一人暮らしでお金を節約する方法!お金を貯めるのではなく使わない!

shutterstock_152574335

一人でいると、お金はかかるもの

一人暮らしの人が増えています。大学卒業後も一人で生活する人たち。結婚せずにそのまま老後になってしまったひと。

そして離婚してシングルに戻るひとなど、単身者が増えています。こうした人たちの生活の知恵を考えてみましょう。

コンビニは利用するな!

セブンイレブンやローソンに行くと、いきなり煎れたてコーヒーのいい香りがしたり、ドーナッツが並んでいたり…とにかくあの手この手で100円、200円とお金を使わせようと必死です。

おにぎりが130円かと思ったら、チョコレートは20円引きなど、とにかく毎日なにかしら商品の単価が変わり、お得感が出るような仕掛けがあちこちにあります。

コンビニの支払いは、ほとんどポイントカードが主流です。

ポイントは100円で1円と、わずか1%ですが、これも3倍になったり、5倍になったり…と様々な特典がありますから、結局特定のコンビニに向かわせる感覚が知らないうちにできてしまいます。

ここで、よく考えたいものですが、コンビニは便利でしょうか?確かに便利さは素晴らしいものがあります。

電気代やガス代を支払い、ネット通販の物品購入から、支払いができ、そしてコピーやATMなども利用できるなど、至れり尽くせりです。中にはトイレ代わりに利用する人も少なくないでしょう。

ですが、コンビニの商品は非常に単価が高いことをご存知でしょうか?実際に一人分のサラダやおにぎり、唐揚げなどを買ってお昼にすると、500円では済まないことがよくあります。

吉野家の牛丼の方が安いのは、なんといってもお茶がタダで飲めること。そうです、飲み物までお金がかかるのはコンビニの特徴です。もし、お金を節約したいなら、コンビニには行かない方がいいのです。

スーパーでは、一人暮らし用のものは売っていないって本当?

では、スーパーマーケットで買い物をした方がお得なのでしょうか?よくキャベツやらレタスやらを買ってきて、半分にしてあとは冷蔵庫にしまう…という人がいます。

これは家族が多ければ使い切りますが、一人暮らしの場合はなかなか使い切れず、結局腐らしてしまうため、捨てるところが多く出費がかかる…という人がいます。

確かにこれは当たっている現実です。そもそもスーパーは主婦向けに商品を陳列しています。

ですが、ここ数年は随分変わってきていることをご存知でしょうか?特に一人暮らし高齢者の客が多くなっていますので、肉も野菜も一人分にして売っているのです。極小サイズ、といいますが、豚のひき肉ならば100gで100円ほど。

これを炒めて、卵を溶き、焼いて2色ご飯にするだけでも良いわけで、一食あたりの単価は300円もかかりません。

もちろん、2日持つような小パックの商品も多くなりました。実をいうと、どのスーパーでも消費税の値上がりに対策して、商品自体を小さくしたり、量を減らしています。これは、一人暮らしに非常に有利に働いています。

ネット通販は、本当に安い?

また、最近はアマゾンやカカクコムなどで商品を購入する人が増加しています。ヨドバシドットコムは、アマゾンを抜く勢いで、あらゆる商品を扱うようになってきました。ただ、こうした商品購入にも、盲点があります。

それは、本当に使う価値があるのかないのかがわからないで、購入する…ということです。

例えば、腕時計を購入しようとする人の場合です。時計はファッションだから5万円程度にしたい…という人がいるとしましょう。ネットでは様々な時計を選ぶ上で、選択肢が多すぎです。

そこで、5万円というキーワードで調べ、ラインアップを見て、これはかなり安売りだ…とポチるわけです。

ですが、時計はやはりはめてみなければわからないものです。確かにビックカメラでも割引率は30%だけかもしれません。ですが、時計は意外に故障するものです。

故障しないのはチープな1,000円代や2,000円代といったカシオのものばかり。でも、そういうものはケースが安いことから、実際に店頭で買おうとする人はそう多くはありません。

でも、よく考えて欲しいのは、ネットで買い物をする人は、コストだけを考えてしまうため、失敗もある、という現実です。納得せずポチることの積み重ねが、売り場で買う意味を失います。買い物は納得することで、うまくなり、少ない買い物でお金がたまっていくことに繋がります。

 

一人なら、お金がたまらないとおかしい

一人暮らしは、基本的にお金が貯まるためにいるようなものです。二人いれば、二人で稼ぐから生活がラクになる…そういう人がいますが、それは相手に頼ることを言っているだけのこと。

人は基本的に誰かのお世話にはなりますが、それは結果であって、最初からそれを期待してはいけません。

まずは一人暮らしが、どういうものかを理解する。体験する。そして自分のお金の使い方をしっかり決める。使わないのもいい。使うのは頭。

無理に貯めるのではない。貯める習慣をつけてしまえばよいのです。旬の野菜や魚を食べれば、健康にもいいし、食費も浮きます。無駄なのは、季節感のないものを食べ、悪酔いするような安酒で体を壊すことです。

結局は健康でいる人は人生を楽しむお金の使い方がうまいのです。

二人で稼ぐ、それは共倒れになることも覚悟が必要

二人で暮らすメリットは、二人のお金で生活の幅が広がること。

ですが、結局は稼ぐという行為は、自分は30万円稼いだのに、相手は15万円で、なんで相手は8万円もの洋服を買うんだ!などと収入を巡ってのけんかになることが、発生しない可能性がない、ということです。一人暮らしは自分のため、それができる最高のライフスタイルなのです。

一人暮らしでお金を節約

一人暮らしは、おかねがかかる…それは杞憂です。貯蓄できる機会は絶対にあるはず。 自分の生き方を作るチャンスがたくさん眠っているわけです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

一人暮らしでお金を節約する方法!お金を貯めるのではなく使わない!
Reader Rating 2 Votes