お金がないときは乗り越し精算をうまく使ってお得に旅を楽しもう

shutterstock_106428083

都市を経由する場合は周遊きっぷと乗り越し精算で

まず、筆者が大学生の時、北陸本線の福井から大阪府の高槻まで特急「雷鳥」を使って行こうとして、みどりの窓口できっぷを買おうとしました。

すると、親切な販売員さんは、京都市内フリーきっぷ(確かそんなネーミングだったかな)で行って、高槻で乗り越し精算した方が安くなると教えてくれたのを覚えています。

今はそれにあたるきっぷがあるかどうかはわかりませんが、確かに高槻に行くには、特急列車は京都で降りてその後は普通列車または新快速で高槻に行くことになりますので、それが使えることになります。

東海道本線では、山科から西大路までの間が京都市になりますので、京都市内ということであれば、高槻に行くなら実質的に乗り越しは、西大路から高槻までの間が乗り越し対象になるわけです。

高槻自体は、大阪府といっても京都府寄りになります。

JR東ではこんな事例もあり

こんな事例がありました。というのも、金券ショップできっぷを買った時に、乗車券部分が長野~東京都区内となっているところを見たのがきっかけです。

金券ショップの場合は、6枚つづりの回数券を買い取ったものが、駅で正規で乗車券と特急券を買うよりも安い値段で売られています。

まずは、金券ショップでお得にきっぷを買った場合ではなく、普通の方法で買った場合について考えてみましょう。

長野から横浜に行く場合、普通は、長野から東京までは北陸新幹線(長野新幹線)、東京から横浜までは東海道本線を使うことになります。

この場合、長野から横浜までの運賃が4430円と、長野から東京までの新幹線の自由席特急料金3680円と合わせて8110円となります。

ちなみに、指定席の場合は520円(通常期)を上乗せするだけです。

しかし、どうせ東京から横浜までは普通列車もしくは快速列車で、乗車券のみなわけですから、長野できっぷを買う時は、あえて東京までにしておきましょう。

すると、乗車券は、長野から東京都区内までとなりますから、都内で最も横浜寄りの駅は蒲田になるわけです。

よって、新幹線特急料金は長野~東京間となりますが、乗車券は長野~東京都区内となりますのでその乗車券で蒲田まで行けるわけです。

長野~東京都区内の運賃は4000円です。したがって、乗り越し対象区間は蒲田~横浜となります。

蒲田~横浜間の運賃は220円なので、長野~東京間の自由席特急券3680円と、長野~東京都区内の運賃4000円と、蒲田~横浜間の運賃220円を足し合わせて7900円と、長野~横浜で買うよりも210円もお得になります。

また、SuicaやPASMOといったICカードを持っていてチャージがあれば横浜駅での精算時にICカードを使うことも出来ます。

この場合、チャージ額から216円が引かれます。

この方法は、前もって東京~長野間の新幹線回数券を金券ショップで買ってあって、
たまたま長野に行く前に関内(根岸線)で用事があり、その後、長野へ向かおうとして関内駅のみどりの窓口で座席に指定を受ける時に東京までの間はどうしたらいいかを聞いたら、
乗車券は都区内なのでまずは蒲田までのきっぷを買って長野で改札を出る時に一緒に改札を通して下さいと教えてもらったことで知りました。

上野東京ライン開通で更にお得に!

長らく、東海道本線から東京以遠に行く場合は一度東京で降りて、東京から上野まで山手線または京浜東北線で行き、それから東北本線または高崎線で大宮方面に行く必要がありました。

或いは、そんな乗り換えが嫌なら、横浜から大宮までは湘南新宿ラインで高崎線または宇都宮線方面へ行く電車に乗る必要がありました。

しかし、上野東京ラインが通ったことで、東北新幹線や上越新幹線、北陸新幹線から東京を通って横浜方面に行く場合でも新幹線を降りる駅は選択肢が3つ得られるようになりました。

それは、大宮、上野、東京のいずれで普通列車に乗り換えても横浜まで乗り換えが不要になったことです。
そこで、長野から横浜まで行く場合でも乗車券は先に書いた、長野~東京都区内までとしておいて、蒲田から横浜まで乗り越し精算とする場合で考えてみましょう。

その場合、乗車券は、長野~東京都区内まで4000円と、蒲田~横浜間の乗り越し精算分220円を足し合わせて4220円としておきます。

まずは、東京まで新幹線なら特急料金は先に書いた3680円になりますね? 上野で新幹線を降りれば、上野~東京では210円の差になるので、3470円となります。

そして、大宮で新幹線を降りるなら長野~大宮間の自由席特急料金は2590円と、1090円も安くなります。
そう、大宮で在来線に乗り換えれば、その差額でお弁当が買えてしまう程安くなるんです。

しかも、上野東京ラインが通ったおかげで、大宮から横浜に行く場合でも、上野から横浜に行く場合でも在来線内で乗り換えが不要となる上に、所要時間も大差ありません。

また、所要時間に大差がない理由は、他にもあります。

それは、新幹線であっても、大宮~東京までの間は、時速110キロしか出さない為、新幹線でも25分もかかります。

在来線の普通列車でも33分と、8分しか違わないというところです。
ちなみに、在来線もこの区間の最高速度は同じくらいです。

ましてや、上野~東京間は、新幹線でも上野東京ラインでも所要時間は5分です。

また、新幹線で東京まで行った場合でも、東京で乗り換える時間を考えればそれを足し合わせてもさほど時間は違わないと考えられるのではないでしょうか?

その上、北陸新幹線だけでなく、東北新幹線も上越新幹線も大宮駅は全ての新幹線が停車しますし、上野もほとんどは停車しますので、東京まで行くだけが全てではないことも面白い点でしょう。

こうやって、少しでも安く快適に旅する技も楽しんでいきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!