ガス代を節約するには仕組みを把握しましょう

火を使うのは温める必要があるから

2種類しかない無いガスゆえにたやすいと思った節約術。

しかし、案外やってみると地味な連続です。ゆえに中々数字に表れてこないのがこの分野です。

プロパンガスと都市ガス。違いは知っていましたでしょうか?

最強のプロパンガス。

一番の違いは料金設定です。

都市ガスは公共料金に相当するものです。

伝票も水道や電気のように印刷されたもので請求されます。
一方プロパンガスは自由料金です。

近所にあるガス会社、特に石油を扱うガソリンスタンドなどが平業兼業して行っているケースが目立ちますが、自分達が相場をみて料金を決めているのがこちらです。

契約をそれぞれ1ヶ月ずつやりながら比較をもし出来るのでしたらやってみととても気の毒なくらい差が出てくるのがわかります。

都市ガスの2倍に良く勢いで請求されるのがプロパンガスです。

1ヶ月5000円のガス代が、プロパンガスを利用したとたん8000円から10000円は請求されることで驚くと思います。

この不景気時期にとっても物怖じしない料金体制です。

2種類の違い

飲食店などで多く使われるプロパンガス。そもそも物質の構成上使われるカロリーが高い為に火力が強いといわれてます。
ガスの種類で13Aと呼ばれるタイプがあり最も都市ガスでは強いものです。

液化石油ガスのそれが15000カロリーでした。逆にプロパンガスと同等にして使われるlpガスは液化天然ガスにいったしたもです。そのカロリー要素は24000カロリーです。

しかも、何か事故や事件あるいは災害があった場合供給ストップというのが都市ガスなのに対し、プロパンガスは家屋までにトラブルがなければ安心して使うことが出来ます。

火を使うことにその役割があるガスはこの時点ではどちらを選ぶのかは見えてきません。

お風呂が一番の原因

実はガスはお風呂で使われることが1番で、その役割なのです。
お湯を沸かすことが一番の目的です。ガスヒーターという言葉を聴いたことがあると思います。
火ですから焼いたり、揚げたり、沸かしたりということが仕事として成り立つ要因です。

ガスヒーターといえばオイルとは違いかなりの熱量で沸かすことが出来ます。
同じ用件で電気を使って沸かした場合はどうでしょう?

中々湧かない上にイライラすることでしょう。それも相当な量を沸かすことになったならば、一日あっても湧かないかもしれません。

それは言いすぎですが、電気給水ポットを見れば直ぐにわかります。
ガスの威力はそれほどなのですが、その威力も相当なカロリーから生まれるのです。

夏場、シャワーですら低い温度で使う日々が多いです。湯船に浸からないことも多いです。ですから冬場と比較すると相当の差が出ます。

ガス代だけで見るとお風呂の単体をチェックすることは出来ませんので熱量が必要な時期とそうではない時期という参考程度で見るべきです。

一般家庭子ども2人大人2人で勘定するならばガス代は夏場で1ヶ月2000円弱。冬場で5000円弱という按配になっていると思います。
いかに暖める為に使ってるかわかることでしょう。

快適温度設定でガス代を節約

お風呂の節約が可能であればそれで半分は節約になるものです。

入り方の工夫ですが、追い炊きをして入るということはいったんぬるくなってしまったがための処置ということであれば、一端ぬるくなるような順番の入り方をしないことです。

連続して入るなど間が無いことが前提で、あっても1時間程度です。ぬるくてもいい人が最後に入るとか、間が空いてしまったらシャワーだけにして入らないというのも手です。

温度がさがったら沸かしなおすという自動サーモスタット運転機能という快適温度設定をして常にその温度で居させるような機能は封印させましょう。
ガスがそのたびについて水を温め続けます。

熱いのが好きだから常に41度というのも、温泉等に行った時に極力味合うべきです。

家ではクーラー適応温度27度、お風呂は39度と常識化するといいでしょう。

口火はNG。

お風呂の運転機能でスイッチがついた状態はだめです。給湯器で口火が外から見えるのがあります。

あの口火は一発点火でとてもありがたい機能ですが、それを使い続けているというのは水漏れしている水同様無駄になります。

一晩でバケツ1杯になるような水の使い方は駄目ですし、一ヶ月で魚の燻製が出来てしまうほどの高カロリーは浪費のなにものでもありません。

また食器洗いに使われるガスはそれほど深刻ではないかと思いますが、あわ立て洗いは水で流すのはお湯ぐらいに大雑把で良いので分けるといいでしょう。

2種類の節約を同時にしなければならないのですから、組み合わせで水+お湯ならば、お湯+お湯で余分に熱を使う必要がなくなります。

ガス代節約

ちなみにガス代は検針を行った日の翌日から30日に目が支払いの期日です。そこから二十日後辺りが最終告知日でその日までに入金がなければ止まる仕組みです。 節約を余儀なくされる家庭ならば十分に考えられる滞納・遅延です。 そうしたことの無いように出来る限りの無駄をなくして、あるいは契約内容を見直して使いたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ガス代を節約するには仕組みを把握しましょう
Reader Rating 1 Vote