親も一緒に子供の夢を探そう「我が子のやりたいことを応援するお金の使い方」

shutterstock_101792287

子供の教育は家庭から

子供がいる方はやっぱりいい学校に進学してほしいという願望がありますよね。あるいは楽器やスポーツなどの習い事に行かせて、その道のプロになって欲しいという想いを持つ方もいるかもしれません。子供がやりたいことをやるのが一番なんですけど、それを探すために習い事を次から次へと増やしていく親もいるみたいです。でも、塾や習い事に行かせるのにはお金がかかるし、実際に行かせても本当にものになってるのかは親からはよく分りません。ただ、親の興味があることを無理やりやらせているだけのことに大金を費やす前にもっとやるべきことがあるんじゃないでしょうか。何より、子供をそのつもりにさせることができなければお金を捨てているのと変わりません。

ちょっと私の昔話を

ちょっと個人的な昔話になってしまいますが、私の父はとても厳格でした。本人は高校時代に県の模試でトップ10に入るぐらいで、私が勉強していて分らないことは聞けば何でも教えてくれました。かといって、義務教育以降は父から勉強をしろと言われたことはありませんでした。そのかわり小さい頃から大学に入るまで一貫して、将来なにがしたいのかは考えておけと言われてきました。その時々の将来の夢を子供ながらに真剣に考えたものです。もちろん知識も経験も不十分な状態でみている目標は新しい知識を得たり、経験をすることでどんどん変わっていきました。でもその時点で目標を持っていたことは、何かに真剣に取り組む動機づけになっていました。親が自分の道を強制することはありませんでしたし、自分のやりたい道を常に自分で見据えるように言われていたことが自分の経歴を作る上で重要だったと思います。

親は子供が何をしたいかがわかってる?

親が子供に対してしてやることで一番大事なのは子供と話をすることじゃないでしょうか。例えば単に「勉強しなさい」というだけでは子供は勉強なんかしません。これは習い事も一緒です。親からやるように言いつけられれば結構な数の子供は勉強するし、習い事にも行くんですよね。でもそれってかわいそうなことだと思うんです。皆さんは大人になった今、面白くもないしやる意味が分からないことって必死に取り組みますか。ほとんどの人はやらないですよね。それは子供も一緒なんです。勉強が無駄になることはないというのはみんなが言うことですが、じゃあ何の役に立つのかと聞かれると答えられる大人ってほとんどいないんですよね。それは役に立つかどうかなんて、人それぞれ将来何になるかで変わるからなんです。せいぜいいい高校・大学に行って、いいところに就職するためだとかその程度です。それでは子供がいい会社に就職することに魅力を感じなかったら、その時点で勉強をするモチベーションなんて生まれなくなるんです。何より親子で頻繁にしっかりとしたコミュニケーションを取ることはお金をかける以上に価値があるものです。

夢のための道を一緒に考えよう

親心としては子供がいいところに就職すれば安心するものですが、本人がやりたいことをやらせてやりたいという想いもあるでしょう。何がしたいかは子供自身が見つけるしかないというのが、勉強とか練習しろと言うしかできない親が多くなってしまう原因じゃないかと私は考えています。でもそれじゃ子供は勉強しないし練習もしないんです。ならば、やるべきことは子供が将来何をしたいのかを一緒に探してやることじゃないでしょうか。テレビや本など色々なものを子供に見せて、それについて親子で話をしましょう。時には外にレジャーに行くこともいいでしょう。そうした経験をさせて感想を聞いたりするんです。本当に興味を持っていれば、将来○○がしたいのかと聞いてみます。そんな親子の会話を重ねることで何に興味があって、何になりたがっているのかがだんだん分ってくるんです。子供がやりたいかどうかも分らず「やってみたら面白いかもしれない」という親の押し付けで、ものになるわけがないのに無駄にお金を使うこともありません。子供の夢が分ってきたら、それになるために必要なことが何かを一緒に考えましょう。それが子供が勉強なり練習をする一番の動機付けになるんです。

その時子供がやりたいと思ったことを大事に!

親子で一緒にここまで考えることができれば、それに向けて一緒に頑張るだけです。もちろん途中でやりたいことが変わるかもしれませんが、それまでの努力が全くの無駄になるということはまずありません。むしろ、その努力があったから新しい道を見つけることができたと歓迎するべきです。その瞬間に子供がやりたいと思ったことを大事にして、一緒に頑張るのです。そして、変わってしまってもしっかりと受け止めてやりましょう。

子供がやりたくないことにお金を使うのは避けよう

親が子供の幸せを望むのは当然なんですけど、どうもその気持ちだけが空回りしてお金を無駄にしている場合が多いように思うんです。でも本当に大事なのは子供が何をしたいのかを一緒に探してやることだと思います。そして、それはいくつも習い事に行かせるよりもずっとお金はかからないことなんです。お金をかけるとどこか安心してしまうのも人間の性なのかも知れませんが、それでは子供の身にはなりませんよね。まずはお金の前に時間をかけて子供と向き合いましょう。それが子供が本当に幸せをつかむための第一歩ではないでしょうか。

まとめ

「親がやらせたいこと」にお金をつぎ込んだ時点で安心して、子供を見る目が曇ってしまう人って結構多いんじゃないでしょうか。本当に子供のためになるのが何かを真剣に一緒に考えるというのを、親本位ではなく子供本位で考えるのが子供の幸せへの一番の近道のような気がします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!