いつかは持ちたいゴールドカード!金色のカードのメリットは何?

shutterstock_105665936

金持ちのステータス。ゴールドカードを持つメリットはあるの?

種類が沢山あるクレジットカード。

それぞれのクレジット会社では、一定の人を対象にしたゴールドカードがあります。

いつかはゴールドカードを持ってみたいという方、早速そのメリットについてチェックしてみましょう。

 

ゴールドカードを持つ条件について

実業家の方やヤングエクゼクティブのステータスとして人気のあるゴールカードですが、入会する条件については各会社によって異なります。

もっともお金持ちの象徴されているアメリカンエクスプレスカードのゴールドカードでは年会費が3万円ほどかかることなど、維持費が通常のカードよりも高い事が特徴です。

カードの年会費はカードの使用がなくても支払わないといけませんので、使用頻度が多い人の方が持っているメリットはありますよね。

単にかっこ良いからという理由だけではゴールドカードを持つ意味はありません。

最近では比較的年会費が安いゴールドカードも増えています。

初年度の会費が無料になるキャンペーンもありますので、ゴールドメンバーとしてどんな待遇が受けられるのか一年間試してみるのもよいでしょうね。

一般的には通常のカードを持つためには、18歳以上で低収入があることが条件となっています。

もしくは旦那さんが収入が安定している妻の場合もカードを持つことができます。

ゴールドカードの場合は家族会員としてカードを増やす事もできますので、家族であれば特別な審査がなくカード取得することもできます。

職業は正社員でなくてもパートやアルバイト、自由業の方でも大丈夫ですが、はじめにカード会社で審査を行いますので、その結果によってカードが発行されるかどうか判断されています。

色々なカードが増えていますので、自分のライフスタイルに合ったタイプのカードを持つことが重要なポイントです。

そして特典やサービス面も比較してお得に使えるカードをぜひ一枚は持っていたいですね。

旅行でのメリットについて

近年では海外旅行の付帯保険が付いているクレジットカードが多く普及しています。

普通のカードメンバーでも旅行保険は当たり前の時代になっていますが、ゴールドメンバーになると、空港でメンバー専用のラウンジが利用できるというメリットがあります。

メンバー以外は利用料を払わないとラウンジには入れませんが、ゴールドカードメンバーでしたら無料でドリンクサービスなどを受けることができます。

空港のラウンジは各クレジットカード会社ごとに設置されていますので、よく確認をしてから利用してくださいね。

海外旅行に行く機会が多い人にとっては付帯保険は大変便利なメリットであるといえます。

海外旅行先で病気になって医療機関にいったときの医療費の請求や、荷物の盗難があった場合の保証など、かなり幅広くカバーしています。

保険が適用になるには、旅行代金をそのクレジットカードで支払う事が条件になっていますので、それぞれ確認をしておきましょう。

なかには飛行機代でなく、空港までのタクシー代をクレジットカードで支払っただけでも保険適用になる場合もありますからね。

ゴールドカードのメンバーになると、さらに空港までの送迎が自宅から無料でできるサービスや、スーツケースの宅配を無料でしてもらえるなどのメリットもあります。

ビジネスなどで出かけることが多い方にはこのメリットは大変嬉しいですよね。

海外旅行の保険はわざわざ別料金を払って保険会社に申し込みする必要はありません。

カードを使うだけで色々な補償をしてもらえますので大変便利ですよね。
 

メンバーだけの質の高いサービスが受けられる

通常のクレジットは近年機能性も高まり、決してゴールドカードにこだわる必要性は少なくなってきたように思われます。

しかしメンバーだけのサービス内容は通常のクレジットカードに比べると大変バラエティに富んでいますし、特に高級といわれる施設での割り引き対応などが充実しています。

高級レストランでの割り引き、ホテルのチェックインでの専用デスクなど、エクゼクティブの人が利用する施設ではゴールカードメンバー専用のサービスがあります。

さらに海外では飛行機の搭乗の際にゴールドカードメンバーは優先して案内してもらえるメリットもありますので、持っていると色々と便利な点はあることは間違いですね。

さらにカスタマーサービスもゴールドメンバー専用のオペレーターが対応してくれますので、飛行機のチケット、ホテルの予約まで簡単に手配をしてもらえます。

これらのサービスはもちろん無料ですが、支払いがカード払いになるなどの条件は各社で異なります。

通常のカードでも十分な機能が付いていますが、ワンランク上のサービスを受けたい方にはゴールドカードは大変魅力的ですよね。

海外旅行でのトラブルの際にも日本語のオペレーターが対応してくれますので、困った時の対応はさすがゴールドカードだといえるでしょう。

このようなメリットを得るためには高額な年会費を支払わないといけません。

それでも価値があると感じる方にはゴールドカードは通常のタイプよりも良いのでしょうか、家庭の主婦の方やカードをそれほど使用しない人にとってはそれほどメリットには感じないのかもしれませんね。

限度額がとても高いこと

 

一般のクレジットカードのショッピング限度額は30万円から50万円ぐらいが普通ですが、ゴールドカードの限度額は会社によって異なりますが、最高で250万円ぐらいまで増額することも可能です。

カードで支払をする方、ビジネスで使うことが多い人にとっては限度額が高いほうが安心ですよね。

さらに海外旅行に行く際も、高額な航空券を購入してしまうと一般カードではほとんど限度額一杯になってしまいます。

最近ではオンラインでのカード支払をする機会も多い為に限度額が高いゴールドカードは大変メリットが大きいといえますよね。

さらに買物でもメリットとしてはポイントの還元率が大変良いという点です。

一般のカードの2倍以上の還元がされる場合もありますので、カードで支払うほどお得になるという仕組みになっています。

さらにゴールドメンバーにはポイント還元の方法も種類が豊富にあります。

商品と交換したり他のポイントサイトへ移行できるメリットをはじめ、レストランやショッピングでの割り引き対象になるお店が多いことなど、カードを使うことでメリットも色々増える点が特徴になっています。

ゴールド会員になるためにはそれぞれの会社の審査がありますがその条件は異なり、独自の審査として基準は一般的には公表されていません。

ゴールドカードを持つメリットが自分のライフスタイルに合っているのでとても魅力的ではありますが、高額な年会費を払うのが負担になるのであれば一般のクレジットカードでも十分かもしれません。

ステータスを持ちたいという方にはゴールドカードは憧れですよね。

ゴールドカードのデメリットはあるの?

旅行保険やポイント付与など色々なメリットがあるゴールドカードですが、はたしてデメリットはあるのでしょうか。

まず気になるのは高い年会費です。

カードを使うことによってお得に感じる為には、かなりの利用が必要になりますよね。

ゴールドカードは一般のカードからグレードアップすることも出来ますが、現在ではゴールドカード以外にもステイタスカードと呼ばれるものが人気があるようです。

このカードは「優良顧客」を対象にしたカードでゴールドカードよりもステータスが高いカードとして広まっています。

さらにゴールドカードは、会社によってヤングゴールドなど若い年齢層を対象にしたカードも発行していますので、以前のようなゴールカードの意味が少なくなっているようにも思えます。

ゴールドカードよりもさらにワンランク上のカードとしてプラチナカードがありますが、年会費は5万円前後とさらに高額になっています。

メリットもゴールドカード以上にありますので、高い年会費を払っても使いこなせる方にはよいのでしょう。

プラチナカードを持つためには、ゴールドカードメンバーとして一定額利用額を超えた人に招待状が送られてきます。

プラチナカードにアップグレードするにはゴールドカードを頻繁に使用するか、高額な支払を続けないといけません。

このように近年クレジットカードは利用者をさらに細かく分けて、目的別にしたタイプが増えています。

ゴールドカードのステータスも昔ほどの印象ではなくなっているのかもしれません。

以前に比べるとゴールカードも持ちやすくなったのは良いことかもしれません。
 

ゴールドカードのメリットとデメリットを理解しておこう

クレジットカードは一枚あると便利ですよね。 どんな特典やメリットがあるかじっくり比較してみましょう。 ゴールドカードの場合は会員専用の特典に注目して自分にあった一枚を見つけたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

いつかは持ちたいゴールドカード!金色のカードのメリットは何?
Reader Rating 1 Vote