お金の貯め方を理解することがお金持ちになる方法

shutterstock_305618087

お金を貯める際にどのような手段を用いますか?

誰しも、何かあったときのためにお金を貯めるということを行います。また、お金を貯めることそのものが大好きな方も多いでしょう。
 そこで、本稿では、お金の貯め方について書いていきたいと思います。

 

お金を貯めるとはどういう意味?

そもそも、お金を貯めるとはどういう意味を言うのでしょうか。銀行の通帳に0が沢山記載されていたらお金を貯めるのに成功したといえるのは分かりますが、必ずしも、銀行の通帳に限る必要は無いはずです。

 もちろん、銀行貯金をペースメーカーにして、使い方を考えるというのは非常に賢い方法です。しかし、お金を貯めるというのは、現金を持っているというだけでなく、お金をいかように使っているかということにまで波及することなので、お金を貯めるということを考える際には、必ず、収入と支出との両方を考えねばならないのです。

 したがって、お金を貯めるというのは文字通り現金を貯めるということと、支出についても考えることを包含していると考えるのが良いでしょう。

収入を増やしてお金を貯めるには

収入を増やすには給与所得、不労所得、副業のいずれかを増やすということです。給与所得を大きく即増加させるのは難しいでしょう。したがって、自ずと不労所得を増やすもしくは副業を行うのいずれかになります。

しかし、決して雑誌の表紙等に煽られてはいけません。FXは5分で10万が100万になどのようなコピーにです。不労所得、副業での稼ぎというのはこつこつ型です。したがって、こつこつ稼いだものを貯めていくわけですから、貯まるように支出についても、自ずと考えるようにしなければなりません。

  

収入を増やしてお金を貯めるには

 収入を増やすには給与所得、不労所得、副業のいずれかを増やすということです。給与所得を大きく即増加させるのは難しいでしょう。したがって、自ずと不労所得を増やすもしくは副業を行うのいずれかになります。

しかし、決して雑誌の表紙等に煽られてはいけません。FXは5分で10万が100万になどのようなコピーにです。不労所得、副業での稼ぎというのはこつこつ型です。したがって、こつこつ稼いだものを貯めていくわけですから、貯まるように支出についても、自ずと考えるようにしなければなりません。

不労所得は本当にこつこつと

 不労所得はFXや株式や不動産等が挙げられますが、これらは、なにやらハイリスクハイリターンを目指す金融商品のように感じている人が多い気がしてなりません。

先にあげた、10万円が100万円にとか、3ヶ月で50万が1億円というようないわば「ドリーム」を追い続ける人が非常に多いのです。
しかし、市場参加者の95%はマイナスで終わります。すなわち、不労所得を市場で獲得しようとするなら、慎重に慎重を重ね、こつこつと市場参加者の勝者5%に入らねばならないのです。

それゆえ、不労所得はこつこつ、かつ、慎重に獲得することで、お金を貯めることができます。決して「ドリーム」を見ることの無いように。

副業で稼ぐ

 副業というと、最近流行しているのが、週末の時間を使って起業することや、ライティング(記事作成)を通じてお金を稼ぐという方法です。一般的な副業は単価が安く、自分の時間をお金に変えるという方法ですので、いわゆる労働所得と言ってよいでしょう。

いわば、週末はファーストフードでアルバイトをする感覚です。しかし、記事作成や簡単なアンケートの回答などの手段でお金を稼ぐことができ、また、時間の融通が利きやすいので、時間配分等も自分でコントロールすることができますので、良い方法である

お金を貯めてお金持ち

お金を稼ぐ方法はいくつもありますが、どの手段を選ぶかは人それぞれです。したがって、自分の時間、資産等を勘案して、自分にあったお金の稼ぎ方を選ぶと良いでしょう。そして、支出のバランスを考え、お金を貯める方法を考えるというのが最もベストな方法であると思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金の貯め方を理解することがお金持ちになる方法
Reader Rating 1 Vote