子育てにかかるお金を節約する5つの方法「収支のバランスが鍵!」

shutterstock_269113436

子どもにかかるお金というのは、あっという間に増えていってしまうもの。

気がついたら大きな出費になってしまう事もあります。
そこで、しっかり出費を抑えて節約していく事が大切です。では、うまく節約するためには何に気をつければ良いのでしょうか。

1.新しい物を購入する時はお金と相談する

新しい物を購入する時はお金と相談するようにしましょう。大人になると、質の良い物なら数年着用する事が出来ます。しかし、子どもの成長というのは本当にあっという間なのです。例えば、購入したばかりの洋服がすぐにきつくなってしまうというのは成長期ならば当たり前に起こる事ですよね。
そこで、リサイクルショップをうまく活用してみましょう。子どもの洋服というのは成長が早いだけではありません。汚してしまう事も多いのです。せっかく新しい服を購入したのに洗濯では落ちないような汚れが付いてしまうと本当にショックですよね。
しかし、リサイクルショップなら安いというだけではなく、正直気兼ねなく使う事が出来るのです。これは、子育て中の親御さんにとってはストレスの軽減になるでしょう。もし綺麗ならまた売れば良いですし、駄目になったなら捨ててしまえば良いので悩む事がありません。

2.周りの子育て家庭と連携する

子どもにかかるお金を減らすには、周りの子育て家庭と連携する必要もあるでしょう。例えば、少し年上の子どもがいるご家庭からはお下がりが貰える可能性も。また、ベビーカーなど貸してもらえる場合もあります。中には子育てサークルの中でこうした子育てアイテムの貸し借りをうまく回しているところもありますね。
もちろん、自分だけがお世話になるという気持ちではうまくいきません。自分自身も使わなくなった物があったらお下がりに出すなど、協力し合う事が一番大切なのです。
また、あまり提供出来る物が無いという時にはたまに面倒を見てあげたり、自分の出来る事で協力し合うのが大切ですね。時にはお菓子を用意しても良いですね。うまく連携が出来ていれば、かなり得する機会が多いのですから受け取ったものはしっかり返していきましょう。

3.習い事はお金と相談する

習い事はお金と相談するようにしましょう。確かに年々習い事をする子どもは増えてきています。中には本当に早い頃から複数の習い事を続けているという子もいますね。周りがしているからこそうちの子も、と思ってしまいがちなのですが、皆さん実はかなり苦労して通わせているというご家庭が多いのです。
習い事はその分のお金だけではなく送り迎えをする交通費や、必要になる物があればまた経費がかかってしまいます。更に、その後に皆さんでお茶をしたりと交流する機会があれば余計にお金がかかってしまいますね。
子どものやりたいという気持ちは大切です。しかし、何でも受け入れていてはお金の問題も出てきてしまいます。どれをやらせるべきなのか、お金と相談する事はもちろんですが、本人の意欲や適正などを見てしっかり考える必要がありますね。

4.お小遣いは制度を考える

子どもにかかるお金の中で、ある意味一番考えなければならないと言われているのが実はお小遣いなのです。これは、子どもの頃から金銭感覚を養う事が本当に大切な事だからですね。習い事をして何かを身につけるというのも素晴らしい事なのですが、それだけではなくて、子どもの内に養っておかなければならない事を優先する必要もあるでしょう。
例えば、お小遣いもあげすぎてしまうのは少々危険です。それよりも、子どもの頃からどうすればやりくりが出来るのかをうまく覚えさせておきたいですね。お小遣いにするのではなく、お手伝い制にしても良いでしょう。
もちろん、こういう制度にすればお金の面でも楽になります。周りの子ども達と合わせるのも大切ですが、子どもの内に養っておくべき面は親としてしっかり考えておかなければならないでしょう。実際に金銭感覚のしっかりしている人というのは子どもの頃からしっかり決められているご家庭が多いので、最低限毎月のお小遣いでやりくりできるようにするのは必須ですね。

5.一部のお金を節約する

子どもにかかるお金を節約する、といっても全てを節約する必要はありません。まずは頭の中でお金の事を整理してみましょう。例えば、可愛い新品の洋服を着させたい、という事であれば他の事を節約すれば良いのです。どの親御さんにも譲れないポイントは必ずありますよね。そこはしっかり守って大丈夫なのです。
しかし、子どもの為に親が色々な事を犠牲にしてしまうというのは少々考えもの。例えば、子どもに複数の習い事をさせる為に食費を削り、旦那様の体型ががくっと変わってしまったなんて笑えない話もあります。
子どもにかかるお金というのは、ついついバランスが崩れてしまいがち。節約しすぎてしまったり、逆にその為に他の事を犠牲にしすぎてしまったり。幸せで安定している家庭を作る事を優先にしたいですね。

まとめ

1.新しい物を購入する時はお金と相談する
2.周りの子育て家庭と連携する
3.習い事はお金と相談する
4.お小遣いは制度を考える
5.一部のお金を節約する

編集後記

子どもにかかるお金というのはどこのご家庭でも悩みの1つ。子どもが健やかに育つという事が最も大切な点です。上手くバランスを取ってお金について考えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!