年代別にみる貯金事情!30代はいくら貯めているべきか?

shutterstock_112092965

見栄をはりましょう!

財布の中に500円しかなくても平気な顔をしましょう。
武士は食わねど高楊枝です。

まるで皆をおごるかのような勢いでのみに誘いながら土壇場になってから、得意先からの電話と言い訳をつかって切り抜ける。
全て演出です。などそのようなことをするのか?

お金を持っているということが自分の後輩を含め周りに未来を見せられるからです。

この不景気、リストラや給料削減は当たりまえです。

自分より出来る有能な社員はヘッドハンターにより出世か別の会社に引き抜かれるものです。

大卒でようやく油の乗った時期である30代は、目標目的を設定してして進んでいるかどうかを計られる時期といえます。
出来ている人は少なからず貯金をしていたり、責任のあるポジションに就いたりしてるものです。

成果が現れ始めているものだからです。まだの人は失敗が多かったり成果として現れずに居るかもしれません。
お金も貯まっているようで希望金額に届いていなかったりしているかもしれません。

自分だけの生活を見つめているのでしたら正直でいいかもしれません。

しかし少なくとも会社員であれば、後輩や新入社員は頑張ってもそれなのと挫折感を抱かせてしまうのです。

もっと努力したり考え方をかえて実行すれば向上していくはずがその位に到達していないだけなのにため息ばかりついていては
周りに悪影響をばら撒いてしまうから駄目なのです。

貯金に対する付加価値

20代から約十年以上経過していて一体どれくらい貯金があるでしょう。

一人暮らしなのでしたら25~30万の月収で500万ももっていたら御の字です。

ボーナスも貯金してというのでしたら800万はいくかもしれません。
もっと上手にやっている人なら1000万はあるかもしれません。

そうしたことが可能なのは安定した会社勤めで無茶な使い方をしてこなかったという結果であることは間違いなさそうです。
そこで、もう一つ付加価値をつけるとしたら何でしょうか。

それは地道な節約や浪費をしない倹約スタイルをしてまで何かを成し遂げたいと言う強い気持ちの表れだと思います。
お金をためることが好きな人はそれも可能です。

家を買いたい、車を買いたいという理由でためることも出来るのでしょう。
もっと純粋に、将来の自分に投資したいからということもありえます。

仕事を通して人を幸せにしたいという考えのある人は、ずっと会社員で終わるようなことは無いものです。

確実に自分の力を試したいと思い、もっと違う形で人へ働きかけて生きたい。アピールの仕方を変えたいというものです。
その時の資金と言うことが今の世の中で目立ってきている投資の仕方で、貯金の目的のようです。

貯金は一夜にしてならず

山登りにたとえるとかなりわかりやすいものです。

いきなり富士山の頂上にたっていたなんて人の話しを聞いたり、あるいは見たことがあるでしょうか?

気が付いたら朝起きたら頂上に立っていた?そんなコトはギャンブルで一攫千金が実現したのようなものです。
もしくは誰かに拉致されて、睡眠薬をのまされて連れて来られたテレビのバラエティ番組収録ぐらいです。

ある日散歩していたら富士山の頂上でしたなどもありえません。
必ず計画的に歩いてたどりつくのですし、頂上が高ければ高いほど無計画には登れないのです。

効果的に登るための靴や装具、ルートだって必要です。
自分のキャパシティーを考えた登山方法をとるから途中で諦めることなく登れるのです。

下りる時にしたって無計画に下りたら最悪滑落したり骨折したり。息が続かなくなることは必須です。
お金もむやみやたらに使うと貯めるのに10年でも使うには数分で全てなくなるものです。

貯める方も出て行くほうも無計画なやり方では駄目なのです。
そして、こうしたら貯まるとか、無理ない節約方法という本まで出ていることです。

ですが、使わずに貯めることしか物理的に出来ないのです。
必要最低限つかったうえでの行うのが貯金です。

つまり我慢できる人が貯金をしてると言うことなのです。

参考までに貯金が出来ていない人の共通点

経済的に苦しくなっても、我慢すればと策をこうじなかった。

収入変動に頓着せず浪費し続けることにだけとらわれてしまった。

どうにかなるという根拠のない自信で過ごし続けた。

先行きを気にしないで転職をくりかえした。

一時的な借金による負債に苦しめられている。

ギャンブルや違法なネットワークビジネスに手を出し負債を抱えたことがある。

玉の輿に乗る事を考えて自分の生活や性格を見直さない。

親の財産をあてにしている。

子供の世話になることをあてにしている。
こうしたことが一つでも当てはまってしまう時には、自分は目標を設定して、やる覚悟をしてるか考えなければなりません。
その覚悟が薄ければ我慢することに堪えられなくなるはずです。

自分をとことん喜ばせられるか

自己満足といわれそうですが、人はまず自分あっての人間です。
後先それに就きます。

どんなに人を喜ばせることに特化した生き方であっても、そのやっている人こそ一番うれしいと思えなければ辛いだけでつづきません。
漫才師の話があります。

人に笑顔を与えるのが我々の務めだと。

務めが果たせたら自分が満足するので人に笑顔をあげたいといている、言葉のパラドクスに聴くものは惑わされているのです。

全てが自分のためです。情けは人のためだけにならずです。やっている自分に返ってくるからかけるのです。
我慢も自分に返ってくるからやるのです。

ならば、せめて自分の通帳は他人が使えないのですからとことん自分の為にやるべきなのです。遠慮は要りませんよ。

世にいるお金持ちは皆志が高く憧れを抱かせます。

貯金を自慢したり見せびらかすことだけは止めましょう。 理由は二つです。 敵を作るからです。うらやましいと思うと妬みが生まれます。 あまりにもしつこいと感じが悪いと思われるばかりか、 盗んでやろうと思う人も出てくるかもしれません。日本人ではそうしたあくどい事をしないかもしれませんが文化や習慣の違う 環境で育った人ならば奪うのが当たり前といばかりに最悪な結果にすらなるかもしれません。 いくら自分ためといっても、その使い道がもし人に自慢をすることに直結してしまうならば、夢を与えることでなければ駄目です。 せっかくお金を貯めることがすばらしいことだと思っても終始自慢話でおわるようなら、お金を持つと感じのわるい人格になるのかと思わせてしまいます。 人には親切になるような希望をもてることができる自慢の仕方であるべきですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

年代別にみる貯金事情!30代はいくら貯めているべきか?
Reader Rating 2 Votes