毎日ポイントGET!クレジットカードを賢く使うための5つの知識

shutterstock_221669455

クレジットカードの賢い使いたか

お金の話題になると、「クレジットカードは使わないほうがいい」というような趣旨の話をよく見かけます。

ですが、本当にクレジットカードは悪いものなのでしょうか?

クレジットカードの使い方について、正しい知識を持つことが大切なのです。

1.クレジットカードは信用そのものである

まず、クレジットカードを持てるということは、その人自身に信用があるということになります。

クレジットカードを作るには、審査があります。

この審査では、自分の年収や勤続年数、過去の借金などの履歴から「その人が信用できる人物かどうか」ということを判断されます。

信用できるかどうか、というのは、クレジットカードで買い物をしても、きちんと支払いができるかどうか、ということです。

カード払いが一般的になりつつある今、カードは万能だと思っている人も少なくありません。

ですが、使いすぎてしまえば支払いができなくなり、その分が負債として残ってしまうので、決して万能なものではないのです。

とはいえ、使い方次第ではとても便利なものが、クレジットカードです。

クレジットカードを使うときには、きちんと支払いが出来ることを信用されているのだと思って、計画的に使っていくことが大切です。

2.カードの支払いは一括払いのみにする

さて、では実際にクレジットカードを使うときの使い方について、紹介したいと思います。

まず最初に大切なのは、カードの支払いの方法です。

クレジットカードの支払いの方法には「一括払い」「分割払い」「リボ払い」の3つがあります。

一括はそのまま、次の月に使った分の支払いを行います。

分割は回数が決まっていて、リボ払いは毎月同じ金額ずつ支払いをしていきます。

一見すると分割やリボ払いの方が支払いが楽に思えますが、分割やリボ払いにすると、利息がかかります。

利息分を多く払わなければいけないので、結果的に出費が多くなってしまうのです。

これではクレジットカードを使うメリットがないので、クレジットカードの支払いは一括払いを選択するようにしましょう。

一括払いの場合、使った金額をそのまま翌月か翌々月に支払わなければいけないので、使いすぎてしまえば支払いが出来なくなってしまいます。

つまり、使いすぎないように気をつけることも大切なのです。

3.クレジットカードの支払い専用口座を作っておく

クレジットカードを使うときには、支払い用の専用の口座を作ることも1つのポイントです。

ついついカードを使いすぎてしまうという人はたくさんいます。

そのせいで、一括払いができなくて、分割払いにしたり、リボ払いにしたりしている人もいます。

ですが、余計な利息がかからない分、一括払いはトータルの金額が安くなるので、クレジットカードを使うときには一括払いの方がいいのです。

さて、一括払いでクレジットカードを使ったら、普段使っている口座から、その分の現金を支払い専用口座に振り込んでおきましょう。

ネットバンクなどであれば、携帯からすぐに利用することもできます。

こうしておくことで、使いすぎてしまう心配もなく、支払い忘れや支払い不能になることもありません。

クレジットカードは使っていても、ほぼ現金払いと同じ扱いになっているので、使った金額も分かりやすいというメリットもあります。

4.キャッシングは絶対に使わない

クレジットカードには、キャッシング枠というものがあります。

キャッシング枠は、クレジットカードを作るときに任意で付けられる機能で、その名の通り、現金をキャッシングできるクレジットカードということになります。

キャッシングの分というのは、通常のキャッシング専用のカードのように、利息がかかります。

クレジットカードのキャッシング枠の利息は高いので、その分だけでも多く支払いをしなければいけなくなってしまいます。

また、キャッシングとして使った分も、クレジットカードの利用限度額から引かれてしまうので、いざと言うときにカードを利用できないということになってしまうのです。

そうなってしまえば、カード払いもすることができないので、日常的に不便なことが多くなってしまうでしょう。

クレジットカードを利用するときには、キャッシング枠を使わず、カードでの支払いだけをメインに使いましょう。

5.普段現金で払っているものだけをカード払いにする

一括払いをしたり、支払いをきちんと行うためには、1ヶ月で使う金額をしっかり把握しておかなければいけません。

クレジットカードだからといって、高いものばかりを買ってしまうのは、間違ったクレジットカードの使い方です。

では、どうしたらいいのか?というと、「普段現金で買っているものをクレジットカード払いにする」という方法です。

普段、現金で買い物をしているものには、食品や衣料品、日用雑貨など、様々なものがあると思います。

これらを買うお金というのは、特別な出費がない限り、毎月決まった金額になっていると言う家庭が多いのではないでしょうか。

その支払いだけを現金からカード払いにすることで、ポイントを貯めることもできて、よりお得にカードを使うことが出来るのです。

クレジットカードでの支払いをするときには、普段現金で支払いをしているものだけを変更するようにしましょう。

クレジットカードを使うときには、いくつかの注意点があります。

ですが、その注意点さえ守っていれば、クレジットカードは悪いものではありません。

クレジットカードを使うときには、正しい使い方を知って、有効に使っていくことが大切なのです。

まとめ

1.クレジットカードは信用そのものである 2.カードの支払いは一括払いのみにする 3.クレジットカードの支払い専用口座を作っておく 4.キャッシングは絶対に使わない 5.普段現金で払っているものだけをカード払いにする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

毎日ポイントGET!クレジットカードを賢く使うための5つの知識
Reader Rating 0 Votes