お金がない人は考えてみよう「あなたは本当にお金が好きですか?」


「お金が好きか」と聞かれたら、大抵の人は「何を言っているんだ。当たり前だろ」と答えます。

ただ、本当にお金が好きなのかといえば、そうではない人が多いのです。お金をどのように使っているかで、その人のお金に対する気持ちがわかってくるのです。

ほとんどの人のお金の使い方

お金持ちの人は、必要な物しか買わないのです。投資に使うか、消費に使うかで、消費も限りなく下げて、必要な物以上には使わないのです。

その代わり、投資にはいくらでもかけていく使い方をしていくのです。ほとんどの人のお金に使い方は逆で、必要以上の物を買ったりしながら、投資にはほとんど使わないのです。

消費が多くて、投資が少ないのです。一時的、その場限りでは良いのですが、長期で考えたとき、あるいはリターンで考えたときには、いくら消費につぎ込んでも何も残らないし、生み出すものがないのです。

お金を使う感情をコントロールする方法

お金の使い方は、感情によって左右されていくのです。つい余計なモノを買ってしまったり、バーゲンやセール、期間限定、残り何個というキャッチコピーがあると、飛びつくように買ってしまう人は、マーケティングの手法に乗らされてしまっている人なのです。

多くの人は必要であるか、必要でないかを買ってから論理つけるようにします。「これは必要なモノなのだ」と、あとから自分にいい聞かせていくのですが、それには無理がある場合もあるのです。

衝動買いが多い人は、感情をコントロールする必要があります。必要であるか、ないかをしっかりと分析することであり、今必要であるか、ないかを分析することと、本当に欲しいモノのかということも分析する必要があります。

賢いお金の使い方を覚える

家計も会社経営も全く同じで、収支のバランスが必要であるのは言うまでもないのです。

必要ないことには、1円でもケチる必要があり、必要なことであれば、100万円でも惜しみなく投資するということです。

例えば、誰もいない部屋の電気は消すということであり、今後の投資のための出会いは、100万円を出してでも会うということです。お金に対してシビアになる使い方と、惜しみなく投資する賢さが必要になっていくのです。

お金を賢く使うことができる人は、お金を上手くコントロールすることができる人であるので、今何に投資するべきであるのかを見極めることができるのです。それは家計も会社経営も同じで、賢い使い方がわかる人は、無駄なコストをかけなくて済むので、経営のスキルも自然についていくのです。

お金に好かれる方法

お金に好かれる人は、お金が好きな人であるのです。お金の使い方に無駄がない人でもあるのです。

お金に好かれる人は、お金の使い方に目的があるのです。なのでお金を使うことで多くの実りを得ることができる使い方ができる人であるのです。お金に好かれる人になるためには、最初は面倒であってもお金を使うときに「投資か、消費か、浪費か」と自問自答してみてください。

浪費であれば避けて、消費であっても本当に必要なものであるかと自問自答してみて、投資ならば惜しみなく投資をするということです。

誰でも何が投資であるか、何が消費であるか、何が浪費であるかを知っています。でもほとんどの人は感情をコントロールすることができないので、お金に好かれる使い方ができないのです。

どのような物を持った方がいいのか

全く物を持たないで生きていくことはできないのですが、どのような物を持っているかで資産になるか、

消耗品になるかに分かれていくのです。資産というのはいつでもお金に換えられる物です。

例えば、宝飾品等はどこの国に行っても、換金できるので、いつでもお金に換えることができる資産になります。

このような資産が多い人は、お金に困ることはなくなるのです。このような資産に投資ができる人は、長期で考えると大きなリターンも得ることができるのです。いくら消耗品を多く持っていても、捨てることくらいしかできなかったり、場合によっては捨てるときにお金がかかってしまうこともあります。

これは買うときに意識する必要があります。資産なのか、消耗品なのかを意識して買い物をすることも必要になっていきます。

まとめ

お金が好きなのか、物が好きなのかというと、ほとんどの人は物が好きなのです。なので余計なモノに消費してしまったり、浪費してしまうのです。

本当にお金が好きな人は、投資した以上のリターンが得られることに投資をする人であるのです。

例えば、自己投資というのは、必ず大きなリターンになっていくので、惜しみなく投資をしていくのです。

お金にとっても投資して、大きな実りがある使い方をする人に多く集まりたいと思うのです。お金の使い方というのは、誰も教えてくれないので、いくらでも消費、浪費に使ってしまうので、自己コントロールが必要になっていくのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がない人は考えてみよう「あなたは本当にお金が好きですか?」
Reader Rating 1 Vote