お金が貯まらないときにやる!計画的に貯金をするための7つのポイント

shutterstock_290498129

どう頑張っても、お金が貯まらないこともあると思います。

貯金はしたいのに、お金が貯まらないのはなぜ?と思う人も多いのです。
今回は、お金が貯まらないときにこそ実践したい、計画的に貯金をするためのポイントを紹介します。

1.お金が貯まらないときには、定期預金を利用する

自分でお金を貯めていても、お金が貯まらないときには、定期預金を利用します。
定期預金は、一定期間、必ず貯金が出来る方法です。

口座から引き落としで貯金をしていって、一定期間はそのお金を下ろすことが出来ません。
なので、確実にお金は貯まっていきます。

必要なときにすぐに下ろせるお金ではないので、結婚資金などを貯めるために活用するのも1つの方法です。

お金が貯まらないときには、定期預金を利用してお金を貯めるようにしましょう。

2.お金が貯まらないなら、口座を3つに分ける

お金が貯まらないなら、口座を3つに分けて貯金をしましょう。

口座の内容は「引き落としの口座」「生活費の口座」「貯金用の口座」の3つです。
この3つにお金を振り分けておく事で、計画的に貯金をすることができます。

まず、固定費などの引き落としの口座は、給料が振り込まれる口座と同じで構いません。
ここの口座には、引き落としが出来る分の金額を残しておきましょう。

「貯金用の口座」には、給料が入ったらまず、貯金をするようにします。

そして、貯金が終わったら、この口座のキャッシュカードは持ち歩かないようにします。
あとは、1ヶ月の生活を「生活費の口座」だけで過ごすのです。

こうする事によって、生活費として使いすぎてお金が貯まらないという事態を避けることが出来ます。

3.お金が貯まらないなら、「つもり」貯金をする

お金が貯まらないなら、「つもり」貯金をするようにします。

「つもり」貯金とは、その名の通り「買ったつもり」「食べたつもり」で貯金をしていきます。
人はお金があるとどうしても使ってしまいたくなります。

でも、そこでお金を使ってしまったら、貯金をするどころの話ではありません。
なので、「つもり」貯金なのです。

買ったつもりになって貯金をしたり、食べたつもりになって貯金をすることで、無駄遣いを減らして確実に貯金をすることができます。

これは、貯金箱にしていってもいいですし、口座に直接お金を預けても構いません。

お金が貯まらないときには、まず、「つもり」貯金をしてみてください。

4.お金が貯まらないなら、無駄遣いをしないようにする

お金が貯まらないなら、無駄遣いを減らしましょう。

無駄遣いの定義とは、「今は必要ないけれど」「皆が持っているから」買ったものです。
本当に必要なものであれば、お金をかけることは大切です。

ですが、見栄や何となくという気持ちで買ったものは、無駄遣いになってしまいます。

例えば、今自分の手元にあるもので、「何となく欲しい」と思って買ったものを、本当に活用できていますか?
活用できていないものを買うのは、やはり無駄遣いになってしまうのです。

お金が貯まらないなら、無駄遣いをやめましょう。

5.お金が貯まらないときには、節約をして1日100円を貯める

お金が貯まらないときには、節約をして1日100円を貯めていきましょう。
毎日毎日、何かしらでお金を使っているのが私たちです。

ですから、毎日の出費の中で、節約をしていく事は大切です。

例えば、1日1本100円の缶コーヒーを飲んでいる人が、タンブラーでコーヒーを持ち歩いたら、1ヶ月で3000円の節約になります。

目標を高く持つ事は大切ですが、まずは出来るところから節約を始めてみましょう。

毎日の出費の中で、100円を削って貯金をするということを繰り返していけば、自然にお金が貯まらない状態から脱出することができます。

6.お金が貯まらないときには、最初に貯金をしてから生活する

お金が貯まらないときには、最初に貯金をしてから生活を始めます。

給料をもらったとき、あなたはお金をどうやって分けていますか?

普通だったら、「貯金」「固定費」「生活費」「交際費」と分けると思います。
でも、貯金が出来ない人は「貯金はお金が余ったら」と考えてしまいがちです。

その結果、「余らなかったら貯金が出来ない」という状態になってしまうのです。
お金が貯まらない原因は、貯金の仕方なのです。

給料をもらったら、まずは貯金をします。
そして、残ったお金を「固定費」「生活費」「交際費」などに分けていくのです。

最初に貯金をしてしまうことで、お金が貯まらないという状態から抜け出す事ができます。

7.お金が貯まらないなら、収入を増やす

お金が貯まらないなら、収入を増やす事です。

最初に貯金をするのはいいけれど、それが元で生活が苦しくなってしまったら、元も子もありません。
貯金をしても普通の生活を送っていけるようにするためには、まず、収入を増やす事です。

不況といわれ、就職する事が難しい中で、今より給料をあげるために何かをすることは難しいかもしれません。
でも、在宅での仕事を増やすとか、今は色々な仕事の形態があります。

仕事を増やして収入を増やす事ができれば、お金が貯まらない、貯金が出来ない生活から抜け出せるかもしれません。

まとめ

1.お金が貯まらないときには、定期預金を利用する
2.お金が貯まらないなら、口座を3つに分ける
3.お金が貯まらないなら、「つもり」貯金をする
4.お金が貯まらないなら、無駄遣いをしないようにする
5.お金が貯まらないときには、節約をして1日100円を貯める
6.お金が貯まらないときには、まず貯金をする
7.お金が貯まらないなら、収入を増やす

編集後記

お金が貯まらないときには、貯金の方法を変えることも大切です。
なぜお金が貯まらないのかを検証すれば、おのずと方法は見えてくると思います。

お金が貯まらない状態を抜け出すために、貯金の仕方を覚えてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金が貯まらないときにやる!計画的に貯金をするための7つのポイント
Reader Rating 2 Votes