給料日前お金がない!出費を抑えているのに月末までもたないのはなぜか?

shutterstock_289448927

出費を抑えているのに何故か給料日前までお金がもたない

そんなことが多くないでしょうか?

続く不況に、賃金カット、物価の高騰など様々な要因が重なる昨今です。

先月と同じように給料の使い道を考えていては貯めることができないことはもちろんあるでしょう。

そして、いつかは赤字になてしまうかもしれません。

給料日前まで何とかしのぎたいという実態を検証してみます。

給料日前までにお金が無くなる実態

なぜもらったお給料が翌月の支給日までもたないのでしょうか?

その理由を考える前に何をもってお金がないのかを考えてみました。

まず、その意味合いの違いをみてみます。

一つは、自分の決めているお小遣い。その残高が無いのでお金が給料日まで無いという意味の場合。

生活に関わる基本的な経費は確保していたり、将来および不測の事態のためにかかるお金は預金に回してある。

さらに保険なども充実させたうえで残った部分は自分の好きなことに自由に使うというものです。

これが無くなってしまったということでお金がないという人もいるでしょう。

急に誘われて飲食に出かけることになったが余分が無くなっているという場合。

あるいはどうしても欲しかったものが期間限定でしかも割安で販売しているが予算がなく買えないといった場合です。

こうした事態でれば、もし切り抜けることを気持ちの上で許せる性格であるならば答えは簡単です。

貯金を切り崩し、来月以降いつもの金額に上乗せした割高な預金をしていけばいいだけになります。

解決したいのならば案外自己解決してしまう内容でしかありません。

給料日前までに全くお金が足りない事態

上記以外で最も切迫したものが二つ目の、お給与の額をすべて使い果たしそうになってしまことです。

この支出が収入を上回る現象が一番家計を逼迫させるものであることは言うまでもありません。

文字通り不測の事態なのですが、月々にかかる金銭的負担がやがてもらってくる給料内では生活がままならないということにつながってしまいます。

その予測を家庭で考えた場合収支を増やすために、配偶者がパートに出たり、あるいは主たる職業以外でアルバイト的な副業をして増やしていく方法が見受けられます。

おそらくどの家庭でも、こうした本業以外の方法でお金を増やさない限り、“足りない”という事態は免れないのではないでしょうか?

しかし、生活レベルを改善しないということが一つの落とし穴でもあります。

かかるものはかかるという言い分は、かける必要がないのならば解約もしくは削減などでどんどん切捨ててしまえればいいはずです。

家賃が20万のマンションにいるのならば家賃が10万のアパートへ移るだけで単純に半分の経費が削減され今の給料でも十分対処できるものです。

食費が15万円もかかっているのならば9万円で済む方法はないかなど、改善する余地を探すことはたやすいはずです。

それが出来ない理由はただ一つ、“生活のレベル”を崩したくないという思いからなのです。

もしレベルを下げたら、みじめになるのでは不便になるのでは、自分の品位や価値が下がるのではという不安にさいなまれて踏み出せないことなのでしょう。

この考え方から脱却しない以上、足りないいう危険性がどこかで膨らみ続けることは免れないと思います。

すべてに関して底をついた状態

お金が全くないという事態は、核シェルター非難した人々の食糧貯蔵がなくなってしまうことと似ています。

三つ目のそれは、自分の預金口座の残高が限りなくゼロに近づいているということになります。

貯蓄がゼロというのは、収入がゼロではないということからすれば余裕があるように感じるでしょうが、今の手持ちが無くなったらどうにもならないことを意味しています。

備蓄がないのですから、お金があればそのスペアをすぐに買いに行けばいいことです。

しかし、そもそも、回せるお金があれば貯金にもあるいは備蓄にもまわせますが、生活がぎりぎりであるために回せないというが実情ではないでしょうか?

故に、スペアを買うことすらままならず、文字通りその場は“我慢”ということになるのです。

この“我慢”の連続が実は預金口座の残高がない状態の場合に起こってくるものだともいえます。

よく、借り入れを起こしたり、あるいは融資を受ける話が出ますが、貯金がある人は借り入れは起こさないものです。

ローンということはあると思います。家や車や何か大きなものの購入は預金以上にかかってくるからです。

その預金をすべて使って買い物をすることは限りなく少ないでしょう。

また、生命保険のようにあらかじめ預け金をしている場合はそこで借り入れを起こすことはあると思います。

しかしそれは、貯金を下ろすこととさして意味合いがかわりません。

我慢が出来なくなって借り入れ起こすというのは、まだ貯めていない未知なる預金を先に下ろすこと同じ意味だともいます。

つまり、貯金という頼りになるものがあるがゆえに、人は不測の事態でもなんとかやりくりできるものなのです。

それが無くなった時点で、相当な家庭の家計打撃であることは否めません。

給料日前にお金がない人の特徴

給料日前などに限らずお金が常にないという人はその人の性格や考え方に問題が多いことが多々あることでしょう。

先ほどの3つの実態も実はその人のとる行動が原因であるわけです。

収支のバランスが崩れているにもかかわらず、計画性を持たずにお金を使ってしまう人。

お金が無くなればカードなどを利用してリボ払いなどの軽減でさらに使ってしまうような人。

あるいはギャンブルなど一過性の物に多額を投じてしまうような人もそうです。

さらに言えば、人との遊行費用に歯止めをかけることをせずに散財してしまう場合です。

余計なお金を使わないという癖ができていない。

使うことで気持ちがほっとするような人はすでに浪費家の始まりで病気です。

日々に使えるお金の管理などは当然できませんし、年間の計画なども当然立てることはままなりません。

そのくせ、金欠になった時の対策だけは研究しているもので、自炊面でもかなり不健康なことをしたりするでしょう。

チャンネルを付ければ、節約番組あるいは貧乏でもこう過ごすなどの情報が飛び込んできますから、実際に窮地になった時はその方法を試すものです。

そしてまたお金が入ったら、かの底辺の生活レベルからシンデレラスートーリを繰り広げてしまうのです。

この連続で生活しているような、規模や程度は違うにしてもおなじ次元を繰り返しているという人が特徴だと言えます。

金欠の給料日前

世の中には金欠時はこう乗り越えろとか、食事や光熱費など節約する方法はこれだといった内容のものが多く見受けられます。

ネットサーフをすれば確実に100件以上ものサイトが閲覧できるでしょう。

どの内容も今、現時点を何とかしたいからその部分を解決することに終始しているものです。

時には、その人の性格に訴えかけて次の月に同じようにならない注意をすることでしょう。

その人々によいアドバイスをして今を救うことが叶うのであればそれはそれで意義のある情報だと思います。

道に迷って目的地を聞きに来た人に親切な道順を教えてあげることと同じですから。

ところで、その道に迷った人はなんで道に迷うのでしょう?

地図の見方がわからない、初めての場所で不安?いろいろ理由はあります。

しかし、出たとこ勝負的な考えが根本的にあることは間違いないです。

「分からなくなったら人に聞けばいい」「困っている人を助けないような人はいないはずだからまずはいってみよう」

そんな考えが確実にないでしょうか?意識していなくても、迷ったら人に聞くような人は助けてもらうことが当たり前という気持ちが心のどこかにあるはずです。

わからないから人に聞くのは当たり前と教わってきたのですから当然です。

これが海外にいったらどうでしょう?

わけのわからない道順をおしえられて、挙句の果てにチップをとられ、さらに道に迷うかもしれません。

今の世の中でしたら、日本人として拉致監禁されて身代金目的の誘拐に発展するかもしれません。

あるいはぼったくりの店などに連れて行かされて、目的地にたどり着く前にお金が無くなるかもしれません。

さらにはその場で殺されるかもしれません。

すべて自分の甘さということで海外ならば評価されるのが、たった道を聞くということでも起こりうる結末なのです。

お金が無くなるということは、それだけ人によってはだらしのない人と評価されるわけです。

自分を管理できない、人にだけ頼ろうとする人物だとレッテルをはられてしまうことがあります。

それ故に、多くの人は給料日前にお金がないなどという事態は絶対に無いようにするものなのです。

性格を変えないと無理?

お金が無くなるということは、突発的な事故や怪我でというケースを除きそんなには多くないと思います。 かりに無くなった場合には、当の本人は来月から再来月、あるいは一年先を見据えて上手な計画を立てていくことでしょう。 もしご自身が解決策を講じているにもかかわらずお金がないという事態から脱却できないようでしたら、自分は病気だと認めて、だらしない性格を治すことから始めてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

給料日前お金がない!出費を抑えているのに月末までもたないのはなぜか?
Reader Rating 5 Votes