クレジットカードから始まる借金地獄「リボルビング払いという魅力的な罠」

shutterstock_282622781

クレジットカードを甘く見てはいけない

社会人ならおそらく誰しもが持っている、クレジットカード、非常に便利で役に立つツールです。しかし、カード会社が考えていることをきちんと把握し、計画的に使用するようにしないと、大変な目に合ってしまいます。
  

クレジットカードは本当に便利

クレジットカードを所有しているとわかりますが、カードは非常に便利です。

この便利さ、つまり、利便性を追求するためにカードを使っている人は、基本的に借金とは無縁です。というのも、大きな現金を持ち歩くのが面倒だからという理由で、クレジットカードを所持していることがほとんどだからです。

クレジットカードが消費の後押しをし始めたらば、、、

クレジットカードを利便性の追求ではなく、消費の後押しとなっている場合には要注意です。

これは、クレジットカードを、今本来ならば持っているはずの現金の代わりに使っているのではなく、「将来」入ってくる現金の代わりにクレジットカードを使っているからです。

この、現在のお金なのか、将来のお金なのかというところがクレジットカードを用いるうえでの、最大のポイントです。現在のお金の代替であればあくまで決済機能としての役割です。

しかし、将来のお金の代替としてクレジットカードを用いているのは決済機能ではなく借金をしているという事を意識しなければいけません。

 確かに、クレジットカードでショッピングをしたりしていると、現金を用いていないということからか、心理的にも消費性向が強くなりがちです。「高いなあ、でも、次の給料日にお金がどうせ入るから今のうちにカードで買ってしまおう」というのは、カードという言葉に騙されているだけで、次の給料日にお金を返すから消費者金融からお金を借りているのと同じことです。

唯一異なるのは、1回払いであれば、金利がつかないという点のみです。

複数回払いの傾向が出てきたら要注意

 上記のように、1回払いであれば、心理的には借金と同じと考えるべきものですが、あくまで形式的には決済機能として、カードを利用することが出来ています。

 しかし、クレジットカードを使っているうちに、いつかあの日が来るのです。

そう、「今月厳しいなあ」と言う日が。その時、「今月は節約して何とか過ごそう!!」と考えられる人は非常に立派で、借金地獄とは無縁です。

しかし、多くの人は、「カードを繰り越すか」とか「カードを分割で払うか」という選択を安易にとってしまいます。ここから、借金生活のスタートです。そして、カード会社が大きな声で笑う瞬間となるのです。「また1人、獲物がひっかかった」と。
  

悪魔の誘惑リボルビング

 さて、分割払いに慣れてしまった頃、もしくは、慣れずとも分割払いではなくある手段によって、支払を伸ばすことが往々にしてあります。

それが、リボルビング払いというものです。リボルビング払いというのは、極度額を決めておいて毎月一定の額を支払うことでカードを使い続けるという、借金の方法です。このリボルビング払いの誘惑に負けてしまったらば、立ち直るまでが非常に大変です。そして、この誘惑は悪魔の誘惑ともいうべく、素晴らしいオファーがなされるのです。具体例を挙げてみましょう。

 極度額100万円、月々の支払は5000円で構わないというリボルビング機能のついたクレジットカードを手にしたと想像してみてください。

 実に魅力的だと思いませんか?100万円までならいくらでも使ってもよいにもかかわらず、月々の支払はたったの5000円でよいのですから。
 しかし、ここに大きな大きな落とし穴:カード会社の本音が存在することを忘れてはいけません。

リボルビングは借金です!

 リボルビング払いの一番のポイントは、月々に支払う額が少ないので、何とかなると思ってしまいながら、かつ、消費並びに生活スタイルを変えない傾向が強いという事にあります。

 カード会社の一番の本音は、カード所有者から年会費を貰いたいという事ではなく、「利息」が欲しいという事なのです。先の例を考えてみてください。100万円の借金をしているという事は、それに対する利息というのが必ず発生しているのです。

そして、驚くことなかれ、クレジットカードの「利息」に該当するものは法律上利息には該当せず、「手数料」という名目になっており、グレーゾーン金利や過払い金で問題となった「利息制限法」の影響を受けません。

カードの場合は「割賦販売法」というものが中心的な法律になるので、利息制限法で規制された金利以上のものをとっても法律的には問題がないのです。ただ、クレジットカード会社らも自主規制という形で、利息制限法に準ずるような金利設定をしていることがほとんどです。

 とはいっても、100万円で10%の年利、月々の返済は5000円、極度額いっぱいまで使用したリボルビング契約であるとすれば、年間で10万円の利息が付きます。それに対して、年間で返済している額は5000×12か月=6万円です。さて、これで分かったと思います。

今回の例の場合、年々返済しているにもかかわらず、4万円ずつ借金が増えているのです。(実際には焦げ付く可能性が高いので、カード会社も月々1万円程度の返済を求めると思いますが、それでも、年間にしてたったの2万円しか元本返済がなされない結果となってしまいます。また、複利で計算するので、実際はもう少し安い計算となるのですが、100万円目いっぱい使ってしまっている場合には複利単利は二の次に考えるべきです。)

 このように、とても魅力的なリボルビング払い、こういった仕組みになっているという事を決して忘れずにおいてください。現在では、自動リボやPC上の画面で2クリックでリボルビング払いにすることも可能となっていますので、本当に注意が必要です。

 仮に、今現在、上記のような状態にあるのならば、とにかく、元本の返済を大きくするように努めましょう。即ち、月々5000円の支払ではなく、繰り上げて、月々10万円の返済をするというようにです。

これには、大きい生活スタイルの変更が必要となりますが。今なら、まだ間に合います。自転車操業になる前に、計画的なカード返済を心がけましょう。

クレジットカードは非常に便利で魅力的な決済手段です。

しかし、一方で、リボルビング払いというあまりにも魅力的な罠が隠されていますので、その点について、よくよく注意して計画的にクレジットカードを利用するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クレジットカードから始まる借金地獄「リボルビング払いという魅力的な罠」
Reader Rating 1 Vote