あなたのお金の貯め方はそれで大丈夫?お金持ちの貯金術とは

shutterstock_204661345

お金を貯めるために知っておきたいこと

お金の貯め方と言うものを誰もが一度は真剣に考えたことがあるのではないでしょうか?

必要なものがある、将来の事を考えてなど色々な理由があると思いますがお金を貯めようと思うのは普通の事です。

しかし何をするのにおいても必要なものがお金であり、ただ稼いでくればそれで良いと言うものではありません。

生活費や税金などで必須となる金額を考えると自身がやりたいことだけをやってその額が簡単に手に入るとは言えませんし、どれだけ頑張ってお金を稼いできてもお金の貯め方を知らないと大体途中で貯めるのに失敗します。

お金を貯めようという意思だけでなんとかできるのであれば、インターネット上や書籍でこれほどのお金の貯め方と言う言葉を見や耳にすることはないでしょう。

つまり逆に言えばお金の貯め方と言うものは意思だけでなく知識や情報そして手段が必要であるという事です。

稼げば稼ぐほど欲しくなる、それがお金であると同時に、またなくてもなんとかなってしまうものがお金でもあります。

お金を貯めるためにはお金を自分が、世間がどう扱って、どう動かしているかを理解することが一番の近道です。

ちゃんとやっているのにお金が貯まらない、これから貯めようと思う、そういう方は今回一緒に今一度お金のため方について考えてみませんか?

お金持ちの人はどうやってお金を貯めたのか?

お金の貯め方を知るにはお金を貯めることに成功した人のマネをするのがもちろん一番手っ取り早いでしょう。

お金を貯めることに成功したのは誰かといえばその答えやお金持ちの人、ではどうやってお金持ちの人はお金を貯めたのでしょうか?

ここで最初に注目するお金の貯め方の一つとして考えられるのが収入を増やす方法です。

言葉にすれば簡単ですが言うは易く行うは難しと言うのはこの事です。

大きな収入を得るためにはこの社会では何らかの資本が必要です。

収入が高い仕事に就きたいのならば高い能力、人脈やコネ、もって生まれた容姿あるいは資産、時には運。

仕事による以外収入、不労所得を得たいのであればを資産、発想力や閃き、何らかの努力を続けらる継続力、才能やセンス、あるいは運。

こうした様々な生産要素である資本を持っていればいるほど得られる収入は多くなるでしょう。

そんなものは持っていないと嘆く人も多いと思いますが持っていると気付けるかどうか、あるいは身につけることが出来るかどうかがポイントであり、現段階でどうかはあまり問題ではありません。

しかしお金の貯め方を真剣に求めている人は社会人にこそ多く、副業を禁止されていたり、日々の仕事に終われる中で自己の資本の見直しや獲得が出来る人はそんなに多くはないです。

そういう方でもできる収入を得る方法として挙げるなら直ぐにできる事として考えられるのは3つ。

1つは株式の売買やFXなど資産運用で収入を生む方法。

今ではインターネット取引や夜間取引など利便性も増してきましたし、FXの方ならば10万円ほどから手を出すことも可能です。

取り扱い業者によっては1万円を元手にして最低取引価格を1000円で行えるところもあり、操作が簡単でお昼休みや帰宅後の時間を利用して手軽にできるため、生活に影響のない範囲かつ、自分にあった方法で資産を増やすという事をしている人もいます。

もう一つは買ってから一度も袖を通さないままの洋服や、もらったは良いが使ったことのないブランド物の商品、あるいは自身の趣味の成果物をお金に買えると言う自分の資産をお金に換える方法です。

不要なものをネットオークション等を活用し臨時収入で10万円が手に入った人も少なくはないですし、最近は自分自身で手作りのアクセサリーやグッズを作成し、販売する人も増えてきました。

自分が今や不要物となったと言えども過去に手に入れた資産であり、これを収入に変えると考えればこれも一つの資産運用方法ですし、趣味物を販売することは、自身のスキルも上がり、お金も手に入り、人脈やコネを作れるチャンスにもなるといえるでしょう。

最後の一つはお金ではなくポイントで稼ぐという方法です。

電子マネーの普及以前からポイントがお金の代わりに使えるというシステムを導入しているお店も多かったですが、電子マネーの普及に伴いポイントで手に入れられるものは更に増えました。

そうしたポイントを獲得する方法として何かを売り買いしないでもインターネット環境があれば誰でもすぐにでもできることもあります。

例えばモニターサイトに登録してアンケートに答える、自分のブログやサイトを持つことでそれを見てくれた人の数に応じて何らかの形でポイントを得るなど、すきま時間や趣味と平行して稼ぐことも可能です。

いずれも自分の余暇時間を使う分には基本的に問題ありませんし副業であるとみなされることは普通の会社ではありません。

しかし最初に書いた方法には注意が必要で、毎日取引をするなどしていると事業として行っていると見なされ突然税務署から連絡が来ることもあります。

それらをすることが出来ない、あるいはそれらをしてはいるがそれでも収入が足りない、満足できない。

それ以外のお金の貯め方となると次はその逆を見直すしかないです。

自分の出費に浪費はないかを見直すお金の貯め方

お金の貯め方の参考にお金持ちを見ると浪費が少ない事も分かります。

多くの日本人はまずこの方法、出費を切り詰める所謂「節約」と言う方法でお金を貯めようとしますがこの記事では二番目に紹介させていただきました。

なぜならしたいことをするためにお金を稼ぎ、やりたいことや欲しいものが手に入るから頑張れるというのが人間と言う生き物だからです。

何かのために控える努力よりも何かのために行う努力の方が力を出せるというという研究結果も出ていますし、節約の行き過ぎで人間関係や体を壊すという人もあながち少なくないからです。

とは言えこの方法でのお金の貯め方が悪いという訳ではないです。

日本人の多くの方にこのお金の貯め方から進めない理由は大きく分けて2つあり、一つはお金を増やすためにお金を使うという行為に対して認知度が低いからです。

株取引やFXなどの投資はギャンブル、自己投資は浪費と断ずる人も極端な人の中にはいますし、そうでなくても「お金の貯め方を知りたいのに使ってどうする?」と思う人は多いです。

もう一つの理由としては浪費と言うものの幅が個人個人によって大きく変動しますし、社会では他人との人間関係を何よりも大事にするようにと言われる日本人にとっては必要な消費でもある部分がお金の貯め方としての節約によって削れてしまう恐れがあるからです。

タバコや酒、香水、ブランド品などは必要な消費ではなく浪費であると断定して良いでしょう。

多くの場合お菓子やジュース、外食も浪費と分類しても良いでしょう。

ここの段階で既に「それは浪費ではない、必要な出費だ」と言う人もいるという所が個人差であり多様性です。

そして更にここから浪費と言われることもあるものの領域に入っていってみましょう。

お歳暮お中元はどうでしょうか?

会社で行われる忘年会や歓送迎会はどうでしょうか?

仕事で必要な知識や情報をえるため自社で取り扱っている製品を買ったり、サービスを受けてみるのはどうでしょうか?

これの答えは自分の勤めている会社と役職、そして周囲との人間関係による、となってきます。

「何を節約するといいでしょう」という事ができない以上具体的な事は言えませんし、お金の貯め方の一つでしている「今の節約」が将来の大きな出費の引き金になる事だってあるのです。

そのため「自分にとっての浪費」という所と「世間でいう所の浪費」そして「投資に当たるのか?浪費に当たるのか?」など多面的に一度じっくりと考えてから節約を行ったほうが良いでしょう。

これでも足りない、お金が貯まらないとなってきたら次はこのお金の貯め方を考えて見ましょう。

お金の使い方を変えてお金を貯める

お金の貯め方として収入を増やすことはできない、節約もうまくいかない。

お金持ちの人にはあまり見られない方法だと言われていますが、そうした収入と出費の調整でもダメと言う人でもこの方法でしたらお金を貯めることができます。

そのお金を貯める方法とは収入が入ったと同時に一部を直ぐに貯金する方法です。

イメージとしては子供が強制的に貯金箱にお金を入れさせられるのをイメージするといいと思います。

雇用保険制度として積立金や銀行の積立定期預金、あるいは保険積立金などのような制度を利用してしまうのも手ですし、そうしたものを利用するのが嫌なのであれば自分で似た様な事をやってしまうと言う方法もあります。

銀行や郵便局などに新しい口座を作り、そこに毎月給料の一部を収入があったその時に移し、通帳もカードもその時以外は使えないようにしまっておくのです。

この方法だと簡単に使えてしまうと言う欠点がありますがその分困ったときには直ぐに使うことが出来ます。

お金の貯め方としてあちこちで言われているように、こうした使ってあまった分だけ貯金する方法ではなく、収入があったら先に貯金に決まった金額回してしまい、残ったお金で生活する方法をすることによって今までしていた浪費が見つかったり、貯金と言う行為を習慣付ける事ができます。

そして加えて言うなら現金の形で手元に残さないことでうっかり使ってしまうことを防ぐことが出来ますし、衝動買いや気が大きくなってしまったときの奢りやチップなどの不必要な支払いをすることが避けることが出来ます。

更に出費を抑えるという事を追求するならば、使うとポイントがついて還元があったり、値引きがされるクレジットカードを持たないようにするというのも一つの手段です。

自身の欲や場の雰囲気に逆らうことがどうしても出来ない人は手元においてコントロールすることが出来るお金を減らす、こうする方法が自分自身の意思でお金を貯める方法を実行できない、又は仕切れない人にとっては有効な方法です。

最終的に必要なのは目的意識

お金の貯め方についてここまで書いてきましたが、最初に書かせていただいた「お金の貯め方と言うものは意思だけでなく知識や情報、そして手段が必要であるという事」と言う言葉をもう一度思い出して欲しいと思います。 知識も情報も手段も手に入れることが出来たとしましょう、しかしお金を貯めようという意思がなければお金は当然貯まりません。 ではそうした意識はどうやって生まれるのかと言うと目的意識があってこそ始めて生まれるのです。 とりあえず意味はないけど、一応老後のために、そうした気持ちでは中々貯めることができませんし、明確な金額を決めることも難しくお金を貯める方法がうまくいっていなくても危機感や焦燥感を感じないのです。 そうした意味では最終的にお金を貯め方として一番良い方法は明確且つ、高めの目的意識を持つことだと言えるかもしれません。 とりあえず40年後にくるだろう定年のためにいくらか貯める。 と言う気持ちの人よりも、3年で100万円貯めようと思っている人の方がお金の貯め方もしっかりと考えて色々な事をしようとすると言うものです。 お金の貯め方が分からない、うまくお金が貯まっていかない、そんな人はこうして自問してみるといいかもしれません。 あなたのお金の貯め方は、目的意識がどれほど明確で高い状態で行われているものですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あなたのお金の貯め方はそれで大丈夫?お金持ちの貯金術とは
Reader Rating 1 Vote