これから電子マネーの歴史はどう変化するか?「硬貨も紙幣もカードさえも不要になる未来のスタイル」

shutterstock_313743533

電子マネーを正しく知り使おう

今や多くの人に当たり前のように使われている電子マネー、一部の人にとってはなくてはならないものの一つになっていると言っても過言ではないのでしょう。

しかしその逆で良く分からないけど怖い、であるとかカードと一緒で信用ならないと言う人がいるのも確かです。

そこまで行かなくても仮想通貨と電信マネーは全く同じものを指す言葉だと思っていらっしゃる方がいたり、使うと何らかの情報が管理さえるようで嫌だという方もいっしゃるそうです。

しかし電子マネーと言うものは話を聞けばそこまで難しいシステムでもなければ危険な代物でもありません。

一般的に普及してきた今だからこそ人には聞けない電子マネーについての事もあるでしょう。

しかしこれからの社会で恐らく主流となってくるこのシステムを良く分からない、分からないから使いたくない。

そんな考えでいると損をしてしまうことも多々あります。

そこで今回は電子マネーと言うものについてどう言うものなのかについて説明し、どうして使われるようになったのかを振り返り、これからどうなっていくものなのかを考えて見たいと思います。

電子マネーの正体は?

電子マネーはマネーと言う名前こそついていますが別にそれそのものがお金であるという訳ではありません。

では電子マネーとは何かと言うと情報通信技術を活用した、企業により提供される電子決済サービスのことで、そういうシステムの名前の事だというほうが正しいです。

あまりご利用になっていない方の中にはクレジットカードやデビットカードみたいなものだと思っている方もいるようですが、それらとはちょっと形式が違ってくるのです。

詳しいことは後ほど触れますが電子マネーはそれらのカードよりもどちらかと言うと金額の定まっていない、価値がなくなるまで使える商品券の購入に近い行為なのです。

この電子マネーと言うものは一口に電子マネーとまとめて呼ぶものの、現在世間で広く認知されているものは大きく分けて2つのタイプがあります。

有名なものがプリペイド方式と呼ばれる方のもので電車やバスなどの交通機関に乗るのに使うSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)やICOCA(イコカ)などや、お買い物に便利でポイントもつくnanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)Edy(エディ)などがそれにあたります。

こちらのタイプはデビットカードに近く、事前にカードや端末などに「チャージ」と言う形で入れていたお金の分だけ使える電子マネーで、基本使いすぎるという事はありません。

現金で支払うときの違いとしてはやはり一番の特徴は早いという事、特定の端末に自分の持っているカードや端末をかざすだけですみますし、お釣りが出ることもありませんし、支払いと同時に多くの場合ポイントもつきます。

もう一つの方はポストペイ式と言うもので「チャージ」の必要すらないお買い物に便利なiD(アイディ)QUICKPay(クイックペイ)そして唯一最初からポストペイ式として開発された電車やバスなどの交通機関に乗るのに使えるPiTaPa(ピタパ)などがあります。

こちらのタイプはクレジットカードに近く、利用料金を後払いするタイプの電子マネーで、ご利用代金が後でまとまって請求される形です。

プリペイド式の電子マネーの特徴に加え、チャージの手間もないのでより快適な支払いが出来ますが、つい使いすぎてしまう恐れがあるところにご注意下さい。

基本的にどちらのタイプでも現金で払うよりも結果的に安くなったりポイントの貸与と言う形でお得になるのは間違いないです。

しかし利便性やポイントによる還元というところで言えば、クレジットカードやデビットカードと何が違うのか良く分からない、という方もいるでしょう。

しかしそれらカード類と比べて電子マネーは利便性でも還元率でも更に上を行きます。

何故電子マネーの方がそれらの点で上なのか?

その答えは導入された目的と、それらを作った企業の種類の違い、という事にあります。

電子マネーとクレジットカードやデビットカードの違い

まずクレジットカードやデビットカードが作られた背景について説明します。

まずクレジットカードはVISA、MasterCard、JCBなどの決済専用の会社が開発したもので、消費者に「月に一度の決済日にまとめて返してもらうからそれまでの支払いを立て替える」と言うサービスを提供することそのものが目的です。

決済会社はそのサービスを請け負う代わりにお店から数%を手数料として取る形で成り立っており、お店はその便利なサービスを消費者が受けられることを宣伝して集客効果と言う利益を享受する訳です。

そのためそうしたサービスを売りにするのではなく、格安販売や限定販売で集客効果を得ようとしているお店ではクレジットカード決済は不可なところがある訳です。

しかし集客の一つのポイントになることは間違いなく、多くのお店が導入しているのでネットワークが広く、全世界中、ほとんどのお店で使えるのが特徴と言えます。

デビットカードに関しては元々クレジットカードに必要な審査で通らない可能性がある人、つまり月に一度の決済日にまとめて返せ無くなるかも知れない人のために作られたものです。

その為、支払いが発生すると立て替えるようなことをせず、最初に契約した口座の中身から変わりに払ってくれるというサービスの提供をします。

審査なしで作れることが多いというメリットがあるため、クレジットカードよりも利便性で一段階劣り、ポイントの還元も少ないと言うデメリットがあります。

これら二つのカードに共通している事は消費者と生産者である企業の間を取り持つ第三者がサービスの提供によって自己の利益を出すために作られたものであるという事です。

では電子マネーはどうかと言うと企業そのものが開発したもので、「お金をウチの企業のお店でしか使わないならクレジットカードやデビットカードよりも便利でお得なサービスを提供する」と宣伝することによって集客効果を得ることが目的です。

この電子マネーには第三者の利益と言うものが絡んでこないというのがポイントになるのです。

消費者が企業に払う金額が同じだとしても、決済専用の会社に払う3%を必要としないので例えば1%をシステムの維持に、1%を消費者に還元しても企業は以前より1%の利益が出る形になります。

消費者からすれば同じ金額でより良いサービスを受けられるのに今までは0だったところが+になるのですからこちらも得をすると言う形になるわけです。

コレがクレジットカードやデビットカードよりも電子マネーが利便性と還元率が高い理由になります。

電子マネーがまだ至っていない点

クレジットカードやデビットカードに比べ電子マネーは確かに利便性と還元率が高いですが全てにおいて勝っている訳ではありません。

まず汎用性が高くありません。

nanacoは他のコンビニエンスストアでは使えませんし、同じ交通機関でもSuicaで飛行機に乗ることは出来ません。

これは電子マネーの目的が「自分のところのお店だけを消費者に使ってもらうようになって欲しいから」と言うものであるため寧ろそうである必要性があるからです。

コレが逆にどんなところでも使えるようになってしまうと企業サイドのそもそもの目的である集客効果がなくなってしまうため、どこでもそれだけですむ電子マネーと言うものは生まれないといってもいいでしょう。

今のところは関東で使っていたSuicaやPASMOが関西でも一部使えたりするように、ほとんどの電子マネーが直接のグループ店以外にも加盟店を増やしたり、提携することで電子マネーの利用者の利便性を上げる努力をしています。

それは消費者サイドにとにかく電子マネーがあるのが普通の日常、更には電子マネーがないと困るというレベルにしてしまうようになってもらうためです。

例えば「電子マネーでの支払いならば今だけポント還元率アップ」と言うキャンペーンや「今電子マネーを登録していただくと最初からポイントがついてくる」と言う特典も先ずは電子マネーと言うものを使ってもらおうと言うためにやっている事です。

電子マネーはとにかく便利でお得なため一度使うとその後も使い続けたくなります。

自分が電子マネーを使うのが当たり前になってくると他人が現金で払おうとして時間がかかっているのにストレスを感じたこともある人も多いようです。

こうして普及しつつある電子マネーはお金の歴史を考えたらまだまだ始まったばかりのもので今後更なる進化を遂げていくことになるでしょう。
 

硬貨も紙幣もカードさえも不要になる未来のスタイル

実は現在最も汎用性のある電子マネーはお財布携帯やクレジットカードと組み合わせた形のものではないのです。 確かにクレジットカードは決済専門の会社が利益を多く得るため様々な企業と契約し、今では世界中どこでも使えるとても高い汎用性を持ち、電子マネーが生まれた目的を考えるとこれを超えることは出来ないように思います。 しかしWebMoney(ウェブマネー)やBitCash(ビットキャッシュ)と言った仮想通貨型の電子マネーはある条件でならばそんなクレジットカードに近いレベルの汎用性を持っているのです。 それはインターネット上であるという条件。 こうした仮想通貨型の電子マネーは自動販売機や実際のお店でこそ使用できないもののネット通販やインターネット上のデータの購入などで驚くべき汎用性を持っており、今後もインターネット上でのお金のやり取りの主流は恐らくこうした仮想通貨型の電子マネーを用いたものとなります。 そして現在は殆どの人が持ち歩けるパソコンとも言えるスマートフォンを持っています。 それはつまりそうした仮想通貨を外で操作することが出来るようになっているという事でもあります。 今ではまだ使えるというお店はありませんが、もしお店にこうした仮想通貨型の電子マネーでの支払いが可能な端末が存在したら決済出来るような形が出来るという事でもあり、そうなったとき電子マネーはとても広い汎用性を持つことが出来るようになります。 更にそうした仮想通貨を入れるお財布であるスマートフォンは認証機能がついていますし、個人情報の塊なので誰のものか直ぐにわかります。 紛失しても盗難されてもしっかりとロックして置けば現金のように使われてしまうことはないでしょうし、万が一使われたとしても個人情報と照らし合わせれば正しい所有者がはっきりと分かります。 将来はこうしたスマートフォンと連動した安全性と汎用性が高い仮想通貨型電子マネーが主流になる日が来るかもしれません。 これは100年前はSFだった世界です。 もうあと少ししたらそうした未来が待っていると思うとワクワクしてはきませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

これから電子マネーの歴史はどう変化するか?「硬貨も紙幣もカードさえも不要になる未来のスタイル」
Reader Rating 1 Vote