お金がないから学べた節約術「光熱費や水道代もこやって節約できる」

shutterstock_285256838

お金がないからこそ頑張って学んだ節約術

 ちょっとお金があると、どうしても無駄遣いをしてしまいます。お金がないからこそお金の価値が分かりますし、無駄遣いをなくす方法を見出そうと頑張る気になれます。

 ある程度お金に余裕ができても、お金がない時期にお金の大切さを学んだので、無駄遣いはしません。無駄遣いをしないような習慣が身につきました。今思えばお金がない時期の節約生活というのは、今でも活かせる貴重な経験です。

家計簿をつけてみる

 節約生活をするにあたって、まず家計簿をつけるようにしています。実際に家計簿となると面倒くさくてなかなか長続きしないものですが、うまくやれば簡単に家計簿をつけることができます。

 私も面倒くさがりなんですが、スマホの家計簿アプリを使えばすごく楽に家計簿をつけることができます。ノートに書くような家計簿ですと、外に持ち運ぶのは面倒ですし、わざわざペンを用意しないといけません。マメな人ならいいですが、私にはちょっと向いていないと思いました。

 スマホであればいつでも持ち歩いていますし、ペンを用意する必要もありません。お金を使ったらすぐにアプリに入力することができます。さらに、アプリならではの機能としては、一か月の収入と支出をグラフにしてくれる機能や支出をカテゴリ別に分類する機能があります。こんなに便利な機能があるので、簡単に、楽しく家計簿をつけることができました。

 家計簿をつけるメリットはお金の管理ができるだけでなく、無駄な出費をしなくなることです。出費が多くなるとアプリに入力するのが嫌になるので、出費を抑えることができます。

お金がないならまずは自炊

 節約生活で一番効果があるのは自炊です。毎日自炊をすれば、一か月でかなりの額を節約することができます。お金がない時期は節約のために料理を頑張ったので、料理の腕は一段と上がりました。

 自炊は金銭面だけでなく、健康面にも良いです。外食だとどうしても栄養が偏りがちになってしまいますが、自炊ですと栄養のバランスを考えて食事することができます。

通信費の節約は情報戦

 携帯代や自宅のインターネット回線の支払いも節約することができます。これらの通信費を抑えるには、どれだけお得なプランを知っているかが鍵となります。

 ほとんどの人は携帯を使う時、大手のキャリアの携帯電話を使っているかと思います。しかし、最近では格安SIMや格安スマホなどが登場して、携帯代金を安く抑えることができるようになりました。

 また、大手のキャリアを使っているという場合も、自宅のインターネットとセットで申し込むことで毎月の支払いを抑えることができます。
 このような情報は自分から調べておかないとなかなか知ることがないので、できる限り調べるようにしています。

光熱費や水道代も節約

 光熱費や水道代などの公共料金も節約の習慣をつけるとかなり抑えることができます。使わない電化製品や照明はこまめに電源を切るようにしています。

コンセントにつなげっぱなしですと待機電力がかかってしまうので、オススメは電源のオンオフができる電源タップです。これがあればいちいちコンセントを抜く必要がありません。

 ごはんもまとめて炊いて、冷凍しています。頻繁にごはんを炊いたり、長時間保温するよりも電気代を抑えられます。

 シャワーにはできるだけ短い時間ですませるようにしています。浴槽にお湯をためてお風呂に入ると水道代とガス代が高くなってしまうので、シャワーですませるようにしています。

給料が入ったらすぐに貯金する

 手元にお金があるとどうしても使ってしまうものです。給料日前になると貯金するお金が残ってないということがほとんどです。

余ったお金を貯金するという方法だと、なかなか貯金できません。

 残ったお金を貯金するよりも、給料が入ったら毎月決まった金額をすぐに貯金するようにしています。

そうすると貯金した後の金額で生活するようになるので、お金は貯まりやすくなります。

本当に必要な物なのか考える

 買い物をしていると、必要でもない物を思わず買ってしまうことがあります。衝動買いも節約の敵です。

衝動的に欲しくなったとしても即決で買わないようにします。本当にこの商品が必要なのか、他に優先度の高いものはないのかを考えてみます。

不思議なことに、冷静に考えてみると物欲はなくなってしまうことがほとんどです。

 流行の服なんかだと、お店で見ると欲しくなってしまいますが、流行はすぐに変わってしまいます。

流行にのって衝動買いした物は流行が去った後着なくなってしまうので、あまり買わないようにしています。

 物欲は満たそうと思うと際限がありません。かといってあまり我慢しすぎるとツラいと思います。

物欲は我慢するのではなく「コントロールする」ようにしています。

節約の習慣を身につける

 お金がない時に節約する習慣を身につければ、いざお金が入るようになった時により多くの貯金をすることができます。 逆に、この経験がないと節約する習慣がなかなか身につかないと思います。  お金がないことがツラいことだと思わずに、いつかお金が入るようになった時のための準備期間だと捉えるといいと思います。 とにかく無理をしないように、楽しく節約ができるように考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がないから学べた節約術「光熱費や水道代もこやって節約できる」
Reader Rating 1 Vote