驚きの効果!お米のとぎ汁を活用した節約生活

shutterstock_337560851

さっと流してしまうお米のとぎは汁は捨てないで再利用しよう

日本人の食卓には欠かせないご飯。

お米を炊くのは毎日の日課になっています。

そこで注目したいのがお米のとぎ汁。実は色々な場面で活用できる優れものなのです。

早速ですがお米のとぎ汁の活用ワザについてご紹介しましょう。

食器洗い

お米のとぎ汁はそのまま捨ててしまうのは大変もったいないですよ。

使い方の一つとして食器洗いがあります。

食器洗剤を使用して毎日私たちは知らないうちに水質汚染をしています。

エコにこだわった人が使うのがお米のとぎ汁です。

環境に優しいだけでなく、汚れ落ちがとても良い為に、食器洗剤を沢山使う必要はありません。

特におすすめはタッパー容器についた食材の消臭です。

ニンニクの匂いやスパイスの臭いが付きやすいプラスチック製品は、通常の食器洗剤で洗っただけでは臭いがとれません。

蓋を開けた瞬間に食べ物の臭いがすると、別の食材をいれると移りやすくなりますよね。

そこでおすすめなのがお米をとぎ汁を使った消臭方法です。

タッパー容器やプラスチック製の食器はお米のとぎ汁に一晩つけておきましょう。

翌日になると嫌な食べ物の匂いもすっかりなくなっていますよ。

洗剤を使ってごしごし洗う手間もなく、お米のとぎ汁なら体にも安全です。

また食器洗いで困るのが油汚れですよね。

何度も洗い直しをしないと、しっかり油がとれません。

そこで使いたいのがお米のとぎ汁です。

油汚れが付いた食器をお米のとぎ汁につけておくと、簡単に油分が取れやすくなりますので、洗剤を使いすぎることもありません。

米のとぎ汁にはもともと油分が含まれているため、油同士で汚れが取れやすくなる効果があります。

油汚れが多いプライパンや皿、プラスチック容器などは熱いお湯と洗剤を大量に使用する為に手荒れの原因にもなりますよね。

今日から早速、お米のとぎ汁を使ってエコな食器洗いをはじめてみませんか。

洗剤のコストも減らせるメリットもありますよ。

掃除に使う

お米のとぎ汁は昔の生活の知恵として色々な場面で使われています。

そのなかの一つがお掃除です。

お米のとぎ汁には油分が含まれているため、しつこい汚れ落としには最適です。

長年蓄積した畳の汚れやシミなどは化学薬品を使ってふき取ると畳の質を悪くする原因になります。

お米のとぎ汁を付けた雑巾を固く絞って畳拭きをしてみましょう。

近年増えているフローリングの床も同様に、お米のとぎ汁が掃除に大変効果的です。

床をピカピカにするメリットがありますので、畳拭きの場合と同様に雑巾につけて使ってみましょう。

掃除の頻度が多い場合にはお米のとぎ汁をスプレーボトルに入れて常備しておくと便利ですよ。

お米のとぎ汁は毎日ありますので、洗剤として使えばかなりの節約になりますよね。

掃除用品は意外とコストもかかり、成分が強く手荒れの原因にもなってしまいます。

お米のとぎ汁なら体に安全なので、アレルギー体質の方や乾燥肌の人も安心して使える掃除洗剤に早変わりです。

お米のとぎ汁はそのまま冷蔵庫で保管しておきましょう。

気温が高くなると腐敗してしまう場合もありますので、余ったお米のとぎ汁はペットボトルなどで沢山常備しておくと便利ですよ。

お米のとぎ汁には、米ぬかに含まれている成分があり、界面活性剤の働きを持っています。

そのため研磨効果ありますので、ピカピカにしたいところで使うと大変効果があります。

洗面台、水道の蛇口などの細かいところにも活躍できますのでぜひ参考にしてくださいね。

体に安全でしかもコストはゼロ円。

お米のとぎ汁の効果を最大限に活用して節約にも役立てましょう。
 

スキンケア

お米の成分は保湿効果があることで最近話題になっています。

人気のあるコスメにはお米の成分を使用した商品も多く、女性には大変気になるアイテムです。

でも高いコスメを買わなくてもお米のとぎ汁で効果的なスキンケアができるのです。

お米のとぎ汁を使って洗顔をしてみましょう。

お米には無農薬タイプもありますが、農薬などが付着していることもありますので、スキンケアで使う場合は数回流した後のとぎ汁を使ったほうが安心です。

お米のとぎ汁をさらに水で2倍ぐらいに薄めたもので洗顔をしましょう。

肌の表面がつるつるになり、古い角質もはがれますのでニキビ予防にも期待できますよ。

また毛穴の汚れが落ちやすくなり、肌の透明感もアップしますのでくすみが気になる方や、アンチエイジングを始めたい女性にぜひおすすめです。

また肌が敏感な方にとっては毎日使うコスメの成分はたいへん気になりますよね。

刺激の強いものは炎症を起こす原因になりますので、天然成分100%のお米のとぎ汁ならどんなオーガニックコスメよりも安心して使えます。

お米のとぎ汁にはビタミンB1をはじめ、栄養価も大変高くお肌に与えることで健康状態を保つことができます。

また米本来の脂質により肌の乾燥を防げますので、敏感肌の改善としても効果があります。

寝る前の洗顔でぜひ試してみましょう。

寝ている間の肌のターンオーバーでお米の成分が大活躍して美肌効果も抜群です。

なかなか自分の肌にあう化粧品がないという方、お米のとぎ汁を使った洗顔を早速はじめましょう。

肌質改善の効果も期待できますよ。

料理に使う

お米のとぎ汁を使って料理の下準備をしましょう。

野菜の煮物をするときはあらかじめお米のとぎ汁で下茹でをしておくと、仕上がりが美味しくなり味も浸透しやすくなります。

また固い根菜を柔らかくする効果もありますので、里芋の煮つけなどにぜひ使ってみましょう。

おでんを作る時も同様に、大根だけを別にお米のとぎ汁で下茹でをしておけば、エグミも取れるので美味しく煮込みができます。

お米のとぎ汁は、たまにぬかの匂いが強く料理には使いずらい場合がありますので、その時はお米のとぎ汁の上澄みだけを使ってください。

もしくは一番最初に捨てるとぎ汁でなく、数回流したあとのとぎ汁が料理には適していますよ。

干物の魚も同様にとぎ汁につけておくと嫌な臭いがとれ、独特なエグミも少なくなります。

身欠きニシンなどの干物に最適ですね。固い根菜類の野菜は特に本来の食材のうまみを引き出すためにもお米のとぎ汁が効果的です。

茹で野菜を作る時も水で茹でるよりもとぎ汁を使ったほうが、野菜本来のうまみや甘さが生かされますので、嫌いな野菜も美味しく食べられますね。

また上級者のなかにはお米のとぎ汁を使ってヨーグルト作る方もいるようです。

乳酸菌で発酵させたお米のとぎ汁と豆乳を使い、健康的なヨーグルトが作れます。

いつも捨ててしまうお米のとぎ汁ですが、栄養価もあり色々なところで活用できます。

そのまま捨てずに今後は大切に保存しておきましょうね。

お米のとぎ汁は量もたくさん出るため、上手に使いこなせば、節約生活にも役に立ちますよ。

アイデアいっぱいのお米とぎ汁活用方法を発見してみましょう。 

ガーデニング

お米のとぎ汁を庭にまいている人を見かけたことがありませんか。

とぎ汁には米ぬかの栄養分が豊富に含まれているために、植物にもたいへん効果的です。

ガーデニングの肥料としてお米のとぎ汁以上に安全なものはありません。

花が綺麗に咲き続けたり、発育を促進するなど、植物を元気にするメリットがあります。

とぎ汁をガーデニングで使用する際の注意ですが、気温が高い時期などは腐敗する可能性もありますので、お米の粒が残らないように注意してとぎ汁を使いましょう。

自分で肥料を作る際にもお米のとぎ汁を入れると発酵効果が高まり、質の良い腐葉土ができるメリットもあります。

しかしお米のとぎ汁をあげすぎると、成分のでんぷんにより害虫が増えてしまう場合もあり、カビが発生することもあります。

植物によっては合わないこともありますので、品種によっては注意して使用してくださいね。

魅力はお米をといだ後にそのまますぐに庭先にまけるのでとても手軽な点です。

値段の高い栄養剤を購入しなくても、十分にお米のとぎ汁には効果がありますのでコストを抑えてガーデニングができる点も魅力ですよね。

室内の観葉植物が元気がない時にもお米のとぎ汁をあげてみましょう。

植物の色がさらに鮮やかになり生き生きする効果があります。

毎日捨てているお米のとぎ汁には色々な活用方法がありますので、上手に生活に役にたてましょう。

小さなプランターの植物には水やりとしてもお米のとぎ汁が使えますので、長い目で見れば水道代のコスト削減にもつながるかもしれませんね。

早速今日からガーデンニングに利用してください。

お米のとぎ汁を使って快適生活

お米のとぎ汁は体に安全である点が最大のメリットです。 超オーガニックなお米のとぎ汁を活用して、驚きの効果を早速体験してみましょう。 捨ててしまうのは大変もったいないお米のとぎ汁、あちこちで使える場面がありますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

驚きの効果!お米のとぎ汁を活用した節約生活
Reader Rating 2 Votes