お金持ちが車を買う時に行っているセンスのよい支払い方とは?

皆さん車の購入は検討していますか?

バブル期も終え、若者の車離れが叫ばれる昨今…。
給料も上がらないので、先の見通しが立たず、昔みたいに身の丈に合わないローンを組む勇気も無い…。
低成長時代に突入した日本はそんな暗い雰囲気に包まれています。
しかし企業はなんとか若者に車を買って貰おうと、頭を抱えて四苦八苦をしています。
車が欲しい!となった時、覚えて欲しい車の購入時に知っておきたい知識をご紹介致します。

1.やっぱりローンは組むべき?

最近になって車の価格は値下がりしていますが、それでもやっぱり車は「高級品」に扱われるのでは無いでしょうか。
そんな高級品に役に立つのが「ローン」という存在。
手数料は掛かりますが、毎月定額の分割支払いをする事ができます。

しかしローンを組む事は果たして得なのでしょうか?
自動車は当然、自動車本体以外に保険や税金等の「維持費」が掛かりますね。
普通車だとしても平均的に年間で50~60万掛かると言われています。
ローンを組んだとしたらこれにプラス自動車本体の価格+手数料が毎月掛かってきます。

果たしてこの金額に見合うだけの価値は車にあるのか…という所が問題になると思います。
車は消耗品なので乗った瞬間から中古になります。
なのでローンを組む際はそういった事も意識をして組むべきですね。

2.「買う」から「借りる」に?

皆さん自動車リースというのはご存知ですか?
最近自動車リース業界が台頭してきており、一ヶ月わずか¥20,000で借りられる…なんて所もあります。

しかしこのリース、実は「買取」も出来るというのはご存知でしょうか?
何年かリース契約をし、契約満期と同時に乗っていた自動車を貰う…なんて事ができるんです。
しかもサービスが満点でなんと車検まで肩代わりしてくれたり、リースなので頭金の支払いが無い…などといったメリットが盛りだくさん。
さらに車種も選び放題で、オプションも自由に付けられる…そんな夢のような支払い方法があります。

このサービスのすごい所は「乗り換え」が可能な事。
例えば一番初めにリースした車から、契約途中で別の車に乗り換えた場合
支払いはそのまま引き継ぎ出来るというサービスがあります。

ローンを組む方は是非リースも考えてみては如何でしょうか?
手の届かなかった車も、もしかしたらリースを利用する事で手に入るかもしれません!

3.やはり現金払いが一番?

ローンや手数料の事を考えるとやはり、現金払いの方が賢明のようですね。
しかし現金一括でお金を払うだけではお得感がありません。
逆に一括で払うことにより、損をする事があるようです。

どういうことでしょうか?
実は「支払額」は現金一括が安いのですが、ローンを組む事によって値引き交渉がしやすいみたいですね。
ローンを組むと店側にもメリットがあるので、ディーラー次第で値引きが受け入れやすくなります。
さらにディーラー系のローンだと、販売会社にも多くのマージンが入る為、オプション等を付けて貰える可能性が高いようです。

ローンを組む事によって発生する手数料と、オプションのどっちがリターンがあるかしっかり見比べてみましょう!

4. 意外と知られてい無い「自動車保険」の支払い方法

皆さん自動車保険は高い!と思った事はありませんか?
何年かに一度来る多額な請求…考えるだけで頭が痛いですね。
しかしこの自動車保険を分割で支払える事はご存知でしょうか。
おそらく皆さんは一括で支払っている人がほとんどだと思います。
若い方は年齢的なリスクから割増もあり、保険料が高めに設定されていますので一括で支払うのは大きな負担です。

しかしこの保険料は、分割払いによって月々の支払いで返済する事が可能です。
気をつけて欲しいのはこの分割払いは手数料が掛かる事。
しかも支払い方によって手数料が変わります。

保険会社に対して分割払いをする場合は一律手数料5%ですが、
クレジットカード会社を通して支払いをする場合はそのカード会社によってまちまちです。
大体7~8%と割高に設定されていますが、ポイント等の関係から保険会社とどっちの支払いがよいか、しっかり対比する必要があります。

なのでしっかりと手数料にいくら取られるのかを計算してから、分割払いをする事が重要ですね。

まとめ

自動車のような大きな買い物には様々な支払い方法があります。
車を買うときは金額の大きさではなく、オプション等を考える必要がありますね。
支払い方法を変える事によって、ちょっと贅沢な車も買えるかもしれません。

編集後記

若者の車離れと言われて久しいですが、企業もなんとか若者に車を買ってもらおうと、様々な努力をしているのですね。
車を購入するのは何も販売会社だけではなく、リース会社でもある事は初耳だったんではないでしょうか。
自分の資金力と合わせて、損をしない支払いをしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!