効率的なお金の貯め方!貯金の仕方にはコツがある

shutterstock_274684448

お金の貯め方にはコツがある

お金を貯めたいと考えたことがない人はほとんど皆無ではないでしょうか。

貯めたいと考えないまでも、お金はあるに越したことはないくらいは考えるはずです。そして、みんな揃って考えているのは「どうやったらお金が貯まるのだろう」ことや、「何か今よりも効率的なお金の貯め方はないか」ようなことではないでしょうか。

人それぞれに、お金を貯めるために色々な工夫をしているものです。節約をしてみるのも1つ、副業を始めてみるのも1つです。

そして、多くの人は満足とは言わないまでも少しずつ、コツコツとお金を貯めています。そんな中でもどうしても、お金がたまらない人がいるのも現実です。

少しずつでもお金が溜まっていく人と何故かお金が貯まらない人の違いを比較することで、お金の貯め方のヒントを得ることができます。少しでも効率的なお金の貯め方を探している人、これからお金を貯めようと考えている人にも参考になる様に、違いをまとめてみました。

お金の貯まらない人

自分なりには色々な工夫をしたり、色々な方法や手段を調べてお金を貯める努力をしているつもりなのに、何故か全くお金が貯まらない人がいます。なぜ、このような人たちはお金が貯まらないのでしょう。このような人たちには何点かの共通点があります。

まず1つは、不定期にある時に貯金をして貯めよう考え方の人が多いことです。何か特別な収入があったときや、突然の棚ぼたの収入があった時に貯金をする方法を取ることです。普通の人が普段の生活をしている中で臨時収入のは早々発生するものではありません。その発生頻度を考えても、なかなかお金が貯まらないのは当然の事と考えられます。

次の共通点は、支出についての考えがないか、考えていてもポイントがずれていたり、不十分であったり人が多いことです。

これについては、なかなか1人では難しい面もあります。1個人の収入のはなかなか変化するものではありません。一方で支出部分については、自分自身でコントロールできる範囲のがある程度はあるものです。この部分のコントロールが弱かったり、方向がずれてしまうとやはり、お金は貯まらないことになります。

もう1つの共通点のは、ギャンブルです。貯めるにしても使うにしてもこのギャンブル要素は、お金の貯め方を考える上で実は重要なポイントになります。する人としない人ではやはり取るべき方法に大きな違いが出てくるからです。お金の貯め方がわからない、お金がなかなか貯まらない人の多くはギャンブルをするケースが多いようです。

コツコツとお金を貯める人

あなたの周りにもあなた自身とほとんど変わらない収入でありながら、何故かお金が貯まっている人がいますよね。その人たちはなぜお金が貯まっていくのでしょう。お金が貯まる事は収入と支出のバランスによって決まるものです。

そう考えると、あなたと同じ程度の収入の人がお金が貯まっていく事は支出の部分があなたとは違うことです。つまり支出を減らした分があなたと比べて貯蓄に回りお金が貯まっていく事になります。

当然、そのような人たちも一気に多くのお金が貯まっていくわけではない場合がほとんどです。何か特別な収入があるわけではなく、それでもお金を貯める為のお金の貯め方とは支出を抑える他にはないと考えるのが妥当です。

それでは、お金をコツコツと貯める人のはどのようにして支出を抑えているのでしょうか。あなたの身近にいる人の中で効率的なお金の貯め方をしている人は「何故かお金の貯まる人」と「ケチでお金の貯まる人」に分かれるはずです。

支出を抑えるためには周りになんと言われようと最低限の支出、時には最低限と思われる以下の支出しかしない「ケチ」と思われる行動を取る方法があります。

しかし、一見、ケチではない人がコツコツとお金を貯めている人のがいます。その人たちは見えない部分で支出を抑えていると考えることができます。少しずつ、コツコツとですが新しい収入を得る必要なく効率的なお金の貯め方をするには、支出を抑える方法があります。

お金を貯める為に必要なこと

こうして見ていくとお金の貯め方には共通した必要項目があることが見えてきます。

お金を貯める行動にはどこかで支出を抑える行動を取る必要があります。それは、時には我慢を必要とし、時には辛いと感じることもあるはずです。

収入を増やす方法を取るのであれば、そのような我慢や辛さについては味わう必要がなくなるか、味わったとしても軽いもので済むでしょう。ただし、普通に会社勤めをしている人にとっては収入を増やすことはなかなか個人1人ではできるものではありません。

「効率的なお金の貯め方」を考える場合、あなた自身が普通の会社勤めをする1個人であれば、速いペースでことや、一回で多額の事を考えないことが必要です。

効率的なお金の貯め方のは、コツコツと継続的に少しずつ貯め続けていく事になります。ギャンブルや宝くじものは確かに一気に多額のお金を貯める可能性はゼロではありません。

しかし、知ってのとおり多くの場合は支出を増やすだけで終わる事になるのが現実です。そこに期待をかけている間はお金の貯め方以前の問題ことになります。

貯まらない人の貯め方

あなたの周りにいる「お金の貯まらない人」や「お金の貯め方が分からない」と言っている人の多くはギャンブルをする人ではないでしょうか。

お金が貯まらない人のは、ギャンブルをしたり、うまい話の副業に挑戦してみたりといった、一発逆転を目指す傾向が強いと言えます。

例えば、パチンコや競馬で1万円を3万円にしようと努力をする人がいます。可能性に賭ける1つの方法ではあるかもしれませんが、
お金の貯め方としては決しておすすめできるものではありません。このケースの多くは1万円の支出で終わることになるからです。

また、副業を探して「ツール代として」とか「環境設置料」名目で先に支出をしてしまう人がいます。その後に副業としてどれほどの収入を得られるのかは人によって様々ですが、これもまた多くの場合は支出の方が収入を上回るの事になります。

お金の貯まらない人のお金の貯め方のは一発逆転、一攫千金を夢見た貯め方になる事が多いと言えます。

少しずつ貯まる人の貯め方

お金の貯め方として最も効率的なものは、継続してコツコツと少しずつ貯めることです。その考え方で考えると、コツコツとお金が貯まっていく人のは最も効率的なお金の貯め方をしていることができます。それでは、コツコツと貯まるお金の貯め方のはどのような方法でしょう。

まず、最も大切なことは支出を減らすことです。

ひと言で支出を減らすといっても、どこの部分を減らすかによって効果も違ってきます。

また、どのように減らすかによって継続できるかできないかに大きく影響を与えます。

多くの場合、我慢を強いられることなく、辛さを感じることの少ない支出の削減方法を取る必要があります。

その方法のは人によって様々です。これは、何を苦痛に感じて、何に楽しみや喜びを感じるのかが人によって異なるためです。自分自身のストレス解消の方法や時間を削ってまで支出を減らそうとしてしまうと一時的には可能でも、継続面から見ると難しくなります。

一攫千金狙いじゃ貯まらない

効率的なお金の貯め方のは一回で多くの金額を貯める貯め方ではないことを理解する必要があります。

一攫千金とはその名の通り当たれば大きい方法です。

確率の問題もありますが、一攫千金をどれだけ狙い続けてもコツコツと日々、毎月貯めていく貯め方をしている人には決して敵わないと考える事が大切になります。奇跡的に1回目の挑戦で当たりを引ければそれは、まさに一攫千金になりますが、この場合、お金を貯めたのではなく、臨時収入を得た事に過ぎません。

お金を貯めることは、一定期間以上、継続してお金を蓄えていく事です。そこで効率的なお金の貯め方を求めるのであれば、一攫千金狙いのは最も効率の悪い支出を増やす方法になる可能性が極めて高い方法だと言えます。

まとめ

お金を貯めたいと考える際に少しでも速いペースで、少しでも楽してと考えるのは人の心情としては普通のことです。 ただし、ペースの速さには個人差があるにせよ、楽してお金を貯めることは極めて困難です。 お金の貯め方のは、収入と支出のバランスを変えて、収入が支出を上回る比率を増やすことです。収入を増やすことができない場合は支出でコントロールすることが唯一の手段です。 そう考えると、日常の生活を継続しながらであれば、可能な範囲の貯蓄をどれだけ継続できるかがポイントになります。急がない、楽しないのが最も効率の良いお金の貯め方である事を理解して、あなたにできる貯め方を継続していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

効率的なお金の貯め方!貯金の仕方にはコツがある
Reader Rating 2 Votes