お金を貯めるコツ!確実に100万円を貯金する方法

shutterstock_204877222

お金を貯めるには持ってるものを分割するしかない

確実に貯金が出来ている人はまめな節約をしていることが多いです。
まずお金を使い機会を減らす。

特に働いている人は昼食や夕食でお金を使うケースが多い。

最近では男子でもお弁当を用意することがふえましたが、女性はとにかくそうした点で上手にまたは、楽しくお弁当を作っていたりします。

あるいは買い物も買いすぎないということで乗り切っている人も多いです。同じような服をたくさん買ってみたり、やすいからといって着ることもなさそうなな服を買ったりするようなことはしません。

さらには、自分のそうした出費を確実に把握している、とくに収支に関しては家計簿をつけているかのごとく把握している場合が多いです。
果たしてそれだけで100万円を貯めることができるのでしょうか?

収入を小分けにする

コツはこの一点です!
月収25万の場合まずその月に確実に使わなければ生きていけないであろう分を小分けにします。

そして使うかもしれない見込み分を更に小分けにします。

目標は5万を預けるという事にしたいのですが、銀行ではなく親に渡すのが一番いいです。
親が使ってしまうというのは論外です。

お金に関して積極的な姿勢を見せるならば、わが子が自立しているとして必ず協力してくれるものです。

親に預けている以上自分が使うには何故使うのかを言わない限り返してくれないという事になるのですから貯まる一方です。
そして小分けにした2つのタイプのお金を更に小分けにするのです。

家賃、光熱費、食費、任意保険費用、市民税、NHK代金、電話代に生活雑貨費などその月あるいはある程度時期が来てからまとめて払うものの為に分けておくのです。

次に見込みのお金ですがこれは交際費や衣服、さらに突発的なお金です。もしかしたら人が亡くなるも知れません、結婚するかもしれません。見舞いをすることになるかもしれません。

病気になるかもしれません。そうし他事態のための予備費です。
貯金のことを忘れられるお金でここがキーになるのです。

5万の残り20万を15万でやりくりし、5万を予備で取っておく。

以上が基礎としますがこれでは約2年ほど100万円の為にかかってしまいます。もう少し早くならないでしょうか?

究極は節約ではなく生活次元を縮小すること

給料全額を使わなければ4ヶ月で終了できますが事実上無理です。

1年以内で100万の目標を立てた場合には8万4千円は毎月ためなければなりません。
そこで節約になるのです。

15万のやりくり金額を可能な限りどこまで下げられるかを考えるのです。
交通費は自転車で代替できるなら自転車にしますし、徒歩でなら徒歩にかえます。

しかし、汗をかけばお風呂に入る機会も増えますし服も直ぐに洗わなければならず洗濯代もかかります。

食費はお弁当でといっても食材が高ければワンコイン弁当を買うほうが安上がりです。しかし偏った食生活では病気になり余計な出費になるばかりです。

節約とはどこかで無理をするかわりどこかが特出してしまう欠点があるのです。規模の縮小は異なります。

8万4千円でいい

縮小とは行動範囲も何もかもを今の次元から下げると言うやり方です。

収入は同じでも家賃が8万の家を4万の家にかえたり食べていた食事の量を3分の一に減らしたりと言う方法の事を指します。

保険やNHKなど公共料金のうち変わらないものもあります。
一番は食費と家賃と光熱費の削減です。節約ではなく規模の縮小です。

使うべきお金が確実に減ればその分が貯蓄に回ると言うことはあたりまえです。

このやり方をするだけで15万の生活必要部分が三分の一は確実にカットされます5万円浮くだけでそれが蓄えとして残りますが、それはまだ親に渡すべきお金にはなりません。

見込み金も見直してから、最終的に残った分を翌日の生活費に充当するのです。充当した上で25万から引いた分を親に預けることが出来たならば1年かかるはずがもっと早いうちにお金が貯まってしまうのです。

もし万が一、あまりにも辛いやり方だというのであれば、三分の一のカット部分を四分の一にするなり、あるいは確実に8万4千だけにしたお金だけ親に渡せばいいだけです。
 

独りよがりは駄目です。

さらにコツはとにかく明るく楽しく貯めることです。
無理なく貯められたらこれにこしたことは無いものです。

使わないのが一番です。使うことの前に何を持って楽しみを見出すのかを考えて見ましょう。

よくゲームをするのが楽しいと言う人がいます。自分だけが楽しいパーソナルな部分です。
友だちとゲームをするのだってということもあります。

それは交際が楽しいのでその一部がゲームをしている瞬間です。

だから一緒に旅行しても一緒に文化祭の準備をしていてもゲームをしている時と同じくらい楽しいはずです。

自分中心に生きている人はお金は直ぐに貯まるはずです。

何も見向きもせずそれだけに固執すればいいのですから下手をすれば給料全額、
あるいは持っているもの全てをお金に換金することを厭わないでしょう。

しかし、それでは楽しくは全くありません。
友だちから後ろ指をさされてまでお金を貯めるなど寂しい限りです。

シェアしながら貯める方法

交際もし皆と楽しみながら同じ節約と貯金をすることが出来たならば、精神的にも苦しくなく出来そうです。
その友だちも同じようにトライするかも知れません。

仮に旅行を計画することになった場合、国内から海外へいけるような貯蓄の仕方も可能になるかもしれません。

一緒に積み立てをすることで、資金シェアが出来れば早く確実に目標金額の達成になるかもしてません。
多く入れられるときにはどちらかが多く入れる、実際にかかる費用は向こうで折半する条件でなど損得を考えず

二人で楽しく過ごすことを目標にしたプランはそれだけでワクワクしてくることでしょう。

食事の量は多く食べる相手、お金は向こうが多く貯められる、こちらは金額が少し好くないけれどブランド物のお土産はあまり買わないたち。

使う部分と貯める部分のバランスが取れていれば揉めることも少ない。
1年間で貯められる金額は収入如何によってきまるものなのですから、無理しないで来る時期までに貯めればよいだけなのです。

やはりコツコツしか貯金のこつはありません。

貯金は実は節約して貯めるものではないのですが、不景気が続くと生活の次元を下げない限り常に赤字になりかねません。 物価は上がるが収入が同じだからです。 一端味わった便利な生活にどこか歯止めをかけた制限付な生活を日常化しない限り貯金は無理と言えます。 しかしどんな時代であれ、確実に蓄えを増やしてきている人々が多いのも事実です。 先人は投資や複数の事業を行い収入源を増やしていることもありますが、資産運用や事業拡大をしない給料所得者が出来ることは やはり節約の中で行う日々の積み重ねしかないのです。 可能な限り蓄えられれば時間はかかりますがお金は貯まるものです。 コツと言うわけですからコツコツしかないのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を貯めるコツ!確実に100万円を貯金する方法
Reader Rating 2 Votes