お金がない時のとっておきレシピ!スパゲッティで食費節約術

shutterstock_217294291

スパゲッティのコストパフォーマンスは圧倒的

炭水化物抜きダイエットってありますよね。

炭水化物さえ食べなければ、他は普通に食べてもどんどん痩せていくっていうやつです。

逆に言えば、人間にとって体を維持するのにそれだけ大事なものだってことです。

ダイエットをしているわけでは無ければ絶対に欠かすことができない炭水化物ですが、そこの出費を減らせば相当な節約になりますよね。

カロリーベースでコストパフォーマンスを計算してみた

いろいろある炭水化物でコストパフォーマンスがいい物ってなんだか知ってますか。

主な炭水化物の食材には白米、小麦粉、スパゲッティがあります。

この3つを比べてみましょう。

まずは100g当たりのカロリーを見てみましょう。(簡単!栄養andカロリー計算より)

  • 白米:356kcal
  • 小麦粉:368kcal
  • スパゲッティ:378kcal

全て乾燥状態でのカロリーです。微妙な成分の違いはあれども同じ炭水化物なので、それほど大きな違いはありません。若干スパゲッティの勝ちといったところでしょうか。ではそれぞれのお値段はどうでしょうか。同じく100gを買うのにかかるコストを見てみましょう。

  • 白米:31円(価格コム、千葉県産コシヒカリの玄米価格から算出)
  • 小麦粉:21円(価格コム、業務用小麦粉)
  • スパゲッティ:21円(KILAT、バハール)

これで完全に白米が脱落してしまいました。以外に小麦粉とスパゲッティが接戦ですね。もうスパゲッティの勝ちは見えていますが、100円当たりのカロリーで計算してみましょう。

  • 白米:1148kcal
  • 小麦粉:1752kcal
  • スパゲッティ:1800kcal

1日に1500kcal分の炭水化物必要だとすると、白米とスパゲッティでは1日約47円の差が出てきます。

30日なら1410円の節約になります。オマケにこの銘柄のスパゲッティは完全な輸入商品です。

2015年7月現在の円安水準でこのコストです。

円高に動けば100g17円まで下がっていた時期もあるようです。

さらなるコストパフォーマンスの向上も期待できます。

調理の手間も考慮しよう

節約という観点から白米は完全に脱落してしまいましたが、小麦粉はスパゲッティと僅差です。

ここでは手間も考慮してみましょう。実際に小麦粉だけで1カ月も生活しようとしたら、多分私は挫折します。

飽きるとかじゃなくて、小麦粉は食べるまでの手間がかかるからです。水を加えて生地を作り、加熱しないといけませんよね。

それに飛び散った粉の掃除も大変です。

一方スパゲッティは調理も鍋に入れて茹でるだけ。

時間は鍋を火にかけてから20分もかかりません。

後片付けも鍋をさっと洗えば十分です。

この手間も時給換算でコストに加えれば、スパゲッティは圧倒的なコストパフォーマンスを誇る炭水化物ということになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2