あなたは食費を節約して楽しみにお金を回しますか?それとも貯金しますか?

shutterstock_279212681

食費にどれくらいかかっているか認識していますか

生きていくうえで、どうしても必要となる生活費の1つが食費です。

この食費が家計に重くのしかかっているのか否かで、大きく生計は変わってきます。

食費が賃金の80%を占めていれば非常にまずい状態ですし、一方で1%にも満たないという場合には非常に裕福な生活をしていることが出来ているという事になるでしょう。そんな、食費について、詳らかに見ていきましょう。

 

あなたの食費はエンゲル係数で把握

エンゲル係数という言葉をご存知でしょうか。

一応、現在の中学校社会の学習指導要領に盛り込まれている内容なので、一般常識といってもよい数値でしょう。

しかし、筆者がリトマス試験紙の扱い方やフェノールフタレインの扱い方を忘れてしまったのと同様に(両者ともに中学校理科の教科書の内容です)、エンゲル係数なんて言葉忘れてしまったという方も多いはずです。

そこで、エンゲル係数の説明からしていきたいと思います。

エンゲル係数とは

エンゲル係数というのは、可処分所得(使えるお金)のうち、どの程度食費に回っているかという数値を表した数値です。

具体的に見ていきましょう。

例えば、可処分所得30万円の方が食費に15万円を費やしていたとします。

すると、この家庭において、食費は可処分所得の50%を占めているので、エンゲル係数は50%というようにあらわされます。

(15万円/30万円×100)もう一つの例を挙げてみましょう、可処分所得30万円で食費に5万円を費やしていたとすると。

エンゲル係数はいくつになるでしょうか。5万円/30万円×100=16.7%という結果になりました。このエンゲル係数、何の意味があるのでしょう。

エンゲル係数の意味するところは貧困かそうでないか

エンゲル係数というのは、その家庭が貧困か否かの指標として使われることが多いです。

というのも、エンゲル係数が高いというのは使えるお金の中で必需といえる食費に多くを占めているという事なので、他にお金を使うことが出来ない、もしくは、貯蓄が出来ないという事を意味しています。

仮に、エンゲル係数95%という家庭があったとしたら、その家庭は可処分所得が非常に多いケース(所得が1億円)を除いて、貧困層だという事が出来ます。

なぜなら、給与の95%が食費に消えているわけですから。

これらのことを総合的に考えると、エンゲル係数が低いという場合には相応に暮らし向きが良い、一方で、エンゲル係数が高いという場合には貯蓄等に回せるほどの余力が少なく、貧困層に近くなってしまっているという事が判別することが出来ます。

そこで、まずは、自分の家庭のエンゲル係数を計算してみましょう。いくつが適正値かという答えはありませんが、25%以内に収まっていればよいといっていいはずです。
  

エンゲル係数が算出できない

実際、エンゲル係数の内容についてはわかったものの、エンゲル係数が計算できない人が多いのではないかと思います。

その理由は、生活費を把握していないから、もっと簡単に言えば、家計簿をつけていないからという事です。

現状の把握が出来ていなければ、エンゲル係数等の算出は不可能ですし、食費の節約などといったことは戯言に過ぎません。

裏を返せば、家計簿のようなものをつけることによって、現状の生活費や家計を把握することが出来れば、必ず食費を節約するための解決策を見つけることが出来るはずです。

したがって、とにかく、問題解決のために食費を把握するようにしましょう。具体的な方法を書いていきます。

自分の生活費を明らかにしよう

何事も、問題解決には、現状把握と原因を探らねばなりません。

今回の問題解決のミッションは「食費の把握」です。

言ってみれば、家計簿を毎日つけるようにすることからスタートすることが、現状把握のはじめの一歩となるのではないでしょうか。

月末にまとめて領収書等を書きこむようなスタイルでは、お金を何にどれくらい使っているかを実感できませんので、毎日続けることが肝要です。

しかし、実際やってみると結構面倒です。交通費○○円、お昼○○円、文房具代○○円等々。そこで、ここは、スマホアプリの『マネーフォアード』を使ってみましょう。

感動するくらい楽に家計簿が毎日作れて、グラフ化や割合等も自動計算してくれます。

『マネーフォアード』を使用して、現状把握をしてみると、必ず無駄な部分が見えてきます。

私の場合は生命保険料と食費が過剰な部分でした。

非常に使いやすいアプリですので、使ってみると簡単に習慣化することが出来ると思います。そして、自分の生活費のうちどの程度食費が占めているのかを把握してみましょう。

 

食費の節約

食費は我々にとって、なくてはならないものですが、それをコントロールすることはそう難しいものではありません。 エンゲル係数を低めるために、とにかく現状の把握を行うようにして、食費節約を目指しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あなたは食費を節約して楽しみにお金を回しますか?それとも貯金しますか?
Reader Rating 1 Vote