お金がどんどん貯まる5つの貯蓄方法とは?

shutterstock_74280754

がんばっても増えない貯蓄額。お金を貯めるポイントをチェックしよう!

いくら続けてもなかなか満足できない貯金。

しかし世の中には効率的に貯蓄額を増やしている達人がたくさんいます。

そこでぜひ知っておきたい貯蓄方法の裏技をご紹介したいと思います。

大切なお金はなんとなく溜めるだけではダメなのです。

1.自分にあった貯蓄方法を知ること

貯蓄は得意な人とそうでない人がいますが、その違いは貯蓄に関する情報量です。

様々な知識を持つことで、その状況や時代にあった貯蓄ができるようになりますので、真剣にお金を溜めようと思ったら貯蓄方法は定期的に見直す事も大切ですね。

そしてもっとも重要なことはお金を溜めるには自分の性格にあった方法が一番ベストであるという点なのです。

性格的に細かい人は銀行口座をいくつか所有して、用途別に管理する事をオススメします。

買物ごとのレシートの保管や、毎日の収支をしっかり把握して堅実に貯蓄額を維持してきましょう。

目標額を作れば、さらに毎日のお金の管理もしやすくなりますよね。

そんなしっかりタイプの方には、支払用の口座と収入だけの口座を分けて生活費などの支払を分かりやすく管理しましょうね。

しっかりタイプとは逆に浪費家タイプの人には、貯金分を先に取る方法がオススメです。

生活費の残りを貯蓄に回す、という方法では浪費家タイプには絶対貯蓄は無理です。

そのため自動的に給料から天引きされる定期預金や、貯蓄専用の口座を持つなど、はっきりと「使うお金」と「貯めるお金」の区別をしましょう。

浪費家の方は家計簿を付けるのも苦手な人が多いですよね。

手元にお金があるとついつい無駄に使ってしまう為に、貯蓄額を増やすにはまず先取りして確保しないとけません。

それぞれの性格によってお金の使い方は異なりますので、自分にあった方法で長く続ける貯蓄を始めましょう。

真剣にお金を溜めようと思ったら、多少の我慢はつき物ですからね。

貯金は自分の努力の結果です。

貯蓄額が増えるほどヤル気も沸いてきますよ。

2.貯蓄型保険に注目してみよう

銀行の預金は利率が大変低い事はご存知ですよね。

普通預金にまとまった額を入れっぱなしにしておくのはとてももったいことです。

そこで効率的に貯蓄をするにはお金の預け先を見直す事がポイントになります。

金融機関では色々な商品を宣伝していますが、満足できる貯蓄方法はなかなか見つかりませんせん。

「貯金は銀行」という意識をまずは変えてみましょう。

オススメは貯蓄型保険です。

保険といえば掛け捨てで全く貯蓄とは無関係のようなイメージがありますが、実は銀行の預貯金よりも金利が高く、貯蓄したい人には色々なメリットがある優れものなのです。

貯蓄性があるものには養老保険、子供保険、個人年金保険、終身保険などがあります。

人気があるものには「利率変動型終身保険」で、終身保険のため死亡した際には保険金がもらえますし、毎月支払う保険料の一部は貯蓄として貯まっていくというメリットがあります。

さらに保険期間に途中解約すると解約返戻金を受け取る事が出来ます。

今までの保険では加入した時点での利率がずっと適用されていましが、契約期間の長い間には経済情勢も変わる可能性が大きいですよね。

そのため契約時点での低い予定利率が最後まで適用されないように、定期的に利率が見直されるものが「利率変動型終身保険」なのです。

メリットは銀行の貯金よりも利率がよく、株などの投資をするよりもリスクがないことなど、さらに保険としての機能もありますので、いいことづくしの貯蓄方法です。

保険料は生活の中でも負担になる出費ですが、このような貯蓄性のある商品ならばとてもお得に感じますね。

3.ボーナスがない人の貯蓄ポイント

近年失業率も高いなか、正社員として働けない人も急増しています。

パートやアルバイト、契約社員などはボーナスがないためにまとまった額の貯蓄ができませんよね。

だからといってお金が溜まらないわけではありません。

そこでボーナスがない人向けの貯蓄の裏技についてポイントをチェックしてみましょう。

ボーナスがあると家計の赤字修正として使われたり、大きな買物や、住宅ローンの支払としてあてがわれる事が多いですよね。

しかし正社員でない場合にはボーナスをあてにした生活はできません。

そこでまず行いたいことは毎月の出費を把握する事なのです。

毎月の出費内容と年間を通した収入とのバランスを確認してみましょう。

貯蓄が本当はできるのに無駄使いをしている場合がかなりありますよ。

外食費、交際費など節約すれば貯蓄にまわせるお金が沢山あります。

ボーナスがない分、出費を減らして貯蓄をする事が一番ベストな方法です。

そして生活費の残りがあったら貯金する、という意識を変えてまずは貯金分を先取りして、残りのお金で生活するようにしてください。

ボーナスがないから一気に貯金ができないのではなく、毎月の少しずつの貯金があれば年間を通しての貯蓄額はボーナスありの人とさほど違いはありません。

自動積み立て貯金や給料の自動振り替えなどで貯金のお金は必ず先に確保しましょうね。

ボーナスがあれば生活にも色々な潤いがあることは間違いありません。

しかし貯蓄をするのは決して収入が多いことがメリットになるとは限りません。

ちょっとした意識転換が大切なのです。

4.お金の使い方を工夫して貯蓄する

お金を貯めるには様々な節約は欠かせませんよね。

しかしいつも無駄を省く事ばかりを意識していると、ストレスもたまり満足できる貯蓄はできません。

そこで注目したいのは、節約をすると同時にお金の使い方に工夫をするという発想なのです。

「無駄を減らす」という考え方はとても重要ですが、毎日の生活のなかではどうしても削れない支出がありますよね。

そのお金の使い方を注目して貯蓄を増やしていく事がポイントです。

そこでチェックしたいのが外食費とレジャー費の使い方です。

きっと多くの方がこの出費に関しては使いすぎという認識があると思いますが、実際にはなかなか減らす事ができない難しい出費でもありますよね。

なんとなく外食をしていると、いつのまにかお財布が空っぽなんて事もあります。

飲み会や帰りにちょっと寄ったレストランなど、実は大きな無駄な出費になっています。

一番の良い例が飲み会ですが、1回にかかるお金は一般的に3,000円前後ですよね。

この金額でほかに何かできるか考えてみましょう。

飲み会3000円という金額はごく普通の値段だと思われますが、しかし3,000円あったら一ヶ月分の水道代やガス代の支払に使えるのです。

さらに数日分の食費としても十分な額になりますよね。

そう考えると、2、3時間の飲み会で使うお金はとてももったいと感じませんか?

しかし仕事や友達の付き合いももちろん大切です。

外食や飲み会などにはクーポン券を使って割引できるお店を選びましょう。

ネットや地域のフリーペーパーなどクーポン券が見つかります。

お気に入りのお店やレジャー施設もメールマガジンなどを利用してみましょう。

5.間違った節約方法を改善しよう

なんでも我慢してお金を貯めようとすると、実は色々な落とし穴があるのです。

そこでぜひ知っておきたい間違った節約方法についてご紹介しましょう。

まず毎日の食生活に必要になる食費ですが、生活費のなかでまず切り詰める出費になりますよね。

食べたいものを我慢してまで食費を削ると、健康へのダメージがあり体調を崩して病院通いが始まるという落とし穴があります。

節約したつもりの食費は、医療費になり意外な出費として貯金どころではなくなります。

健康的な生活をしないと、仕事にも行けずかえって収入が減る結果にもなっていまいます。

健康を維持することはもっとも大切な節約方法ですから、食費の節約は効率的に栄養バランスを取る事に意識しましょう。

食材は値段の安いものでも栄養価が高いものは沢山ありますからね。

そして注意したいのが日用品の買いだめです。

セールだからと飛びついてもトイレットペーパーなどの日用品の値下げ額は限りがあります。

買いだめしてしまうと、逆に使う量が増える原因にもなるため、わずか数百円の節約にはあまり価値はありません。

それならばジュース1本買うのを辞めたほうが効率的ですよね。

そして家の光熱費も使いすぎを心配する方が沢山います。

家にいると電気やガスを使ってしまうから外出する、というのは大きな間違いです。

外出すれば必ず飲食費や買物で無駄使いをしてしまいます。

それを防ぐには手ぶらででかけるか、もしくは家のなかで過ごし、余計な出費をおさせることがオススメです。

健康の為に外でエクササイズする事はお金もかからず色々なメリットがありますよ。

節約を意識しながらお金を溜めるポイント

毎月決まったお金を貯めることは簡単そうで実は大変です。 貯蓄する事は節約も同時にすることでさらにお金は貯まりやすくなります。 生活のなかのちょっとした習慣や意識を変えて、お金が貯まりやすい環境を作りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がどんどん貯まる5つの貯蓄方法とは?
Reader Rating 2 Votes