スルガ銀行のデビットカードの審査に関する5つのポイント


スルガ銀行は、審査なしのvisaデビットカードを発行している銀行です。

何かと使い勝手の良いデビットカードなので、1つは持っておきたいところですよね。
では、スルガ銀行のデビットカードの審査についてのポイントを紹介したいと思います。

1.スルガ銀行のデビットカードには審査がないので誰でも持つことができる

まず、スルガ銀行のデビットカードに審査がない理由について説明します。
デビットカードというのは、レジでカードを使って清算したら、すぐにその分の金額が口座から引き落としされるシステムになっているカードです。
ですから、口座の残高がなければ利用することができず、限度額も口座の残高の範囲内ということになります。
つまり、お金がなければ利用することが出来ないカードなのです。
クレジットカードは、その場で現金がなくても、また口座にお金がなかったとしても支払いをすることができます。
1ヵ月後などに来る請求書を確認してから支払いをすればいいのですが、ある意味ではクレジットカードでの支払いというのはお金を借りて払っているのと同じことなので、こちらには審査があるのです。
スルガ銀行のデビットカードは、カードを利用して支払いをしたら、すぐにスルガ銀行の口座から引き落としがされます。
審査がないデビットカードなので、スルガ銀行の口座さえあれば発行することが出来るのです。

2.スルガ銀行の支店が自宅から遠いとカードの発行をしてもらえない可能性がある

スルガ銀行の支店が遠いと、デビットカードを利用するための口座を作るための審査ができない場合があります。
デビットカードのを利用するためには、まず、スルガ銀行に口座を開設する必要があるのです。
その口座から支払い分の代金が引き落としされるため、口座の開設が第一になります。
口座の開設を行うにあたって、申し込みをしたスルガ銀行の支店から自宅が遠いと、開設のための審査で拒否されてしまうことがあるのです。
これは、自宅から遠い銀行の支店に口座を持つことで、犯罪に使われてしまう可能性があるからです。
最近は、銀行口座を犯罪に利用してしまう人が増えつつあるので、銀行側としても慎重に判断をしなければいけなくなってきています。
スルガ銀行の支店は各地にありますが、自宅近くにない場合には、インターネット支店を利用するといいでしょう。
ネット支店ならではの特典もあり、デビットカードの利用も簡単になるので、自宅の近くにスルガ銀行の支店がなくて審査が不安という人は利用してみてください。

3.クレジットカードの審査に通らない人でもカードが作れる

銀行が発行しているデビットカードは、クレジットカードの審査に通らない人でも利用することが出来るカードです。
そもそも、クレジットカードの審査というのは、信用会社からの信用が受けられる人物であるかどうかの審査になります。
クレジットカードの支払いは、その場で現金が必要ないので、ある意味では「お金を借りて支払っている」状態です。
お金を借りるにはその人が信用できるかどうかを判断する必要があるので、過去に金融事故を起こしているような人にはお金を貸すことはできないのです。
さて、スルガ銀行の発行しているデビットカードは、visaデビットカードと呼ばれるものです。
「visa」と付いていると、どうしてもクレジットカードを想像してしまうので、審査が必要なのでは?と思う人も多いようです。
ですが、「visa加盟店で利用できるデビットカード」なので、デビットカードには変わりなく、審査も必要ないのです。
スルガ銀行のvisaデビットカードは、審査の必要がないvisaブランドのカードなのです。

4.公共料金の支払いが滞っていると、デビットカードが作れないことがある

審査の必要がないデビットカードとはいえ、銀行では口座開設などにあたって、所定の審査が必要になります。
例えば、公共料金の支払いが滞っている人は、口座の開設ができない場合があるのです。
デビットカードとは、銀行の口座からすぐに引き落としがされるカードです。
ですから、引き落としができなさそうな理由があると、口座自体を作ることができない場合や、口座の開設はできてもカードの発行をすることが出来ない場合があるのです。
引き落としができないと判断される要因の一つに、公共料金の支払いが滞っていることや、毎月引き落としになるような支払いができていないことが原因と考えられます。
ですから、審査の必要ないデビットカードとはいえ、毎月の支払いが滞っている人は、持つことができない場合があるのです。
スルガ銀行でデビットカードを利用するためには現金が必要になるので、もし支払いが滞っているときに審査に通ってカードが作れたとしても、カードを使うことができないという状況にならないようにすることが大切なのです。

5.スルガ銀行のデビットカードは15歳からもつことが可能である

スルガ銀行のデビットカードは審査が必要ないカードなので、15歳から持つことができます。
15歳というと未成年なので、カードの類は持てないのではないか、と思う人も多いと思います。
ですが、デビットカードはクレジットカードのように後払いのカードではなく、支払いをしたらすぐに口座から引き落としがされるカードなのです。
ですから、信用情報なども必要ないので、スルガ銀行に口座を持っている人であれば15歳以上から作ることができます。
高校生から持つことができるデビットカードは、スルガ銀行のマイ支店から利用することが出来ます。
この口座はネットバンクの口座になるので、インターネットからの申し込みをすることができます。
実際に銀行に行かなくてもいいので、平日に時間の取りにくい高校生でも申し込みを行うことができるのです。
審査の必要ないスルガ銀行のデビットカードは、高校生以上で持つことができるので、とても便利なカードなのです。

まとめ

1.スルガ銀行のデビットカードには審査がないので誰でも持つことができる
2.スルガ銀行の支店が自宅から遠いとカードの発行をしてもらえない可能性がある
3.クレジットカードの審査に通らない人でもカードが作れる
4.公共料金の支払いが滞っていると、デビットカードが作れないことがある
5.スルガ銀行のデビットカードは15歳からもつことが可能である

編集後記

スルガ銀行のデビットカードは、審査が要らないのでブラックの人でも、未成年でも利用することができます。
ですが、口座開設には簡単な審査が必要になることは覚えておいてください。
デビットカードは持っていると便利なので、審査不要で利用できるスルガ銀行を利用してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

スルガ銀行のデビットカードの審査に関する5つのポイント
3.2Overall Score
Reader Rating 2 Votes