お金を貯めるために、真っ先に取り組むべき5つの方法

お金を貯めるために、真っ先に取り組むべき5つの方法

皆さんはお金を貯めるために、どのような方法をとっていますか?

お金を貯める為には、どんなにお金がない状態でも日々節約し、かつ副業でお金を稼ぐ!

一見そのような事を思い浮かべるのではないでしょうか?

「副業」に関しては、時間がなかったり、所属する会社で副業はNGだったり(最近は副業をOKとする会社も増えているようですが)で簡単には出来ない手段と言えるのではないでしょうか。

もちろん本当に稼ぐ覚悟のある方、いずれは起業したいと思っている方にとっては、副業は素晴らしい手段だと思います。

しかし今回の記事においてはそういった稼ぎたいと思っている方ではなく、現在決まった収入があるにも関わらず、なかなかお金が貯まらない、という方を対象にした内容にしたいと思います。

一定の収入があれば、意識と行動を変える事でお金を貯める事は可能です。

ここでは、お金を貯めるために取り組むべき方法として5つ紹介したいと思います。

1.お金を貯めるために、目標金額を決める

みなさんは、いくら貯金をしたいと考えていますか?そして、貯金をするために具体的にどのような行動を取っていますか?

まずお金を貯めるためには、目的を持つ事と、計画を立てる必要があります。何のためにお金を貯めたいと思うのか、そしてどれくらい貯めるのかを決める事が大事です。

お金を貯める目的は、家族構成や年齢によって様々かと思います。

例えば「新車を買うために、お金を貯める」「老後の生活の為にお金を貯める」など決めると良いでしょう。

その目的達成の為に、1年間でいくらお金を貯めるかを決めましょう。

自分が決めた貯蓄の金額は貯蓄するようして、貯蓄金額を差し引いた中で日々の家計のやりくりをするようにしましょう。

そうすれば、貯蓄に回す金額は固定になりますから高い確率で貯金ができるようになるでしょう。

2.出費は流動的な項目に注目する

お金を貯めるために必要な事として、貯金に回すお金を決める。と言っても、無理な貯金は続かない事が多いです。ですから、自分がどんな出費をしているのか把握し、どの程度節約できるのかを考える事が重要です。

繰り返しますが、お金を貯めるには計画性が大事です。決まった収入の中で貯金をしないといけませんから、まずはご自身の出費を把握して、いくら貯金に回せるかを決めましょう。

では、出費に関して細かく見ていきましょう。

まず通信費、水道費、電気代などの「光熱費」、それから「家賃」など決まった出費があります。これらは固定でかかる出費です。

※家賃を見直す方法、通信費を見直す方法もありますが、ここでは固定でかかる出費とみなします。

固定費の他に、流動的にかかる出費があります。

この流動的にかかる出費を見直すことが重要です。

想定できる流動的な出費は6つほどあります。

昼食や夜御飯にかかる「食費」、飲み代が主となる「交際費」、家族で遊びに行く「娯楽費」、オシャレを楽しむための「服飾費」、日用品などの「雑費」、祝い金などの「その他」が対象になるのではないでしょうか。

これらの流動的な出費項目に、あなたは幾ら使っていますか?

見直せる部分はありませんか?

3.クレジットカードで出費を把握する

お金をどれにいくら使っているか把握できない、という方のために出費を把握するための方法をお勧めします。

それは出費の際、クレジットカードを使う方法です。

クレジットカードを利用すると、利用履歴が明細に残ります。

クレジットカードの利用履歴で、実際に数字として見て、出費の状況を把握する事が出来ます。

お金を貯めると思っているのに、無駄に食費が高くなっていませんか?

飲んだ後、無駄にタクシーに乗っていませんか?

本屋に行って衝動的に買った本、実は中古ショップで売っていませんか?

クレジットカードで一元管理して出費を把握し見直す事は、お金を貯める第一歩目の行動としてオススメです。

見直す行動により、節約をしようとする意識が働きますから、今後の人生において出費を見直すのと見直さないのでは、意識に大きな違いが出てくるはずです。

この意識が、お金を貯める行動につながります。

クレジットカードの他に、レシートを貯めて家計簿をつけ、出費を把握する方法もあるでしょう。

もちろんレシートで把握する方法もありだとは思いますが、日々出てくるレシートを管理するのはなかなか大変です。

クレジットカードで大まかな出費を把握し、もっと詳細を知りたいときにレシートを参考にする方法を取るとよいでしょう。

具体的には、クレジットカードの利用履歴を見て食費が高くなった事を把握したとします。

クレジットカードにおいては、食費の中でも何に使ったのかまでは把握できない事が大半でしょうから、レシートを見て確認します。

例えば、食事が高くなってしまった月があるとします。食費に利用した日付がクレジットカードでわかるので、その日付のレシートを確認します。

すると、ある日の買い物で、刺身が半額だったから高い刺身を買ってしまい、合わせてビールを多めに買ってしまっていたから出費が重なってしまった、等と詳細に事実を把握する事になるでしょう。

実は半額で買った食材により出費が重なってしまったから、今度は半額商品は買わないようにしよう、買ったとしても合わせてビールは本数を決めよう、など対策を打つことにつながります。

このように、クレジットカードで大まかな出費を把握し、レシートでいざ詳細を参照して出費を見直す、といったやり方がおすすめです。

尚、レシートは時系列でおいて、日付で探しやすく保管しておくとよいでしょう。

4.クレジットカードのポイントと特典でお金を節約する

出費をクレジットカードで支払うメリットは、出費を把握する以外に、大きなメリットがあります。

それは、ポイントや特典を得られる事です。このメリットは、お金を貯める為には必須で利用したい項目です。

例えば日々の出費を楽天カードで支払うと、楽天ポイントが利用金額に対して1%貯まります。

携帯代や光熱費、インターネット通信費に加え、日々のお買い物をクレジットカードで支払いするようにすれば、仮に月に5万円の出費があるとすると500円ポイントが貯まります。

1年すれば、500円を12倍する事になりますから、6000円貯まります。10年すれば、6万円になります。6万円…大きいですよね。

他にもスーパーで5%オフになるクレジットカードもあります。

例えばセゾンカードは、西友やサニーで買い物をすると、5%オフの日に加工品などまとめ買いをするなどして仮に2万円使ったとしたら400円お得です。

マヨネーズや味ぽんなど、必ず減る加工品は安くなる日にまとめ買いすると良いでしょう。

クレジットカードを使う際に気をつけてたいのは、リボ払いを使わない事です。

結局金利を支払うことになってしまいますから、お金を貯める事につながりません。

絶対に金利がかからない一括での支払いにするようにしましょう。

またクレジットカードの引き落とし先口座は、しっかり管理するようにしましょう。

クレジットカードの引き落とし口座にお金がなく引き落とされないという事態が続くと、支払いが悪い人とみなされ、いざ家を買ったり保険を購入しようとしたときに審査が通らなくなるといった事態が発生します。

必ずしっかりお金を支払うようにしましょう。

5.長財布を使用して、お金を貯める

利用する財布は、どのような財布が良いと思いますか?

具体的には、折りたたみ型のお財布と、長いタイプのお財布、どちらがお金が貯まるでしょうか?

これについての答えは、「長い財布を使う方が、貯まりやすい」と言われています。

意識の問題にはなりますが、長い財布を使うと、お金を折り曲げずに入れることが可能で、お金を丁重に扱う意識が働くことにつながるのが理由です。

お金は私たちの生活を支える、大切な手段です。

まずは良い長い財布を持ち、お金を大切に取り扱う意識を高める事から始めて、大切にお金を使う意識を高めて無駄な出費を防ぐようにしましょう

お金を貯めるために、まず出費を見直し貯蓄額を決めよう!

いかがでしたか?この記事では、出費を抑える事に焦点を当て、お金を貯める方法について記載しました。 実際、お金を貯める方法は、上記で記載した方法に限らず、色々な方法があると思います。 本やインターネットで、一度調べて整理し、自分に合った方法を探してみると良いでしょう。 ただ、一つ言える事としては、収入が決まっている以上、無駄な出費は抑えるべきです。 まずご自身の出費を把握して、無駄な出費がないか確認しましょう。 出費を見つめなおし、貯める金額を決めて、お金を貯めるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を貯めるために、真っ先に取り組むべき5つの方法
Reader Rating 1 Vote