お金に困らない!正しい金銭感覚を身に付けるための5つの方法

shutterstock_248425678

お金がない人は、金銭感覚が身についてない人がほとんどです。

正しい金銭感覚を身に付ければ、お金を貯めることも、お金に困らない生活をすることも出来ます。
正しい金銭感覚を身に付けるためには、どのようにしたらいいのでしょうか?

1.自分のお金だけで生活してみる

まず、金銭感覚を身に付けるためには、自分のお金だけで生活してみることが一番です。
例えば、親と暮らしている人、実家暮らしの社会人というのは、今は少なくありません。
でも、実家暮らしの場合、家にいくらかお金を入れれば、後は全部自分のお小遣いになってしまうので、あまり金銭感覚が身につきません。
なので、社会人になったらなるべく、一人暮らしをしてみることをオススメします。
一人暮らしをしてみると、食費や光熱費、家賃などたくさんの費用を自分の給料から負担しなければいけなくなります。
そうすると、無駄遣いをすれば何かが払えなくなってしまうので、お金の使い方に慎重になる人も多いのではないでしょうか?
自分のお金だけで生活してみるというのは、給料の中から全ての支出を払って、なおかつ生活をしていかなければいけないということなのです。
これをやれば、確実に金銭感覚は身につきます。

2.使い道をきちんと把握する

さて、あなたは自分の支出について、どのくらい把握しているでしょうか?
家賃や光熱費などはきちんと金額を覚えていますか?
携帯代、食費など、多少の流動がある費用はどのくらいでしたか?
では、今月使った交際費はいくらですか?
この費用を全て答えられる人は、きちんとお金の管理が出来ている人です。
でも、答えられない人は、お金の管理が出来ていないのかもしれません。
自分の支出を知るということは、きちんとお金を管理するということです。
交際費などが多ければ、その分、他の費用を削ることになってしまいます。
ご飯を食べなかったり、家賃の支払いが遅れてしまったりすることは、いいことではありません。
お金の使い道をしっかり把握して、支出を管理することは、金銭感覚を身に付けることと同じです。
自分の支出を把握できていない人は、今からでも支出の管理を始めましょう。

3.周りにいる人のお金の使い方を参考にする

あなたの周りには、どのようなお金の使い方をしている人がいますか?
自分と同じくらいの給料なのに、遊び歩いてしまって、給料日前にお金がないと言っている人もいると思います。
でも、毎日きちんと節約をしていて、給料日後でも給料日前でも、同じ生活を遅れている人もいると思います。
参考にする人は、何もいい人ばかりでなくてもいいのです。
大体の人は「いつも同じ生活をして、お金がない状態になりたくない」と思うのではないでしょうか?
すると、真似をするべきなのは「毎日節約をしながら、同じ生活を送る人」です。
でも、悪い例の参考として「遊び歩いている人」も見ておくといいかもしれません。
良い例ばかりを見てみると、自分も出来るかもしれないと思ってしまうのです。
ですが、悪い例を知っておくと自分を戒めることが出来ます。
周りの人を参考にすることも、金銭感覚を身に付けるためには必要なことです。

4.将来を想像してみる

例えば、将来どんな暮らしをしたいか、想像してみてください。
それには、いくらぐらいのお金が必要で、どれだけの年数かかるか、考えてみましょう。
一般的に、苦労しない生活を送るためには、25万円~30万円必要だといわれています。
定年退職後の老後、死ぬまでに必要なのは数千万円とも言われる時代です。
もちろん年金はありますが、今の時代、年金に期待する人は極わずかでしょう。
老後は趣味のために遊びたい、と思っている人なら、毎月30万円あっても足りないかもしれません。
さて、年金収入しかなくなってしまった老後、毎月30万円の支出をどうやって維持していきますか?
将来を考えることは、今から将来に備えるためにも必要なことになります。
将来に備えるためには、今から浪費をしてしまってはいけないと思いなおすこともあるはずです。
金銭感覚を身に付けると、将来に備えることも出来るようになるのです。

5.セミナーに参加してみる

とはいえ、自分だけで金銭感覚を身に付けようとするのは少々難しいこともあります。
そんなときには、専門家に直接指導してもらえばいいのです。
正しい金銭感覚というのは、人によって違ってきます。
ですが、大まかなレールというのはあるものなので、セミナーなどでお金の使い方を勉強してみるといいでしょう。
お金の勉強というのは、学校ではしないものです。
社会人になって、始めて自分のお金を手にして、その段階で失敗してしまう人もたくさんいます。
そうならないためにも、お金の勉強をすることは大切なのです。
セミナーなどでは、お金の勉強をしたい人がたくさんいます。
そこで専門家が、大まかなお金の使い方のレールを教えてくれるので、それを自分の生活、ライフスタイルに合わせて変えていけばいいのです。
こうすることで、正しい金銭感覚を知ることも出来ます。

まとめ

1.自分のお金だけで生活してみる
2.使い道をきちんと把握する
3.周りにいる人のお金の使い方を参考にする
4.将来を想像してみる
5.セミナーに参加してみる

編集後記

金銭感覚というのは、勝手に身に付くものではありません。
いろんな失敗をして、経験をして身に付けていくものです。
今、お金がない生活をしている人は、正しい金銭感覚を持っているか、もう一度確認してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!