貯金苦手でも大丈夫!貯金箱を使って10万円貯めるコツ

shutterstock_44598634

なかなか貯められない貯金は貯金箱で解決しよう

ピンクの豚さんのかわいい貯金箱。

地味にお金を入れ続けても、なかなか増えない貯金。

どうしたらもっとお金がたまるのか、貯金箱を有効に使って10万円貯める方法をご紹介したいと思います。

徐々に重さを増してくるとさらにやる気がわいてきますよ。

つもり貯金をはじめよう

お金を使ったつもりで、貯金箱に貯めていくつもり貯金。

特に貯めやすいのがたばこ代などの日常的に出費が重なるものです。

お父さんのたばこ代は月にすると数万円かかる場合もありますので、禁煙がてらつもり貯金をはじめてみましょう。

一日箱吸っていた人はたばこ代として500円を貯金箱へ。

毎日知らずに使っていたお金は、意外な額に積もっていきます。

また外食費も同様に、一度に高額なお金を使う場合がありますので、定期的に家族で外食をしていた方は、その分のお金を貯金箱へ入れておきましょう。

ひと月分をまとめてつもり貯金するのは効果がなく、どうしても余分なお金は無駄使いになってしまいます。

お財布の中に入れておかず、余裕が出たときは必ず貯金箱へ入れる習慣を作りましょう。

額はいくらでもいいのです。

コツコツと貯める意識を持つことが一番重要です。

毎日コンビニや自販機で購入していたジュースやコーヒー代も、1回100円の貯金になります。

ひと月で3000円以上のつもり貯金になりますので、それが二人分、三人分になれば早いスピードでお金がたまっていきますよ。

家族や夫婦で旅行をしたいときなどは、みんなで協力してつもり貯金をしてみましょう。

それぞれの貯金箱を用意して毎月だれが一番貯められたか、競争をしても楽しいですよね。

目的を持つとさらにお金も貯めやすくなります。

モチベーションが上がるような工夫をしてつもり貯金をはじめてみましょう。

一定額にたまったら預金口座へ入金しておくとすぐに使ってしまう不安も少なります。

貯金箱とはいえ、努力の積み重ねで貯金額を増やすくことは可能です。

貯金箱預金のサイクル

貯金箱にはいろいろなデザインや種類があり、かなり高額な貯金も可能です。

しかし所詮貯金箱ですから、車を買う資金として何百万円も貯金箱内に入れることはできませんよね。

そこで貯金箱にたまったお金を使うサイクルをあらかじめ決めておきましょう。

一般的には1年間貯めたお金は、貯金箱からだしてそれぞれの用途として使いましょう。

預金口座に入れるか、もしくは欲しかった買い物代にするなど、いつまでもだらだらと貯金箱を使っていると、お金が貯まらないだけでなく、預金をする意欲も減ってしまいます。

1年後に使えるお金、として目標を持っていれば毎日モチベーションも高くなりますよね。

貯金箱で貯められる金額は、デザインは大きさによっても異なりますが、5万円が平均的な額だといわれています。

1年間で10万円が使えると、旅行はもちろん家計費の足しにもなりますよね。

貯金箱があると、すぐに目につくため、貯金をする意識がいつもあります。

余ったお金を貯めよう、という気持ちでは貯金箱の額は一向に増えることがありませんよね。

また金欠の時期に貯金箱を開けて中身を使ってしまうのは絶対に辞めましょう。

浪費家の人は貯金箱があっても、上手に使いこなさないと貯蓄としての機能がゼロになってしまいます。

1年間で10万円を貯めると本気になったら、絶対に途中で貯金箱を開けないこと、そして必ず継続して貯金するように心がけてくださいね。

1年間のサイクルで貯金箱の中身を殻にして、また新たな10万円貯金を繰り返しましょう。

徐々に貯まっていく貯金額を想像しながら、楽しんで続けることが大切ですよ。
 

500円玉貯金

人気の500円玉貯金。

お財布の中にある500円玉をコツコツを貯めていく方法ですが、額の少ない硬貨を貯めるよりも貯まるスピード感があります。

市販の貯金箱には10万円や30万円などゴールの金額が設定されたタイプがありますので、ただひたすらに500円玉を貯金していけばいいのです。

500円玉貯金をする場合のコツですが、必ずお財布に500円玉が残るようにお札をくずしながら使う点です。

せっかくやる気になっても、なかなか500円玉がゲットできないと貯金できませんよね。

定期的にお札を両替したり、少額の買い物でお札をくずしておきましょう。

基本は1日500円、1か月で1万5000円貯まります。

1年間頑張れば10万円は軽く達成できますよ。

そこで覚えておきたい点が貯金箱の種類です。

最近はいろいろなデザインがあり、中身が見えるスケルトンタイプの貯金箱も人気があります。

しかしこのタイプを使って貯金をすると、だいたいいくら貯金しているか予想ができてしまうため、金欠のときについついあてにしてしまいます。

500円玉専用の貯金箱を使う場合は、アルミ缶タイプで中身が見えないものがよいでしょう。

缶のタイプは缶切りを使わないと開けられない仕組みになっているものもあります。

真剣に10万円貯めるまで、絶対に開けられないような作りになっていると安心ですね。

家族の誰かがこっそり開けてお金を使ってしまう心配もありません。

お札を貯金箱に入れるのは負担になりますが、500円玉ならば貯まる速さもあり、さらに継続しやすい金額なので貯金箱預金にはおすすめです。

はじめは小さな貯金箱を使う

貯金箱を使ってお金を貯めよう、そう決意したときにまず準備するのが貯金箱です。

貯金箱は種類が豊富ですので、欲ばって高額貯金ができるタイプを買ってしまうとなかなかゴールにたどり着けないため、途中で挫折する原因になります。

まず初回の貯金箱は小さなサイズのものから始めましょう。

金額の指定がないものでも大丈夫です。

毎日少しでも貯めるという意識を持つために、はじめは貯金額のハードルを低く設定しておきましょう。

そして成功したら次は額をアップしてください。

その繰り返しで、徐々に貯金額を増やしていくのです。

最初の頃はいくら貯まったかよりも、貯金箱がずっしりと重くなる経過がとても楽しいですよね。

貯めることが喜びに変わる瞬間です。

貯金は家計のやりくりをしながら、少しでも余裕を出すことがポイントですが、貯金箱を使って貯める場合はなによりも習慣にする点が一番大切なことなのです。

お金がないからといって途中で辞めてしまうのはいけません。

毎日いくらでもいいので、必ず貯金箱にお金を入れる習慣を作りましょう。

もし1日飛ばしてしまったら次の日に必ず不足した分を追加しておきましょうね。

生活苦になるほど貯金をするのはあまりおすすめではありません。

負担を少なく貯め続けるには、無駄を省いてお金の余裕を出すことです。

またボーナスやお祝い金など現金報酬があったときも貯金にしやすいタイミングです。

余裕があるときは硬貨にこだわらず、お札もどんどん貯金箱へ入れていきましょう。

ずっしり重くなった時、一体いくら入っているかお金を数えるのがとても楽しみなりますよ。
 

貯金箱選びがポイント

貯金箱は途中で開けてお金を使ってしまう人もたくさんいます。

せっかく決心をして貯金を始めたのに、貯金箱の中身がアクセスしやすいようでは逆効果です。

そこで貯金箱選びにもちょっと工夫をしてみましょう。

変わったデザインのものでは、おなじみのピンクの豚さん貯金箱で、空っぽの状態はがりがりに痩せている貯金箱があります。

また顔のデザインになっていて、お金を入れるために口がもぐもぐと動く見ていても楽しい貯金箱などもありますので、子供さんにも喜んで使えそうですね。

お金を入れるのが楽しくなるような貯金箱に注目してみましょう。

そして浪費家の方におすすめなのが、工具を使わないと開けられない貯金箱です。

一般的なタイプは底面に蓋がついていますので、緊急の場合は開けて中からお金が取り出せる状態になっていますよね。

しかし工具を使って開けるタイプはそんな簡単にはいかないのです。

覚悟を決めた時しか開けられないため、途中で使ってしまいたくなる誘惑に負けたくない人は、このような開けられない貯金箱が良いでしょう。

またお賽銭箱のデザインになっている貯金箱もありますので、なんとなくご利益がありそうな貯金ができそうですね。

金運アップを毎日祈願して小銭をどんどん貯めていきましょう。

貯金箱でお金を貯めるのは、それほどの額は期待できませんが、継続することがなによりも大切で、貯まったときの達成感は本人にしかわからない喜びがあります。

長い道のりですが、あまった硬貨はなるべく貯金箱へ入れるように毎日努力をはじめてみましょう。

10万円、50万円も決して夢ではありません。

自分の性格にあった貯金箱を見つけよう

こつこつ努力することが大切な貯金。 銀行口座をチェックするように、お気に入りの貯金箱の重さをいつもチェックしてみましょう。 自分が貯めやすいデザインの貯金箱を使い、楽しみながら貯金をしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

貯金苦手でも大丈夫!貯金箱を使って10万円貯めるコツ
Reader Rating 4 Votes