お金を貯める方法「一生困らないくらいの貯金の仕方」

shutterstock_98814044

すぐにでもお金を貯めたい。そんなコトは可能なのか?

いくつかの条件さえそろえば誰でも可能?ではありません。

そのいくつかの条件が満たされること事態が難問だからです。

そして条件が満たされていても資格が無ければ貯められません。

条件とは?

どの程度のお金を貯めるのかを考えます。

一生困らないくらいのお金。

いま生活が出来ているお金の年間費用の寿命までということでしょう。

25歳で月収28万でしたら寿命を90歳として2億1840万円となります。

税金や保険も含めてなのです。仮に病気や怪我をしても十分やっていける金額のはずですが、
あくまでも独りで生きていくという条件です。

今の生活をしながらその28万を貯めることは事実上出来ません。

稼ぐお金が2億以上なのですから稼いでさらに蓄えておくには倍を稼がねばなりません。

条件とはその倍を稼ぐことに異論も反論も唱えないと言うことがまず第一にあります。

収入のシフト

月収のうちどうしても使わなければならないもの以外を貯める。

生活費や家賃そして保険や税金。国民としての義務を果たし倹約をした上で残った分です。

普通よく言われる金額の割合といえば、無理のない貯蓄として、収入の2割程度がベストだといわれます。
28万でしたらば、56000円になるわけです

それを一定期間ため続けます。一生ではありません。一生では4368000円しかたまりません。

一生かけてもそれしか稼げないのです。
ある程度たまったら月収に近い稼ぎ方法にシフトしていきます。

貯められることに自信がつけば今度はその自信をもっと効率よいやり方でコピーをするしかないのです。

稼ぎ手をふやす考え方

今日明日にお金があるわけではないのですから月収をもらいつつ、さらには貯金し準備していく期間もふくめなければいけません。
そして徐々に効果が出てきてさらに加速させた稼ぎかたを考えていくのです。

まずは1年。672000円のみです。この時点では全然足りません。2年目1344000円で全く駄目です。

この方法では到底たどり着かないのがわかります。そしてそのお金を使い次のステップを勧めるのです。

株や証券と言う方法でもいいのですが不安定すぎます。確実なことは投資という範疇では賢い選択です。
今の自分の稼ぐ方法を同じ効果をもたらすことになりそうな稼ぎ手を増やすやりかた。

それは家賃収入と言う堅実な方法があります。いわゆる投資物件です。

利回り10%台の物件を一時の貯蓄でためた資金を元に買いつつ家賃収入を稼ぎ出すのです。

問題物件と呼ばれる売り手が早急に現金化したい建物ならばどんどん値引きできますし思った以上に安く手に入ります。

貯金をしている間は準備期間としてそうした不動産の勉強や資格をとったり、
あるいはコネをみつけたりして情報を集めておくのです。

3~5年も下積みをしておけば十分でしょう。330万以上手元にある計算ですから。

目指せ54歳

年収2000万円も夢ではありません。
しばらくは月収28万の仕事と併用です。

一端物件を買ってしまった場合直ぐに回収は出来ませんし、リホームや管理上の修理、登録資格料や固定資産税もかかります。

経費を節約することは家賃の減収につながりますから維持するためにはかけていかねばなりません。
つまり月収28万の2割は物件を持っていても貯め続けなかれ場なら無いのです。

そうした経験を積みやがて時が過ぎる頃年収のうちの経費を差しひいても年額900万は余裕で貯められる時期がきます。
持ち物件が増えれば同じような手法で倍の貯蓄が出来ます。

20年経ったとします。のこり後45年です。1億5120万円です。8年と4ヶ月で完了です。
この方法ならば54歳で今後困らない金額が手に入るという事になります。

堅実が一番

直ぐには不可能と言うことはこの方法でなくてもわかることです。

空っぽのダムには空から雨が降ってこようがまとまった水を入れようが、
同じ容量を一気に持ってこなければ今すぐに貯めることは無いのです。

確実に行うには確実な同じ類の方法をやるしかないことが鉄則です。

水なら水です。

鉄なら鉄です。

お金ならその収入方法で効率のいいものを見つけてある程度投資する準備をしそこから投資したうえで回収できる分野を開拓する方法です。

宝くじやギャンブルは偶然性ですから、運や投資額でどうのこうのできるものではありません。
平等である代わりに必然性は無くあくまでも当たったらラッキーという考えでなければ駄目なものです。

資格はそうした準備期間を堪えるだけの覚悟があるかと言う点と、稼ぐ為に必要なプラントそれを行うための法的な手段を持てるかという点になります。

直ぐ?ゆっくり?動けば動くほどお金はたまるものです

どの人もお金をためるべく毎日活動してます。 それは楽をしたいと言う考えが元な人と、安心をもたらしたいと願う人がいるからです。 えてして楽を強調する人は兎角直ぐにお金を欲しがるものでしょう。 逆にいま困っているわけではないが、将来何かあった時の為にもお金を残したいと言う人は時間がかかっても堅実に貯めようとするでしょう。 あなたはどちらになりますか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を貯める方法「一生困らないくらいの貯金の仕方」
Reader Rating 1 Vote