1年間で6割の人ができる!100万円を絶対に貯める方法

100万円と言うお金を1年で貯めることはできるのか?

大金が欲しい、なんとかしてお金を稼ごう、そんな事を考えた事はありませんか?

しかし目標と言うのは具体的でなくてはいつまで経っても実現しないものであるため、この目標ではいつまで経っても実現する日はやってきません。

では具体的には一体いくらのお金を作ることを目標にしたらいいのでしょうか?

今回の記事ではその具体的にお金を作る目標として100万円と定めてみました。

なぜかと言うとまず殆どの人が大金であると言う基準として100万円と言う金額が上げられるからです。

しかも1000万円と言ったらとても無理でもこの100万円と言う金額は実際に作ろうと思えば作り出せるぐらいのお金ではあるのです。

ではどのぐらいでその100万円と言う金額のお金を作ることを目指せばいいのかと言うと、1年です。

そんな短期間で誰もが100万円を作れるのなら恐らく日本は今ほど景気が悪いとは言われてはいない。

そんな風に思う人もいるでしょう。

しかし概算すると約6割の人は1年間でこの100万円と言うお金を作り出すという事が実はできます。

それは一体何故なのか?

どうやったら100万円を1年間で稼ぎ、貯めることができるのか?

今回の記事はそうしたことについて考察していきます。

6割の人が100万円を稼げる理由

100万円と言うお金を作ることが出来る人の割合は大体6割の人です。

より厳密に言いますと、この6割と言う数字はけっこう厳しく見積もって出した数字です。

この数字を出した根拠は何かと言うと一般的に言われる就業可能な人の割合なのです。

当たり前の事ですが、自分がお金を稼げていない人ではお金を作ろうと思っても作ることなんてできない訳で、

そう考えると最低でも自分の収入で今生きている事が出来る人が1年間でお金を稼ぐことが出来る人であると言えるでしょう。

逆を言うなら理論的には何らかの労働の対価として毎月15万円以上稼ぐことが出来る人なら1年間で100万円と言う金額は作ることができるのです。

とは言え勿論毎月15万円を稼ぐために自分の持つ全てのリソース、

時間や体力などを全てつぎ込んでいる人でも一年間で100万円を作ることができるのかと言うとそんな事はありません。

毎月15万円を労働収入で稼ぐことが出来、

一日にある程度は自分の時間が纏まって取れ、なおかつその時間で何かができる人。

そしてそうした人の中でも借金の返済や家族のために使わなくてはいけないお金などがない状態の人。

そうした人なら1年間で100万円は稼げます。

勿論あくまで理論的にはと言う話であって、怪我や病気に見舞われたり、

慶事や弔事で必要になるお金と言ったものに関しては全く関与しない話であるという事を前提条件として理解して下さい。

では一体そんな人がどうやって100万円のお金を作っていけるのかと言う話に入っていきます。

最低限15万円は毎月稼ぐ必要がある理由

100万円と言うお金を一年で作り出すために必要な最低限の収入は15万円であるという事をまず始めに言っておきます。

これは一体なぜなのかと言うと人一人が生活する上で最低限必要となってくるお金と、

目標の金額のために貯める金額の最低金額の兼ね合いです。

まず分かりやすく毎月いくらのお金を貯めることができると100万円と言うお金を作ることができるのかという事を考えて見ましょう。

単純計算100万÷12ですから一月あたりに貯めなくてはいけないお金は8万3千円ほどと言う計算になります。

そしてそれだけのお金を貯めないといけない訳ですから生活するためには6万7千円以内で何とか生きていく必要があります。

家賃がかかるとなってきたなら一気にこの金額は怪しくなってくるでしょう。

一人暮らしで電気ガス水道と言った最低限のライフラインの維持はそれだけで1万円以上はかかるのが妥当と言われていますので家賃が5万円だとしたらそれだけで使えるお金はなくなります。

では持ち家を持っていなくては無理なのか?

やはり15万円では厳しいのではないか?

そんな事はありません。

たしかにこんな事ではどうやっても生きてはいけないように思えますが、

一人では無理でも誰かと共同で住むことでこの問題は実は解決することが出来ます。

例えば家賃が5万円でも2人割ったら2万5千円。

最低限のライフライン確保も倍にまではなりませんので2人で総額3万円かかるとしても2人で割ると1万5千円。

こうして考えてみるとなんと残りは2万7000円残る計算で、平均毎週5千円以上使えるという状態にまで一気になることが出来ました。

別にここでは共同生活をすると言う方法を例に挙げましたがそれに拘る必要は勿論ありません。

何らかの方法で家賃とライフラインの金額を節約したり、

なくしたりして4万円までにできるというのなら15万円で100万円と言うお金を貯めつつ毎週5千円ほどでの生活が出来るようになるというだけの話。

なので最初に家賃やライフラインを4万円にまで押さえるようにする方法を手に入れるのが先決であると言えるのかもしれませんが、

理論的に考えるなら最低でも15万円のお金を毎月稼ぐことができるというなら100万円と言うお金を1年間で作ることは可能であるという事が言えるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2