一人暮らしのささやかな楽しい節約生活

shutterstock_244924441

節約って、感じがしない、節約の楽しみ方

節約節約、って、世知がない世の中では連呼されています。

毎日の努力が、明日の幸せになるはずですから、少しずつでも節約して、できればお金が貯まれば、尚、幸せですね。節約っぽくなくて、節約になることを考えてみましょう。

自炊を楽しみましょう♪

外食はお金がかかります。出来合いのごはんやおかずも、今は本当に豊富に出揃っていますが、自炊にすれば、より安く、そして、美味しく、体にも良い、そんな工夫をしてみましょう。

と自炊と言っても、一人暮らしでは毎日作るのは大変です。

1週間分くらいの単位で、袋詰め(パックより賞味期限が長いので)のお惣菜を数種類買っておき、ごはんと一緒に、くるくるローテーションで少しずつ食べます。

豆やひじきや牛蒡など、なかなか一人暮らしでは食べることがないお惣菜が、今はスーパーでもコンビニでもたくさん揃っています。一人前のお弁当を買うよりもお値打ちですし、一人前のお弁当だと苦手なものが入っている場合もあります。

お好みのお惣菜なら、苦手なものを選ばなければ良いですし。お肉やお魚も、味がついて焼くだけのものを小分けにして冷凍しておけば、メイン料理として、焼くだけ。サラダは、温野菜にできるものは冷凍保存したり、新鮮野菜はなるべくこまめに取りたいですね。

お味噌汁も、インスタントが優秀です。豆腐やもやしを少しずつ加えれば、十分に豪華なお味噌汁です。やってみましょう。

図書館へ行きましょう♪

一人暮らしの楽しい時間の使い方です。夏は涼しく、冬は暖かく、電気代の節約にもなります。豊富な本にかこまれれば、豊かな時間を過ごすことができます。雑誌もありますから、読書が苦手でも、行ってみる価値は大です。

なんとなく、行きにくい雰囲気があるかもしれません。最新刊は、予約しなければ、手に取ることが難しいですが、図書館にもよります。ついつい家にこもりがちでも、図書館なら、人に邪魔をされることもありません。いいことづくしの時間の使い方で、お金もかからず、賢い暮らし方です。

公園へ行きましょう♪

日本には素敵な公園がたくさんあります。神社もお寺もたくさんあります。一人暮らしの場合、ご近所づきあいもあまりないでしょうから、公園やお寺に一人でいても、誰かに会ってしまうとか、気を使うことは、そんなにはないでしょう。

もちろん、有料の場所は別です。パワースポットと言われる場所も、全国にたくさんあります。東京の場合ですと、明治神宮、代々木公園、日比谷公園、新宿御苑、東御苑などなど、都会とは思えない緑の空間、癒しの空間がたくさんあります。

天気が良ければ、日光に当たり、天気が悪ければ、雨景色に見とれたり、自然を愛でる時間は、心は豊かになります。遊ぶお金の節約になります。図書館と一緒で、いいことづくしの楽しい時間の使い方です。

規則正しい生活をしましょう♪

夜更かししたりすると、深夜電気料金が知らずにかかっていたりします。規則正しい生活は、節約の第1歩といえるでしょう。日が昇り、日が沈む。その間の時間を有効に過ごしましょう。明るい時間帯に電気は必要ありません。

早寝早起きは、節約生活にもなるということになります。節約できない人は、往々にして、生活スタイルの乱れがあります。わかってはいるけれど、難しい。でも、やってみましょう。
 

ポイント・おまけ万歳

ポイントは大切な贈り物です。ポイントはお金です。なんでもかんでもポイントを集めるのはどうだろうかと思う方もいるでしょう。節約を考える方なら、もう絶対にポイントは大切です。

ポイントを集める、ポイント○倍キャンペーンの日に買い物をする。安売りクーポンが発行されたら使う。

慣れです。毎日の生活を規則正しく送っていると、その生活の中で見かける「ポイント」「クーポン」「おまけ」など目につくようになります。気をつけてみましょう。街で配られるティッシュなども、通りすぎないで下さい。

ふとした瞬間に、持っていて助かった、と思うこともあるでしょう。楽しく、軽やかに、ポイント見つけましょう。

 

やはり、お米が、一番です♪

日本人だから知っているお米の素晴らしさ。お米さえあれば生きていける、と思うくらい、お米は素晴らしい。お腹を満たす力があるのは、もちろん、お米に合う食材と出逢えれば、毎回の食事が待ち遠しくなります。

梅干し、納豆、卵、海苔、キムチ、もうなんでも、合わせられます。お惣菜と一緒にワンプレートにすれば、お洒落な食卓になります。節約といえば、まずは食事のことを考えます。

お米を好きになれば、楽しい一人暮らしの節約生活が満喫できます。おかゆ、おじや、雑炊、リゾットは、1食分のお米の量を減らすことができます。ダイエット中なら、最適です。

一人暮らしで、家賃のために働いているのではないかと嘆く人もいるでしょう。

節約しなければ、とうてい将来の蓄えどころか、今日明日のことさえ不安になるような時代です。 ちょっとした工夫とか、考え方で、節約っぽくなく、楽しい一人暮らしになりますから、できることからやってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

一人暮らしのささやかな楽しい節約生活
Reader Rating 1 Vote