30代の貯金額はいくら位が妥当?総務省の統計は正しいのか?

shutterstock_311396810

30代になったら急に貯金が気になった

20代のころは、入ってくる額もあまり多くはない時期が最初有り、その後はお金を使っていても貯金は後回しだという方も多いはずです。

しかし、ふと30代になった自分を顧みたとき、貯金という言葉やたくわえという言葉が脳裏によぎり始めます。

さて、それではいったいいくら位の貯蓄が必要なのでしょうか。

 

30代の平均貯金額は、、、

総務省の統計ですが、30代の貯金額の平均額は、なんと、、、732万円です。どうですか。

とても高いと思いませんか。少なくとも、筆者は世の中の30代の平均貯金額が732万円だとしたら、皆貯金に励んでいるだなあ、使う事はないのかしらと思ってしまいます。

しかし、この平均額にはウラがあります。統計のマジックです。上記の732万円という額は「貯金がありますか?」というアンケートに「はい」と答えた人を対象にしているものなのです。

実際に30代で貯金がある人は7割

「貯金はありますか」というアンケートに対して、「はい」と答えた人が何%いたと思いますか。

答えは、70%です。という事は、世の中の30代の30%は貯金がないという事です。

やはり、20代で使ってしまっていたり、貯金に回せる余裕がなかったり、自分に投資している人というのが多いのでしょう。それ故、貯金が今なかったとしても、そこまで落ち込む必要はありません。

本当の平均貯金額

それでは、貯金額がゼロの人を含めた人々の平均をとるといったいいくらになるのでしょうか。

要するに、「本当の」30代の平均貯金額という事です。

答えは、、、499万円です。んー、やはり、多く感じるのは筆者だけでしょうか。やはり日本人というのは堅実なのですかね。

しかし、ここにもウラがあると思わなくてはなりません。

まず、30代といっても、31歳の人と39歳の人では手取り額が違いますし、貯金額に大きな差が出るというのも当然であるという事です。

また、貯金額がゼロの人についても平均計算をする際にカウントしているという事は、ゼロを補うための人が存在しているという事です。

平均という数字のマジックに引っかかってはいけません。平均という言葉は日本人が大好きな言葉ですが、統計を習得した者にとって、平均ほど、人をだます時に使えるものはないのです。
  

平均は精査しないといけません

平均というものをここではよくよく再考することにしましょう。今はやりの統計学に近しいことを簡単に説明していきます。

平均というと、日本人はそれが普通の指標と考えてしまう傾向が強いですが、平均値というのは、それ単独ではほとんど機能しないといって過言ではありません。

すなわち、平均値が1182万円だから普通は1182万円の貯蓄がないと通常以下だからダメのような考えはやめましょう。

まず、平均値というのは、ある数が極端に大きかったり、小さかったりすると、それだけで意味を有さなくなってしまいます。

具体例を挙げましょう、3人のテストを行いましたA、B、Cそれぞれが50点、50点、50点であれば、(50+50+50)/3=50よって50点が平均点ですというのは平均値として意味を成します。

それではこのような場合はどうでしょう、A=0点、B=100点、C=50点、平均を計算すると、(0+100+50)/3=50よって、平均点は50点この結果を見て、平均値があまりABCの三者間のテストの結果を反映していないことを読み取ることが出来るでしょう。

本件においては、ゼロ円貯金額の人が30%もいるのですから、それを補う人つまり、貯金額が1億の人がいる可能性も捨てられないのです。

平均以外の数値で考えてみよう

先の例を更に拡大し、1000人規模で、貯蓄額の平均をとったとします。990人は100万円、9人は0円1人は1000億円だとします。

とすると、(100万円?990+0*9+1000億円)/1000人なので、平均は¥100,990,000となります。おかしいですよね。

実際のほとんどの人は100万円の貯金にも拘らず、1人の大富豪のせいで、1億強にまで平均値があげられてしまっているのです。

このようなことに対処するために、平均額の調整という方法もあるのですが、単純に指標を変えるという方法もとられます。

それが中央値という考えです。

中央値というのは、額ごとに順番に並べ替えて、その真ん中の数字をとるという方法で、大規模データを処理する際に良く使われます。先の例で行くのであれば、0円、0円、0円、、、、、100万円、100万円、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、1000億円となりますので、真ん中の数値は100万円が該当します。

したがってこの場合の中央値は100万円という事が出来、実際の実情を反映したデータ処理が出来ているように感じます。

そして、総務省の統計局も馬鹿ではないので、貯蓄額の中央値をしっかりととっています。

すると、30代の日本人の貯蓄額の中央値は150万円と公表されています。平均値とだいぶ差がありますよね。実態は、150万円を採用するほうが良いと考えられます。

要するに、30代の貯金額は150万円前後が通常という結論です。さて、みなさんは、150万円の貯金をすることが出来ていますか。
 

30代の平均貯金額

30代の平均貯金額は非常に統計データをどこでとるかによって大きく左右されてしまいます。 雑誌等で、平均は、、、というような言葉が出てきたら要注意です。 それは、あなたをだますわけではありませんが、何かしらの意図が隠されている可能性が高いからです。30代では150万円の貯金というのがお隣のお財布事情という事を覚えておけばよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

30代の貯金額はいくら位が妥当?総務省の統計は正しいのか?
Reader Rating 1 Vote