サラリーマンの少ないお小遣いを貯めるにはどのような工夫が必要か?

shutterstock_272963873

お小遣い生活でもお金は貯めれる

あなたの周りにもいますよね。お小遣い生活をしていて、なかなか自由に使えるお金のないという人が。お小遣いは人によって当然金額が違います。

だからこそ、そのような状況を知ると誘う側の立場からしてもなかなかタイミングが難しくなるというのが現実の生活の中には数多く存在しています。

お小遣いで生活を送るサラリーマンがお小遣いの中で楽しい生活を送ることはできないのでしょうか。少しの工夫でお小遣い生活でも楽しむことが出来ます。

サラリーマンがお小遣い生活を楽しむためには、賢いお小遣いの貯め方を知っておくことが重要になります。普段貯めた分で楽しむ時に楽しむ事が出来るようになります。

それでは、普通に過ごしていると貯まることのないお小遣いを貯めるためにはどのような工夫が必要で、どのような方法があるのでしょうか。

お小遣いでも楽しむために使うお金が欲しいという人に役に立つ方法をまとめてみました。

お小遣いの使い道

お小遣いを貯めるためにはまずは今のお小遣いの使い道をしっかりと把握することが必要になります。今何にどのくらい使っているのかという事です。

お小遣いで日常生活を送っているサラリーマンの多くは少なからずの我慢を強いられている場合が大半だと言えます。それだけに使い道は実に様々です。

昼食を削って、タバコ代に充てている人、逆にタバコを止めて飲み代に使っている人、普段はほとんど使わず自分の趣味に使っている人と言った具合です。

人それぞれに使い道は大きく違ってきます。今現在がどんな使い方であっても今以上に貯めるためには、今以上に使い道を考えることが必要になります。

その為にも普段は気に止めなくなっている日常生活のお小遣いの使い道をもう一度振り返ってみましょう。意外な発見がある場合もあります。

これだけでも意外にもお小遣いを残して貯めていけるヒントが見つかる場合もありますが、多くの場合はここから貯めるための方法を考えることになります。

現時点でも我慢を強いられている状況の中で更に何かを抑えるということになるので、抑えるポイントをしっかりと選択することが大切になります。

その為にも現状をしっかりと知って賢いお小遣いの貯め方を選択することが必要になるのです。

削れる出費は

あなた自身の今のお小遣いの使い道が分かりました。では次に考えるのはその中で削れる部分があるのかどうかという事になります。

自分自身で気が付く削れるポイントが見つかればお小遣いを貯める行動に移すことができます。多くの場合は自分自身では発見はできません。

この事がお小遣いでの生活に苦しむ理由となっているので当然のことです。それでは削れる出費を見つけるにはどのような視点が必要になるのでしょう。

まずは今の出費が全て必要なものかどうかをもう一度考える必要があります。この時に必要なことは一般的にではなく、あなたにとってという考え方です。

例えば、タバコを吸う人にとってタバコ代というのは必要な項目ですが、一般的には止めればその分が浮いてくると考える人もいます。

削れる出費というのは自分目線で見て考える事、決めることが大切なことです。これは我慢の軽減になるという事が理由となります。

今のお小遣いは足りてる?

サラリーマンがお小遣いを貯めていこうと考える場合に確認しておくべき項目としてもっとも大切なことは「今のお小遣いは足りてる」かどうかです。

毎月のように足りなくなっては追加で頼み込んで出してもらっているというような人はお小遣いを貯めようという場合に選択する方法が変わってきます。

足りることもあれば、足りなくて追加してもらうこともあるというような人の場合には、そんな人にあった貯め方を選択しなくてはなりません。

一応、毎月お小遣いの範囲内ではやりくりしてるけど、自分のために使える部分なんてないというような人は、自分の為に使う分を捻出する方法が必要です。

今現在のあなた自身のお小遣い生活がどのように過ごされているのかでお小遣いの貯め方は変わってくるのです。今のあなたはどうですか。

お小遣いで生活をしていくというのは多くの場合はその範囲内で事足りるということはありません。それは全て使うことが前提となっているからです。

お小遣いの中で貯めていく部分を捻出するということは、その前提となっているお小遣いの総額を使うという考え方を変えるということになるのです。

お小遣いを日割りする

サラリーマンの賢いお小遣いの貯め方の考え方の基本は今のお小遣いを日割りにして、日々の中での残りを出していくということです。

仕事が営業という人は経験がある人も多いと思いますが、月間の予算に対して日割り予算という数字を組むことがあります。考え方はその場合と同じです。

日々の貯金の積み重ねが月の後半になると大きな存在となって、あなた自身のゆとり、余裕となり、お小遣いではそれが自分のために使えるという事になります。

今のお小遣いを日割りしてしまうと、1日の使用額としては少なすぎて昼ご飯も食べれなくなるという人も中にはいるはずです。

そんな人でも実は毎月与えられたお小遣いの範囲内かそれに近い範囲で生活をしているはずです。日割りでは足りないのになぜでしょう。

多くの場合は、サラリーマンがお小遣いを使って生活しているのは家族と過ごす休日以外の仕事の日です。これがお小遣いでやりくりできている要因です。

そこで、お小遣いを日割りで考える際も仕事の日だけで計算することになります。そうすると昼食代プラス僅かという人が大半になるはずです。

その現実をしっかりと把握した上でお小遣いの賢い貯め方を考えて、選択していくということになります。

使い道の主役を変える

今のあなたのお小遣いの使い道の主役はなんでしょうか。「お昼ごはん代」「帰りの一杯代」「タバコ代」「接待費」人によって様々あるはずです。

お小遣いの中で貯めていく部分を捻出するには、この主役を変えていく事が必要になります。変えるとは主役の使い道ではなく、中身を変えるということです。

例えば、「お昼ごはん代」がお小遣いの使い道の主役であるという人が普段のお昼が定食であったものを日替わりメニューに変えるというような感じです。

多くの場合は定番の定食メニューよりも日替わり定食の方が安く設定されているものです。これを定番化することで日々の支出が変わります。

何があなたの主役かによって難易度は変わってくるはずです。それでも自分主体の使い道であれば変えるということは不可能なことではない場合が大半です。

「タバコ代」という人は止めるという選択は現実的ではないはずです。しかし、いつもの朝の1本と食後の1本を減らすという選択であれば可能かもしれません。

どのような使い道があなたのお小遣いの中の主役であるかをしっかりと把握しましょう。そしてその主役に手を入れることが大きなポイントとなります。

お小遣いでの楽しみを決める

現状でも足りるか足りないかの中で我慢をしながら使っているお小遣いの中から貯めていく部分を捻出するというのは簡単ではありません。

多くの人が考えるのは「そんな事無理だ」とか「そんな事したら大変」と考えるはずです。その中で行動に移すためにはその先にある楽しみを決めるという事です。

目標やゴールがなくては頑張り続けるというのは非常に困難です。だからこそ、自分のやりたいこと、自分が楽しめることをゴールにしましょう。

この際に注意しなくてはならないポイントがあります。それは何ヶ月も貯めてやっと届くというような楽しみを設定してはいけないという事です。

意外に感じる人もいるかもしれませんが、これには理由があります。お小遣いを賢く貯めるといっても現実には毎月成功する人というのはなかなかいないのです。

だからこそ、楽しみの設定は1ヶ月ごとや、2ヶ月後くらいの近い場所に設定しておくことが大切になります。「頑張って月末に飲みに行こう」などという事です。

そんな月々の成功で楽しい時間や欲しい物を手に入れていくことで、先々に目標やゴールを設定してもそれに向けて継続できるようになります。

いずれは、半年先、一年後にゴールを設定することも可能になることがあります。まずは今月の我慢や努力に対して今月にご褒美を設定しましょう。

それを繰り返していく事が出来るようになれば、あなたは賢いお小遣いの貯め方を出来るようになったと言うことになります。

サラリーマンのお小遣い

サラリーマンの多くは、日常の仕事の日の生活をお小遣いで生活しています。その生活は自由になる部分は少なく、我慢や節約をしているというケースが大半です。 それでも、やはり人は楽しみたいという感情や、欲しい物が出てきたりするものです。今以上に節約は難しいと考えるサラリーマンはかなり多いはずです。 それでも考え方や視点を変える事でお小遣いを賢く貯める事が出来る場合があります。実は気づいていないだけで削れる部分があったりもします。 どのような考え方で、どのような視点でお小遣いを見ていくのか、使っていくのか、それを知ることであなたのお小遣いも貯まるかもしれません。 挑戦するために必要なことを一度確認してみましょう。そして、一度挑戦してみることをお薦めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

サラリーマンの少ないお小遣いを貯めるにはどのような工夫が必要か?
Reader Rating 2 Votes