あなたの貯金額は?他人の貯金額も気になるので平均を探ってみました

shutterstock_267639203

貯金額はいくらあったらよいのか

この質問に対しては、多ければ多い方が良いというのが答えですが、実際の現実的な数値で計算すると、どのくらいがあるべき数値なのでしょうか。

ここでは、おなじみ、日本人の大好きな平均という考えを用いて他人の財布の中身を見てましょう。

 

日本人の平均貯金額は1182万円

1182万円という額が総務省の統計でとっている日本国民全員の平均貯蓄額です。

意外と多いなと想った方がほとんどではないでしょうか。

しかし、これにはからくりがちゃんとあるので、実際の額はそうではないという事が考えられます。詳細に説明していきましょう。

平均ほどあてにならないものはない!?

平均というものをここではよくよく再考することにしましょう。

今はやりの統計学に近しいことを簡単に説明していきます。

平均というと、日本人はそれが普通の指標と考えてしまう傾向が強いですが、平均値というのは、それ単独ではほとんど機能しないといって過言ではありません。

すなわち、平均値が1182万円だから普通は1182万円の貯蓄がないと通常以下だからダメのような考えはやめましょう。

まず、平均値というのは、ある数が極端に大きかったり、小さかったりすると、それだけで意味を有さなくなってしまいます。

具体例を挙げましょう。

3人のテストを行いましたA、B、Cそれぞれが50点、50点、50点であれば、(50+50+50)/3=50よって50点が平均点ですというのは平均値として意味を成します。

それではこのような場合はどうでしょう、

A=0点、B=100点、C=50点、平均を計算すると、(0+100+50)/3=50よって、平均点は50点この結果を見て、平均値があまりABCの三者間のテストの結果を反映していないことを読み取ることが出来るでしょう。
 

平均以外の比べ方

先の例を更に拡大し、1000人規模で、貯蓄額の平均をとったとします。

990人は100万円、9人は0円1人は1000億円だとします。

とすると、(100万円⋆990+0*9+1000億円)/1000人なので、平均は¥100,990,000となります。

おかしいですよね。実際のほとんどの人は100万円の貯金にも拘らず、1人の大富豪のせいで、1億強にまで平均値があげられてしまっているのです。

このようなことに対処するために、平均額の調整という方法もあるのですが、単純に指標を変えるという方法もとられます。それが中央値という考えです。

中央値で本来の貯蓄額を算出

中央値というのは、額ごとに順番に並べ替えて、その真ん中の数字をとるという方法で、大規模データを処理する際に良く使われます。

先の例で行くのであれば、0円、0円、0円、、、、、100万円、100万円、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、1000億円となりますので、真ん中の数値は100万円が該当します。

したがってこの場合の中央値は100万円という事が出来、実際の実情を反映したデータ処理が出来ているように感じます。

そして、総務省の統計局も馬鹿ではないので、貯蓄額の中央値をしっかりととっています。

すると、日本人の貯蓄額の中央値は400万円と公表されています。平均値とだいぶ差がありますよね。実態は、400万円を採用するほうが良いと考えられます。
 

400万円の貯蓄がありますか?

それでは、正しい平均値ともいうべく中央値が400万円だという事が分かりましたが、みなさんはこの額をどのようにとらえますでしょうか。

多い、少ない、妥当、いろいろ考えるところはあると思いますが、おそらくそれは年齢によるところが多いと筆者は感じています。

20歳の貯蓄額が400万円でしたら多いですし、一方、65歳の貯蓄額が400万円では少ないです。30代の貯蓄額の目安というのが妥当な見解ではないでしょうか。

貯蓄の目安は

貯金の平均についてみてきましたが、実際のところ、目安というのはいくらと考えるべきなのでしょうか。

色々な見解があると思いますが、筆者は、年収と同額の貯金が30代後半でなされていればよいというのが一つの指標足りうると思っています。

つまり、37歳で年収550万円であれば、550万円の貯金があれば十分に平均を超えたものであり、貯金額として相当なものとみなすことが出来るという事です。

したがって、貯金の平均額や中央値というような他社との相対での額ではなくて、各人固有の絶対的な指標を用いて、年収額分の貯金というのを目指してみるとよいというのが筆者の結論です。
 

日本人の平均貯蓄額

日本人の平均貯蓄額は1182万円。ですが、平均値というのは当てになりません。 そこで、中央値というものをとってみたところ、日本人の貯蓄額の中央値は400万円という結果になりました。 いずれも総務省の統計参照です。 しかし、貯金の目安額というのは平均や中央値というような相対的な指標よりも、年齢と年収という各個人における属性による絶対的な指標を用いた方がぶれずに済むと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あなたの貯金額は?他人の貯金額も気になるので平均を探ってみました
Reader Rating 3 Votes