「銀行口座は最低4つ持て」お金の意識を変える4つの賢い口座運用法


銀行の口座いくつお持ちですか?

今の時代自分で働いていてお金を稼いでいるのに一つも銀行口座をお持ちではない人はいないと言えるでしょう。

銀行口座を持つことなく給料がもらえる仕事の方が圧倒的に少ない訳ですから当然と言えば当然ですね。

しかしそんな銀行の口座と言うものを皆様いくつお持ちですか?

一つしかもっていないという人もいれば5つ以上お持ちと言う方もいるでしょう。

仕事の都合でいくつも銀行の口座を作ったと言う方もいるでしょうし、

メガバンクと言われる三菱東京UFJ銀行とか三井住友銀行だけと言う方もいれば、

インターネットビジネスで生計を立てている人の中にはインターネットバンキングのみと言う方もいらっしゃることでしょう。

マイナス金利の影響と噂もあってむしろ銀行口座からの資金引き上げをしだした人もいるでしょう。

しかし資産運用や節約と言うものをして自分のお金の有効利用を少しでも効率的効果的にしないと老後が危ういと言う今の世の中においては銀行口座を持たなかったり、

1つしか持たないよりもいくつか持っていたほうがいいと言えます。

まただからといっていくつも銀行口座を作ればいいのかという事もありません。

ではいくつ口座を作りどういう風にそれを使っていくことが賢い銀行口座の使い方であると言えるのでしょうか?

その疑問に対する答えの一つが、本記事でお勧めする最低4つの銀行口座をそれぞれ目的別に扱うことです。

より正確に言うのであれば、1つの家庭で2つ、個人で2つと言うのをオススメします。

それは一体何故なのか、どうしてその形での銀行口座を持つことが賢い銀行口座の運用法となるのか、

そうしたことを以下の文章では詳しく説明させていただきます。

銀行口座の使い方で今よりも資産運用がうまく行くなら試して見たいと思いませんか?

第一の口座、給料受け取り用銀行口座

まず最初にどうしても必要となる銀行口座は給料の受け取り用の口座。

言葉を変えるのであるならば、収入が入ってくる専用の口座と言った方がいいかもしれません。

更に言うならこの銀行口座は基本お金が入ってくるだけにして、この口座からお金が減るときは自分の意思で引き出したときのみにするのが重要です。

まずこの銀行口座の必要性として言えることは最初の方でも触れたように、基本的に銀行の講座を通さずにお金をもらうことのできる仕事と言うのが殆どないことが言えます。

収入を受け取るための口座であるためにこれなくして一定以上のお金を手に入れるのは現代の日本においてあまり現実的な話ではないでしょう。

そしてこの口座の必要性2つ目として言えることは、自分が何をしていくらもらっているのかと言う現状をしっかりと認識することです。

お金と言うのは言ってしまうならその人がやってきたことへの価値を数値化したものであるという事ができます。

ちょっとしか成果がない人は少ないお金を、大きな成果を上げた人には大きな成果を。

とても当たり前の事ですが、成果の大きさと言うのは社会で評価されて初めて分かるものであり、

もらえるお金の金額は自分がしている事への評価であるという事が出来ます。

勿論これだけがお金をもらえる基準になるかと言うとそんな事はない訳ですが、

基本的に自分がやっている事がいくらのお金をもらえるかを知って、

自分が今のままで言いのかどうかを考えなくては仕事をしている意味や仕事をするモチベーションを維持すると言うのはとても大変。

引き落としも入金も全て同じ口座からとなると、自分が働いて得ることができたお金が勝手に増えて、

勝手に減ることになるわけであり、自分の評価、自分のしたことの価値をイマイチ感じることが出来なくなっていきます。

そのために自分のもらえるお金をより意識するために収入が入ってくるだけの講座と言うものを作ったほうが良いのです。

勿論どこの銀行口座が良いという事はこの記事では触れません。

例えばメガバンクだけだとインターネットビジネスを主流としてやっている人は手数料で損をする事も多いですし、

自分の収入の主軸となるビジネスに合わせた銀行口座をそれぞれ作ったほうが良いといえるからです。

そもそも給料を貰うため、そして自分の貰ったお金をしっかりと意識するためにまずは給料受け取り用の講座と言うものを作りましょう。

コレはもちろん個人で収入をえる人の数だけ過程にあった方が良いものです。

第二の口座、支払い引き落とし用銀行口座

続いて本記事で作ることをオススメする銀行口座は支払い引き落とし用銀行口座、

加えて言うならこの口座は出来れば1つに絞ったほうが好ましいです。

現代においてライフラインは銀行からの引き落としでの支払いと言うシステムをとっている企業の方が多いわけで、

現金を手渡ししてのやり取りをするよりも圧倒的に便利であるため、この口座があった方がいいです。

そして大体の企業ではこの銀行引き落としの方が僅かながらも支払う金額が安くなると言うのもまた必要なところであると言えます。

この支払い専用口座を作ったほうが良い理由は先程の給料受け取り専用口座のところで書いた自分の貰ったお金と支払うお金を別々に意識する為でもあります。

とても良く、お金が欲しいなら節約節約と言う言葉を耳にしますが節約するにしたってそもそも既に節約する余地がなければしようがない訳です。

更に「自分の給料で足りた」と言う事実のみで終わってしまうとそれが支払う金額が多かったのか少なかったのかをイマイチ確認しないで終わらせてしまう要因にもなるのです。

毎回わざわざ支払い専用口座を持っておけばそこに入金する操作をするときに自分が支払うべきお金が多いのか少ないのかがより鮮明に感じれますし、

何よりここに余計にお金をいれておかないことで使いすぎという事への抑止力の一つとなってくれます。

当然クレジットカードはこの口座と連動させておくほうがいいです。

目的別にクレジットカードを使い分けると言う節約術と言うかお金の稼ぎ方もない訳ではないですが、

1つにまとめてポイントを貯めた方がポイント利用期限や一回で切捨てされるポイントにならない金額を減らすこともできるので最終的にお得になるという事もあります。

出来たら一つにしておいたほうが良いのですが、

どうしても特定の引き落としや支払い専用にした方が良い場合の出費があると言う人であれば、いくつかあってもいいかもしれません。

しかしその場合でも2つ以上作るのであれば必ずと言っていいほど管理できなかったり、ポイントにならない切捨てされる桁の金額と、ポイントの利用期限での足きりにあって損をしますのでそこは注意しておいて下さい。

利便性と、自分が支払うお金をしっかりと考えるためにも支払い引き落とし用銀行口座と言うものを作りましょう。

細かい明細が見られるようにして、家庭で一本化した方が皆で支払いについて話し合う機会も出来ますし、ポイントもまとめてたまるのでオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2