食習慣・飲習慣の各々を改善することで支出を約2万円減らす方法

shutterstock_82789513

支出の見直しと改善

先の記事で、「お金がない」からの脱却には、支出の改善が不可欠だという事を記しました。そこで、具体的な支出の改善について書いていきたいと思います。

 

支出の把握

スマホのアプリ『マネーフォアード』を使って、自分の毎日の家計簿を作り、どこに無駄があるのか、どこに意外な贅沢をしてしまっているのかという事を把握する方法があります。

当然、無駄な部分は人それぞれですので、一様に、対策のできるものはありませんが、比較的全員に共通的な無駄な部分についてこれから見ていきましょう。

食費の節約

家計簿をつけていると、独身の方は特に、意外に多くの出費割合を占めることとなってしまう食費。本当に自分では想像している以上に、食費にお金を使ってしまっています。具体的な例をいくつか挙げてみましょう。

朝ごはんをオフィスについて、途中のコンビニで買ったパンやおにぎりを食べる。ここですでに節約可能な出費が発生しています。

コンビニでおにぎり2個とお茶1本を買ったとして、およそ500円。これを22日毎日行っているとすれば11000円の出費を行っていることになります。

「たかだか11000円くらい、、、」と思った方は要注意、こういうものの積み重ねで「お金がない」という状況に陥ることになってしまいます。ぜひ、家から朝食を持っていきましょう。

おにぎりを作るくらいなら1分もあれば可能です。味はずっと作っていれば意外と上達します。

自動販売機との戦い

次の例で挙げられるのが、ペットボトルなり缶のお茶やジュースです。

これを買う人は要注意。大体、1本あたりMAXで160円、22日で3520円です。

これは先の朝食に比べたら大したことがなさそうですが、私の場合、1日2回利用することがほとんどだったのです。つまり、月の支出は7040円が仕事のある日に飲み物代だけで使うお金です。

また、自動販売機で飲み物を買う癖がついていると、休日に外出しているときも、何の躊躇なく飲み物を自動販売機で買ってしまいます。すると、結局、月あたり10000円前後の飲み物代がかかっているのです。

私の場合はオフィスの女子社員の1人に聞いて、ちょっと大きめの水筒を買いました。

この価格が4000円くらいしましたので、意地でも使う気になります。4000円の投資で、毎月10000円のコストカットをできるなら安いものかなと思えます。

ただし、最初に、水筒に4000円を支出するのはわかっていても勇気のいる決断です。
  

なんとなく買ってしまう症候群

これは、誰しも経験があるのではないでしょうか。コンビニや100円ショップ、ドンキホーテなどの格安量販店等行った際に、目的以外のものを買ってしまうこと。

身近なものだと、やはりコンビニでのなんとなく買いが多くあると思います。コピーをしに来たつもりがお菓子もついでに買ってきたというようなパターンです。

特に、朝食をコンビニで買っている方やペットボトルの飲み物を買う方はコンビニに行くのが通常の行為ですので、何となく買いをしてしまう可能性が高いです。これも意外にバカにならない額になります。

ちょっとしたおやつをコンビニで毎日買っていると、月6000円程度にはなります。対策としては、コンビニに行かない習慣をつけるという事です。水筒をもっていればお茶を買うためにコンビニに行く必要はありません。

朝食を持参していれば、オフィスデスク朝食を行う人もおにぎりを買うためにコンビニには行く必要がありません。このように、自分の食習慣と飲習慣を見直すと、コンビニとの距離が出来始めるので、何となくお菓子を買ったりすることがなくなります。

食・飲習慣を変えるためには朝の行動が変わります。それを最初は面倒と思いますが、「お金がない」という感覚の主原因となっているものの改善ですから、ぜひとも2週間続けてみてください。

後は非常に楽です。おにぎりの具を考える余裕が出てきたら、もうしめたものです。

生命保険の見直し

これが、かなりの負担になっているケースが多いです。よく言いますよね、人生の最大の買い物ベスト3「車・家・保険」と。そうなんです、保険というのは人生最大の買い物といわれるのは尤もで、毎月毎月数万円を支払っていることを考えると、莫大な額を保険料として払っていることがわかります。

この保険料の見直しをすると、無駄な支出を減らすことが、労無くして行うことが出来ます。

ただ、この生命保険というものはかなり厄介なもので、システムを上手く理解してやらないと、必要支出まで削減してしまうことになり、危険です。この生命保険については、次回に詳しく書かせていただきたいと思います。

支出を減らす最大の壁は、食習慣・飲習慣と比例していること

食習慣・飲習慣の各々を改善することで、支出を約2万円程度減らすことが出来ますので、2週間まずは努力してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

食習慣・飲習慣の各々を改善することで支出を約2万円減らす方法
Reader Rating 1 Vote