ふるさと納税で今年納める税金を返してもらおうよ

shutterstock_63078199

お金がない時ほど納める税金は少ない方がいいよね!

いよいよ師走が来て、一年も終わるなと思っていると確定申告などの税金を納める時期になりますね。

さてさて、税金還付が受けられるふるさと納税についてみてみましょう。

  

ふるさと納税

地方に生まれた子供たちは、生まれ育った自治体から医療や教育などの住民サービスを受けて育ちます。

進学や就職をすることで都会へ旅立ち、都会で納税を行うようになります。

都会では税金が入りますが、生まれ育った故郷には税収が入りません。

自分が育ったふるさとに自分の意思で納税をすることができてもいいのではないかという「ふるさと納税研究会」の報告書による問題提起により、生まれました。

納税という言葉ついていますが、本当のところは、「都道府県、市区町村などの地方自治体への寄付」のことです。

一般的に、寄付をした場合には確定申告を行うことで寄付金の一部分が所得税および住民税から控除されます。

しかし、ふるさと納税では、自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象となります。

たとえば、年収が700万円の給与所得者と配偶者の2人家族の場合には、30000円のふるさと納税を納めると、2000円を超える部分つまり、28000円が所得税と住民税から控除されます。

ふるさと納税制度は、生まれ育った地方自治体に貢献する制度、自分の意思で応援する自治体に寄付をできる制度として作られましたが、どの自治体に対しても、ふるさと納税を行うことができます。

平成27年4月から、確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が開始されました。

これにより、あらかじめ申請することで、ふるさと納税を行う自治体が5団体以内である場合には適用を受けて、確定申告が不要になりました。

ふるさと納税制度改正について

平成27年度税制改正により、ふるさと納税がより使いやすくなりました。

この税制改正では、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりましたが、ほかの制度改正を確認しましょう。

まず、一つ目は、自己負担額の2000円を除いた全額が控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、平成27年1月1日以降では、約二倍に拡充されることになりました。

年収300万円の人の場合では、今まで12000円のふるさと納税枠が23000円に、年収500万円の人では30000円から59000円に、年収700万円の人tでは56000円から108000円になりました。

次に「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の新設です。

確定申告が必要だったふるさと納税ですが、確定申告を行わなくてもいいようになりました。

特例の申請には、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内で、ふるさと納税をするときにふるさと納税をした自治体に特例の適用に関する申請書を提出しなければなりません。

ふるさと納税のメリット

まず一つ目は、寄付をして応援すると、お礼の品がもらえます。

お米やお肉などさまざまなものが俺遺品として用意されています。

次に、確定申告で税金が控除されます。

寄付した金額はその年の所得税と、翌年度の個人住民税から控除を受けることができます。

三つ目に、好きな地域を選ぶことができます。

生まれた自治体などだけに縛られません。

四つ目に、寄付の用途を選ぶことができます。

寄付したお金を寄付先の自治体にどのような使途に限定して使ってもらうのかを決めることができる制度です。

五つ目に複数の自治体に寄付をすることができます。

何箇所に寄付を使用が自由です。

何箇所かの自治体に寄付をしていくつお礼品をもらうかは自由です。

税金に関して

税金が実際に控除される時期は、2015年1月1日から12月31日までの寄付金は、住民税の場合には、2016年6月以降に収める2015年度の税金から控除が行われます。

サラリーマンなら、2016年6月ごろに勤務先企業から2016年分の住民税額が記載された「住民税決定通知書」が届きます。

その中の項目のひとつに、寄付金の税額控除が記載されます。

所得税の場合には、2015年の所得税が軽減されます。

所得税は住民税と異なり、直接寄付者の銀行口座など指定の講座にこう序文が振り込まれます。

寄付金控除は、毎年受けることができます。

年末年始の注意点

2015年分のふるさと納税としての扱いを受けるには、多くの自治体ではクレジットカードでの申し込みを受け付けていて、12月31日までの申し込み、入金は2015年分として受け付けてもらうことができます。

しかし、自治体によって異なる場合があるので、各自治体で確認が必要です。

納入通知書(納付書)、銀行振り込み、郵便振込み、現金書留などで支払うときには、12月の上旬から中旬までの申し込みで、かつ中旬から下旬までの入金を2015円分として受け付ける自治体が多いようです。

これらの自治体の定める期日を越えてから納付したふるさと納税は2016年分として扱われます。

また、ワンストップ特例制度の申請は2016年1月10日までに申請書が自治体に到着する必要があります。

もし、間に合わなかったら確定申告をする必要があります。

寄付の受付は、入金を確認した日とする自治体が多く、最長で2ヶ月かかることもあります。

ほしい自治体が受付期間外だったり、年末までに間に合っても選ぶ暇がなかったりする場合には、ポイント制の自治体がお勧めです。

ポイント制の自治のメリットは寄付後の作業を次の年度に繰り越すことができることです。

品定めをする時間や、品切れ、受付期間外だったりしても、先に寄付だけを済ませておいて、受付再開になることをまってそのほしい品をもらうことができる。

寄付する自治体が5箇所だと確定申告をしなくてすむのでそのためにも納付先を減らしたい人にもお勧めです。

ポイント制の自治体は1000円ごとにもらえる商品がワンランクアップする場合がある。

これらのポイント制が使えるネットで話題の自治体は、三つあります。

ひとつは、鹿児島県大崎町、愛媛県西条市、北海道網走市などです。

鹿児島県大崎町は、マンゴー、ウナギ、和牛、黒豚などの人気商品がそろっています。

愛媛県西条市では、西日本最大規模の工業地帯を持っているため、工場直送のスーパードライや、農産物、海産物、ブランドかんきつ類の「せとか」などがもらうことができます。

北海道網走市では、エビ、カニ、いくらなどがもらうことができます。

ふるさと納税ランキング

ふるさと納税に関するサイトでの人気度を調査しました。

人気順に、もらえるものなどをご紹介したいと思います。

3位宮崎県綾町。

10000円以上20000万円以下で、宮崎牛ステーキが180グラムを2枚、マンゴ0、日向夏、宮崎牛焼肉用が600グラム、焼酎などなど。

そして、全特産品でトップの人気を誇った、綾ぶどう豚食べつくしセットなどなどが用意されています。

2位、山形県天童市。

天道は、将棋の駒の生産地であることや人間将棋のイベントで有名ですが、将棋駒のストラップをもらうことができます。

また、「はえぬき」、「つや姫」などのお米10kgや、天童牛のロースやもも肩ロースなどが500グラムや600グラム、手打ちそば、ラフランスなどから選ぶことができます。

100万円以上のふるさと納税をすると、モンテディオ山形の一日社長体験をすることができます。

1位、宮崎県都城市。

10000円以上から、宮崎牛リブローススライや、宮崎牛ロース焼肉用の500グラム、サーロインステーキ(220グラムが二枚)、宮崎牛・黒豚切落とし2.1キログラムのセットなどがあります。

もっとも閲覧数の多いランキングは、3位長崎県佐世保市。

九十九島殻付かき、あわび、さざえ、あまだいなどや、鮮魚のセット、刺身などがあります。

また、長崎和牛などもあり、長崎和牛ステーキや、長崎和牛特選モモステーキなどをもらうことが用意されています。

2位は山形県天童市でした。

そして、1位は、静岡県焼津市でした。

魚河岸柄スマホケース、佃煮、天然マグロセット、炭火鰹たたき、姿本ずわいがに、焼物用「駿河海洋深層水で漬けたまぐろの腹部位」セットなどが用意されています。

ふるさと納税について詳しくご紹介しましたが如何だったでしょうか?

ふるさと納税という制度は聞いたことがあるけど、どうやって使ったらいいかわからない、確定申告とはよくわからないしという状態から、ふるさと納税について理解してつかってみてもいいかなと思うように書いてみましたが、いかがでしょうか。 ふるさと納税は制度としてもまだ若い制度です。 まだまだ十分なサービスとは言えないようなものもありますが、ふるさと納税を使うとメリットも多いです。 税金でどうせ取っていかれるなら、それで好きなものをもらって税金を納めたほうがいいという考えをするような人には向いていてお勧めできます。 税金を納めて社会に貢献するという社会的な貢献などに関心のある方は普通に納めてはいかがでしょうか。 だれも自分で収めたいとは思わないと思いますが。 税金は貧乏人と馬鹿が払うという昔のヨーロッパの言葉があります。 税金は賢く少なく収めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ふるさと納税で今年納める税金を返してもらおうよ
Reader Rating 1 Vote