ふるさと納税のメリットとは?「税金を払って社会貢献する方法」

shutterstock_319893566

お金がないならふるさと納税を活用してみよう

ふるさと納税って聞いたことはありますか?

ほとんどの方が聞かれた事があると思いますが、では詳しく知っていて、しかも実際に行ったことがある人は、結構少ないのではないでしょうか?

実はふるさと納税を行うのは意外と簡単な上、いろいろなメリットがあるので、利用する人は急増中です。

一方でふるさと納税にも問題点はありますので、そこもふまえた上でぜひ活用されてはどうでしょうか?

ふるさと納税誕生の秘密!

ふるさと納税は平成20年度の税制改正によって導入が開始されました。

導入のきっかけは、地方と都市の税収格差が無視できなくなってきたので地方に十分な行政コストが行き届かず、税収のほとんどを都市部に回収されてしまう仕組みができあがってしまったことを改善するためです。

そこで、ふるさと納税は都市部から地方に税を還元できる仕組みを実現するために誕生したのです。

具体的には、全国の自治体にふるさと納税という形で寄附するだけです。

税金を納める側にとっては、住民票のある地域に納める住民税意外の選択肢が増えたわけです。

これはただ単に地元の活性化にとどまらず、税金を納める人にとっても大きなメリットがある制度なのです。

大きなメリットを2つ上げましたので、まだ活用されたことがない方はぜひトライしてみて下さい!

ふるさと納税のメリットその1 税金対策

まず第一に上げられるメリットは、あなたが寄付したふるさと納税の金額が、その年の所得税と翌年の個人住民税から控除されることです。

この控除があるため、あなたが「支援したい」「応援したい」自治体に対して自由に寄付することができるのです。

例えば、あなたが田舎から東京に出て自立している場合、住民票が東京にあるので通常は東京に住民税を払うことになりますが、ふるさと納税を利用して過疎や不景気に悩む自分の田舎に納税することで田舎の税収が増えることになり、しかも東京で支払うべき所得税と翌年の個人住民税から控除されるのです。

さらに、サラリーマンにとってうれしいのが確定申告が不要になる制度もあることです。

ただし、ふるさと納税で控除される税額には上限があるので注意が必要です。

ただ、今後ふるさと納税で控除される金額が増えていくとも言われています。

ふるさと納税のメリットその2 特産品がもらえる!

そして、ふるさと納税はお得!として一躍有名になったのは、ふるさと納税を収めることで地元の特産品がもらえる、ということです。

ふるさと納税は、どこの自治体にしなければならない、というような制限はありませんので、その特産品を目当てに行うことも可能なのです。

さらには、ふるさと納税をするのは何カ所でも可能ですので、複数の自治体にふるさと納税を行って、複数の特産品をもらうこともできるのです。

では、具体的に人気のある特産品として口コミ評判の高いものをあげてみましょう。

☆山梨県甲州市・・・日本におけるぶどう・ワイン発祥地である山梨県甲州市は、ワインだけでなく、そのワインを飲んで育った「甲州ワイン豚」、さらにはぶどうやももなど、自然の豊かさをアピールするような特産品で有名です。

☆静岡県南伊豆町・・・地元で捕れるさざえ、伊勢エビなどの海産物やメロン、みかん、野菜なども人気なのですが、ユニークなのが「感謝券」と呼ばれる、南伊豆町で利用できるお得な利用チケットです。

☆佐賀県小城市・・・この小城市でなによりすごいのが、超高級銘柄A5ランクの「佐賀牛」で、なんと 昨年度(2014年度)の寄付総額は5.1億円以上を集めたそうです!

☆群馬県草津町・・・温泉で有名な草津は、寄附金額の半額分もの感謝券を送り、温泉旅行だけでなく飲食店でも使えるようにして地元の活性化をはかっています。

☆三重県玉城町・・・マスコミ等で大きく取り上げられたこともあるのでご存じの方も多いと思いますが、「玉城豚のとんてきセット(ふるさと味工房アグリ)」、「玉城豚のウインナー・ソーセージ詰合せ(ふるさと味工房アグリ)」、白ワイン・干しぶどう・玉城カレー詰め合わせといった人気商品に加え、数量限定でなんと超高級和牛の松阪牛やブランド柿「次郎柿」ももらえるそうです!

☆長崎県平戸市・・・「ふるさと納税大国」という名を冠している平戸市は、全国でもトップクラスの特83種の特産品をほこり、ふるさと納税に全市をあげて取り組んでいる意欲がうかがえます!

☆北海道当別町・・・北海道と言えば名産品が数多くあり、海産物や酪農、ラーメンなど枚挙にいとまがありませんが、北海道当別町でもらえるのはジンギスカンで、なんと1万円の寄付で2.0kgもらえるほか、浅野農場しゃぶしゃぶセットと厳選豚肉など北海道ならではの魅力溢れる特産物がもらえます!

☆山形県真室川町・・・お米を特産品にしている自治体は多いですが、中でもこの山形県真室川町で特産品として新米「はえぬき」15kgを選ぶと、 農家に支払われる米の代金に一定額を直接加算して支払われる新しい仕組みをとっているので、「寄付者」であるあなたにとっても「農家」にとっても嬉しい画期的な仕組みなのです。

☆北海道夕張市・・・一時は財政破綻で話題になった夕張市が、ふたたびメロンを目玉にしたふるさと納税で活性化しつつあります!

☆静岡県浜松市・・・浜松市といえば?そう、ウナギ!浜松市は日本で最初のうなぎの養殖を始めたうなぎの聖地で、特産品としてもらえる「浜名湖うなぎ」は全国のグルメがうなる絶品の味です。

☆北海道猿払村・・・猿払村という名前を聞いたことがある人は少ないかもしれませんが、日本最北端の村でホタテの漁獲量日本一を誇る村で、高級料理店のシェフもわざわざ猿払産を指定して買い付けるほど有名なホタテの貝柱がもらえます!

こんな社会貢献の方法もあります!

以上、有名なふるさと納税を上げてきましたが、これらはまだほんの一例で、日本中の自治体が様々な特産品や感謝券などをもらえることができます。

納税をするあなたにとっては納税した金額の一部が特産品という形でかえってきますし、地元にとってみれば地元の特産品をアピールしたり、感謝券を利用するために観光客がやってきて、それがまた口コミになってひろまったりリピーターが増えることにもつながるので、お互いにWin-Winの関係が築けるのです。

でも、ふるさと納税のすごさはそれだけではありません。

気軽に社会貢献につなげることができてしまうのです!

たとえば、東北の復興にふるさと納税をしてみてはどうでしょうか?

財政的に厳しい自治体では特産品がない場所もあるのですが、直接自治体にお金が行くので純粋に寄付ができますし、本格的な復興をするため、たとえば福島県飯舘村でふるさと納税に特産品を新たに設置したところ、1日で129件約560万円分の申し込みがあるなど、注目の高さがわかります。

また、広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)のふるさと納税は、全国のペット好き、特に犬好きの方には共感できるものだと思います。

神石高原町に対してふるさと納税をすると、広島県の犬の殺処分ゼロを目指す「ピースウィンズ・ジャパン」という団体に対する活動支援をすることになるのです!

動物を愛する全国の人から神石高原町に対してふるさと納税があったようで、このような工夫も多くの自治体は見習ってほしいですね。

これはやりすぎ?

さて、そのような魅力一杯のふるさと納税ですが、なかには「これはやりすぎじゃない?」と批判を浴びたものもあります。

考え方は人それぞれなので、判断はあなたに委ねますが、とりあえず実際に行われていたふるさと納税の特典について以下とりあげます。

日本三景の「天橋立」で知られる京都府宮津市では、なんと1000万以上の寄付をしてくれた人に、750万円相当の200平方メートルの宅地をプレゼントという企画があったのだとか!

実際に1000万以上の寄付をした人がいたのかどうかわかりませんが、現在ではとりやめているそうです。

他にも、兵庫県多可町が町営ケーブルテレビのニュースキャスターができるという特典だったり山形県真室川町で企画された一日町長などの例もあります。

面白いアイディアだとも思うのですが、中には地元からの批判が起きているものもあるので、加熱しすぎるのも考え物かもしれません。

それでもやっぱり、ふるさと納税は活用すべき

デメリットもありますが、自分はやはりふるさと納税は賢く活用すべきだと思います。 特典が豪華になりすぎて、かえって地元の経済を圧迫するとか、特産品が乏しい地域との格差が広がっているなどの問題点も指摘されていますが、なにも手を打たなければそれこそどんどん産業のない自治体は高齢化し、財政破綻が相次ぐことも予想されます。 まだ制度ができて10年もたっていないふるさと納税。 今後より日本の地域を活性化するものになることを期待したいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ふるさと納税のメリットとは?「税金を払って社会貢献する方法」
Reader Rating 2 Votes