毎日の食費を節約する驚きの主婦の裏技ワザ大公開!

shutterstock_205290715

食費をいかに上手にやりくりするか、主婦にオススメの食費の節約方法に挑戦してみよう

家計のなかで一番節約しやすいのが食費です。

しかし実際には節約しているつもりでも、あまり効果がない事もありますよね。

そこで確実にお金が貯まる食費の節約方法についてご紹介したいと思います。

主婦の方にはぜひ覚えて欲しい裏ワザです! 

食材ごとにメニューの作り方を工夫しよう

貯蓄を増やすにはまず家計のなかで節約できる部分を見つけないといけません。

食費は圧倒的に節約対象になる出費ですが、うまくやりくりをしないと結果的に無駄になってしまう場合モありますので注意しましょう。

主婦にとって毎晩の献立つくりはとても面倒ですよね。

いつも同じものを繰り返し食べているような気がしませんか?

たまにはちょっと違うものに挑戦、と思って新たなメニューに挑戦するには色々な食材をそろえないといけません。

食費を節約するにはメニューを作ってから食材を購入すると意外と出費になるために、スーパーで安売りの食材や旬な野菜を使ってメニューを作ることがオススメです。

特に野菜類は季節はずれのものは値段も高く、旬の美味しさも楽しめませんよね。

そこで主婦の知恵を使って食材ごとのメニューをあらかじめ考えておきましょう。

新聞の折込チラシを見て、その日の特売になっている食材で何が作れるか、色々なバリエーションを考えてください。

食べたいものを決めてから食材を購入すると、効率が悪く調味料などの使う頻度が少ない材料まで買う羽目になってしまいます。

毎日大変な食事のメニューですが、食費を節約するには料理のレパートリーも多いほうがいいのです。

スーパーの無料の小冊子などに紹介されているレシピなども参考にしてみましょう。

旬の野菜や果物をふんだんに使って、栄養バランスのよい献立を考えましょうね。

そして節約の額が大きいのが外食を控える事です。

かしこく食生活を続ければ1年で100万円貯める事も無理ではありませんよ。

無駄にならないまとめ買いのポイント

セール品のまとめ買いは一見お金の節約になっているように思われますが、うまくやりくりをしないと買いすぎ、無駄使いになる場合もあります。

特に食費を節約したい為に安い食材を買い込む事は注意しないといけません。

野菜などは大量に購入しても使い切れずに腐って無駄になることもしばしばあります。

そこで食材のまとめ買いのポイントについて理解しておきましょう。

基本的に乾物類は賞味期限が長いために買い置きしやすい食材ですよね。

缶詰などは緊急用の食材として常に確保しておきたいものの一つです。

生鮮品のまとめ買いは冷凍できるもの以外は、使う分だけをその都度買うほうがお得です。

野菜も一度湯がいておけば冷凍できますので、安いときには生のままでなく加熱してから冷凍保存をしておきましょう。

しかし注意したいのは冷凍したらいつまでも保存できるというワケではありません。

肉類などは冷凍焼けしますし、他の食材も風味が落ちるだけでなく雑菌が湧いてしまう場合もあるので注意しましょう。

食費の節約にとてもオススメなのが、プライベートブランド商品です。

大手のスーパーなどでオリジナルブランドの食材を販売しています。

メジャーブランドに比べると値段が割安でさほど質にも変わりはありません。

調味料などたまに購入するものや、値段の高い食材はプライベートブランドで節約しましょう。

そして食材のなかでも食べる量が多いお米も、ブランドにこだわらず安いお米を美味しく食べるように工夫してくださいね。

安い食材で美味しいものを作るのは主婦の腕にかかっています。

アイデアレシピなども参考にしてみましょう。

 

買物前の冷蔵庫チェック

買物に行く前に必ずやりたいことは、冷蔵庫の中身チェックです。

食費の節約をするには無駄な買物をしないことが鉄則です。

安売りしているスーパーに飛びついて買物をすると、必ず余計な食材も買ってしますよね。

冷蔵庫を見ると同じものがあったなんて経験もありませんか。

そこで無駄な買物をしないためにも、スーパーに行く前には必ず冷蔵庫の中身チェックをしましょう。

どんな食材が家にあるか把握しておかないと買物で無駄な出費になってしまいます。

そして無駄な食材を出さないためには、保存方法にも注意してみましょう。

特に無駄がでやすい野菜は安いときに大量に買いたくなりますが、使い道がないものではまったく意味がありません。

沢山買ってしまった場合には少しでも鮮度を保てるように保存袋などを利用してみましょう。

野菜類は健康の為にも欠かせない食材です。

バランスよく栄養を取る為には野菜は常温保存、冷蔵保存、冷凍保存、乾物の4種類を常備しておくと安心ですよ。

玉ねぎや人参などの根菜類は日持ちがしやすく、しかも値段が安い食材です。

セール時に多少多めに買い置きしても問題はありません。

そして冷蔵庫の中身で注意したいのは、使う量がそれほどない調味料類です。

ドレッシングは手作りで使う分だけを毎回用意したほうが食費の節約にもなりますし、無駄な買い置きをしなくても済みます。

色々なアイデアで食費をどんどん節約していきましょう。

買物に行く時は5日分の献立を準備してくださいね。

毎日買物にいく手間を省いて時間もついでに節約しましょう。

買物は1週間分をまとめてすること

スーパーの特売の誘惑に負けないように、買物は週に1回と決めましょう。

新聞の折込チラシをみると毎日必ずどこかでセールをしていますよね。

本日の目玉商品などとても魅力的な宣伝を見つけてしまいます。

特売商品だけを目当てに買物に行っても、必ずといってよいほど余計なものを買ってしまいませんか。

食費を節約して貯蓄額を増やした方のほんとんが毎日買物はしていません。

週に1回だけ特売の日を選んで1週間分の食材をまとめ買いましょう。

目玉商品はスーパーの客寄せのワザです。

それにつられて毎日買物をすると余計な出費がかさむだけですよ。

そして食費は1週間ごとに使える予算を決めておきましょう。

予算を使い切ってしまったら冷蔵庫の残りの食材を使ってアイデア料理でしのぎましょう。

少しでもスーパーでの出費をおさえたら、その分たまには美味しいご馳走もありえますよね。

食べることをエンジョイしながら、食材の買物は工夫をしてくださいね。

あちこちのスーパーを回って安いものを探すのも時間の無駄ですし、移動費がかさむ結果になります。

ちなみに4人家族の一般的な1ヶ月の食費は2万円から4万円といわれています。

やりくり上手な主婦の知恵を使って低予算で美味しいメニューを考えましょう。

そして買物の注意点は惣菜料理を買いすぎないことです。

すでに料理されているものは、手作りするよりも割り高になっていますので基本は全て自分の手作りが節約になりますよ。

ご飯なども多めに炊いておいて冷蔵保存したり、カレーなども日持ちするもは大量に作って冷凍するのも節約になります。 
 

100円ルールを実行してみよう

食費の節約をするには、食材全般の相場を知っておかないといけません。

いくら特売といっても実際にはそれほど割引されてない事もありますからね。

そこで無駄使いにならないためにも買物の100円ルールを始めてみましょう。

これは全ての食材に共通して言える事ですが、食材を買うときにはあまり底値にこだわりすぎる必要はありません。

一番安いものを買ったとしても、実際には金額的にそれほど節約にはなっていない場合もあるのです。

そのため買物で無駄な出費を控える為、相場よりも高いものは買わない、ということを意識してみましょう。

100円ルールとは買うものをそれぞれ100円以内に収める事です。

例えばパックで購入する肉類などはグラムあたり100円以下にする、切り身魚が1切れ100円以下など、こうやって値段を計算していくと、大量に食材を買うときに途中で計算もしやすくなりますよね。

食材はついつい買いすぎるため、いくら買物リストを作っていても結局必要ないものまで買ってしまいます。

予算内で収めるには100円ルールを守りながら買物をしていくと、金額を把握しやすい事や商品の数も分かりやすいメリットがあります。

節約上手な方が買うものに共通しているのは、じゃがいも、玉ねぎ、人参、豚こま肉など比較的に単価が安いものが定番の食材になっています。

欲しい野菜などは値段が高い時は買わず、特売になるまで待つなど食材の買物にはタイミングも大切な要素ですよ。

食費を節約すると美味しいもの食べられないと思うのは大きな間違いです。

あらゆるアレンジで驚きのメニューを毎日楽しんでくださいね。

食費を節約しながら家計に余裕を持たせよう

光熱費や家のローンなど、どうしても減らせない出費があります。 まず家計費の見直しをするには食費を削る事が最初ですよね。 そこで無理なく楽にできる主婦の節約術を早速始めてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

毎日の食費を節約する驚きの主婦の裏技ワザ大公開!
Reader Rating 5 Votes