かといいますとやはりその金利の高さです。定期預金を実際に行っている、または検討中という方であればおわかりになるかと思いますが、圧倒的に金利が高くそれが人気を呼んでいるのです。
しかし、その圧倒的な金利の高さにはもちろん裏があります。資産運用の基本はリスクとリターンの比例。リターンが高くなればなるほどリスクも上昇するのですが、その点はこの仕組み預金も同じ事です。
ちなみに、気になるのが元本の問題です。リスクが高いからといって基本的に元本割れしてしまう事は無く、元本保証の商品となります。しかし、予め定められた預入期間をクリアしなければいけません。そこで、大きなお金が必要になった時にすぐに出せる貯金が無いとかなり辛くなってしまいます。やはり利用する際にはある程度別に蓄えを用意しておく必要がありますね。

3.原則、資産運用中の中途解約が出来ない

定期預金の場合は、どうしてもという時には中途解約する事が出来ます。例えば、そういった自体になってしまった時でも中途解約利率が発生しますね。もちろんタイミングや期間によっては期待出来ないのですが、それでも元本割れをしてしまう可能性というのはかなり低いです。
しかし、仕組み預金の場合は原則として中途解約を行う事が出来ません。高い金利を提示されている以上仕方ない事ではあるのですが、これが問題なのです。
私達が普段生活している中で出て行くお金というのは大体決まっていますね。しかし、いつどんな時にトラブルが発生してしまい大きなお金が必要になるかというのは予測出来ません。例えば、大黒柱が病気で長期入院する事になってしまった場合。今は保険商品も進化していますが、その組み合わせが悪ければ大打撃になってしまうでしょう。資産としてはあるはずなのに、手元には原則として引き出す事が出来ない。これは資産運用としては大きなデメリットです。

4.仕組み預金の種類を考える

次に、仕組み預金の種類について考えていきましょう。一言に仕組み預金といってもさまざまな種類があるのです。
例えば、原則満期を迎えるまでは中途解約というのは出来ませんね。しかし、この満期自体が変わってしまう可能性があるのです。つまり、選んだ金融機関が満期の選択権を持っているのです。まず、最大満期を設定します。その中であれば金融機関側は自由に設定出来るのです。これも大きなリスクですね。この事を満期特約型仕組預金と予備、コーラブル預金と呼ばれる事もあります。
次に、元本の通貨が変わる可能性があるという種類です。こちらは、元本通貨変動型仕組預金と呼ばれています。為替相場も常に動き続けていますので、当初円で預けたはずが違う通貨によって償還される事があるのです。この時、円以外だと預金保険から対象外になってしまうので注意が必要です。

5.資産運用としての仕組み預金について考える

では、最後に資産運用として仕組み預金を考える際に重要な事をまとめてみましょう。まず、仕組み預金というのは非常に高金利な商品です。しかし、高金利だからこそそこにはデメリットも存在しています。金融機関側で満期を変更されてしまったり、違う通貨になって償還される可能性もあるという事です。
それを踏まえて資産運用として行う場合、やはり利用する金融機関の経営状態がクリーンになっているかも重要でしょう。もちろん預金という名前は付いているものの、リスクの高い商品ですので注意して取り扱うようにしましょう。

まとめ

1.資産運用の中でもリスクの高い方法となる
2.金利の高さが魅力になっている
3.原則、資産運用中の中途解約が出来ない
4.仕組み預金の種類を考える
5.資産運用としての仕組み預金について考える

編集後記

今回は仕組み預金についてご紹介させて頂きました。預金という名前が付いている事と、高金利な事からあまり理解せずに始めてしまったという声も多く聞こえてきます。しかし、安定した資産運用を行うためにもしっかり調べてそのリスクも確認するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

仕組預金で資産運用を行う5つの方法「メリットとデメリットを理解する」
3.2Overall Score
Reader Rating 0 Votes