結婚と貯金の関係を時系列で追ったことはありますか?

shutterstock_293730404

結婚と貯金

結婚は一つの家族をつくるために行われる一つの行為です。

そして、家族がつくられると、愛で満ち溢れた素敵な人生が待っているといいたいところですが、多くの苦難も待ち構えています。

その中でも、お金に関する悩みは恐らく枚挙に暇がないほどたちはばかることとなるでしょう。そこで、時系列で結婚と貯金の関係を追ってみましょう。
 

結婚前に相手にいくらの貯金を求めるか

女性男性問わず、結婚すると決めたとき借金が相手にあるとなると躊躇する原因のひとつなりえますが、貯金ンの場合はどうでしょうか。

相手にいくら貯金があるかというのは気になりますか。

気になるとしたらその理由はなぜでしょう。

結婚してからその貯金を目当てに暮らし向きをよくするため?

それとも、その人の堅実性を見極めるための試金石?いろいろな考えがあると思いますが、少なくとも全く関心がないという事はないでしょう。

かといって、直接「あなたにはいくら貯金があるの?」と聞くのも正直、憚れるというのが実情でしょう。

結婚前の貯金額は堅実性の試金石

先にあげましたように、貯金の額は相手方の堅実性や計画性の試金石として見るべきものと筆者は感じています。

少なくとも、相手にたくさんの貯金があるから結婚をするというのであれば、そのけたが数十億なら、畢竟、数百万、数千万単位の貯金ごときで結婚をするというのはばかげています。

 まず、婚姻前の財産というのはそもそも婚姻したとしても夫婦の共有財産とはなりません。

したがって、仮に、結婚をしたとしてもその貯金を配偶者以外のものが勝手に使うという事はできません。

また、離婚する際にも、婚姻前の財産というのは、財産分与の対象にはなりませんので、もしあなたが、「相手には1億円の貯金があるから、離婚をしたら、50%の財産分与で5000万円は確実に手に入る」というような、半ば金の亡者の様な事を考えていたとしても、それは日本の法律ではまかり通らないのです。

あくまで、財産分与の対象は、婚姻期間内に得た共有財産が対象となりますので。

 という事を考えると、相手の貯金額を知る機会を得ることが出来たとすれば、その貯金額というのは、その人の計画性や健全性を見るための指標に過ぎないと思うのが全うであると考えます。

相手に求める貯金の額は?

以上のように、あくまで相手の堅実性等をはかる試金石に過ぎない、結婚前の貯金額ですが、その額はいくらほどあればよいのでしょう。

そもそも、結婚前に貯金をする習慣がない人もいます。たしかに、このような場合には、結婚後には考え方や習慣を改めてもらわねばなりません。

それでは、いったいいくらほどの貯金額があればよいといえるのでしょうか。

これは年齢にもよると思いますが、一つの基準が、年収と同額の貯金をすることが出来ていれば上出来であると思います。極めて健全な人であると筆者は思います。

おそらく、結婚の年齢というのは20代か30代となることがほとんどでしょう。となると、その期間内に、年収分の貯金をすることが出来るというのは実は結構すごいことなのです。
  

結婚後の貯金

さて、結婚前には貯金をする習慣がなかった配偶者の場合には、考えや習慣を改めてもらわねばなりません。

これは必須であるという事は説明の必要はないでしょう。今までは、50万円手取りでもらっていたら、50万円使っていたという行動様式では困るのです。

たしかに、いままで、相応にお金を使うことが出来た人が急に月々お小遣い制になり、その額が4万円という事になれば非常に生き苦しいことになるでしょう。

しかし、結婚というのは、家族をつくるという事なのです。自分の自由と引き換えに、愛するものと家族をつくっていくという幸せを得るためには、相応の犠牲も必要です。

夫婦別産制が原則

今日では、女性の社会進出も普遍的となっており、共働きとなるという事も非常に多いでしょう。

加えて、男性側だけの給与だけでは十分に満足できる生活を送れなくなっているという現実もそこにはありますし、女性の敏腕な方が仕事を辞められると、会社にとっては困ることとなるのです。

したがって、共働きの結婚生活というのは現代においては至極当然のことと考えてよいでしょう。

このとき、給与をどうするかきちんと話し合うべきでしょう。

日本独特の女性が家計簿をつける代わりに、夫の給与を妻に渡すというのもありでしょうし、その逆もありでしょう。

しかし、現代日本においては、かなり個人の独立的思考が流行しているともいえます。
(あまりに独立的だと、家族として成り立たなくなってしまいますが。)

それ故、一つの方法は夫婦別産を徹底するという事です。

つまり、収入の25%は家計に入れる。もう25%は家計の貯金として積み立てる。

残りの部分はそれぞれ自由に使ってよいというようにです。

もちろん、子どもが出来た場合には比率が変わるという事も考えておかねばなりません。

子どもが2人3人となっていけば、おのずとその比率は高くなっていきます。

しかし、あくまで夫婦の財産は別産であるという原則を完遂していくことの方が、現代の潮流に合っていると筆者は思うのです。

内助の功という素晴らしい言葉もありますが、それを実践するか、それとも自分の身は相応に守れるようにしておくようにしておくのか、筆者としては、女性が社会進出をする以上は、自分の身を守れるようにしておく方が、夫妻共にとって良い結果をもたらすものではないかと感じています。
 

結婚前の貯金額

結婚前の貯金額はあくまで、その人の堅実性や計画性をみるための試金石。決して、配偶者のものにはなりません。 また、結婚後の貯金については、とにかく計画性をもって互いに扶助努力することによって、備える必要があると筆者は切に感じます。 そのための方法はお小遣い制かもしれませんし、共働きになったことに伴って、夫婦別産制を徹底するのが良いか、そこのところはしっかりと夫婦間で話し合うべきだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

結婚と貯金の関係を時系列で追ったことはありますか?
Reader Rating 2 Votes