メリットたくさん!ネットバンキングの特徴について

shutterstock_151413974

オンラインで簡単にお金の管理。ネットバンキングってこんなに便利!

銀行にわざわざ行くのはもう過去のこと。

今では自宅で簡単にオンラインでお金の管理ができる時代になりました。

ネットバンキングはちょっと不安、という方も多いようですが見逃せないメリットがたくさんあるのです。
 

ネットバンクの種類について

ネットバンキングは何処でも24時間取引が可能な点が最大のメリットになっていますが、ネットバンクといってもいくつかの異なる種類があります。

まず近年とても増えているインターネットの専業の銀行、人気のあるジャパンネット銀行などがあります。

また一般の都市銀行などで行っているネットバンキングのサービス、また同様に一般の銀行がもっているネット支店があります。

また最近では店舗型の銀行とネットバンキングの両方の特徴を持つハイブリッド型と呼ばれるネットバンキングも増えていますよね。

どのネットバンクにも共通する点が、オンライン上でお金の管理をするということなのですが、各社によってサービス内容は異なります。

一般銀行のネットバンキングサービスはコンビニのATMでお金の入出金ができるため、わざわざ店舗まで行かなくてもよいというメリットがあり、店頭で行うサービスも利用できる点が特徴になっています。

しかし預金の利率は専業のネットバンクに比べると劣るというデメリットもありますよね。

それとは逆に店舗を持たないネット専業のネットバンクは様々な手数料が一般銀行に比べると安く、店舗がない代わりにATMを提携している場所が大変多く、コンビニ、郵便局、提携一般銀行のATMなどを利用できる点が嬉しいですよね。

またネット専業の銀行の場合は店舗に行く手間がありませんので、忙しい方にとっては大変便利な銀行であるといえます。

銀行は口座を開設した支店でないとできない手続きなどもありますが、ネットバンクならその心配もいりません。

こらからの新しいスタイルとしてネットバンクは注目されています。

お得な手数料について

自分の口座からお金を引き出すのに手数料を払うのはおかしい、と不満を感じたことはありませんか?

一般銀行では自分の取引先以外の銀行ATMからでは手数料が発生しますよね。

しかも毎回違う銀行を利用しているとかなりの無駄な出費になってしまいます。

ネットバンクの全てに共通しているわけではありませんが、なかには郵便局やコンビにATMの利用手数料が無料になるネットバンクがあります。

一例をあげるとジャパンネット銀行や住信SBIネット銀行はセブン銀行のATMの利用手数料が完全に無料になっていますし、新生銀行の場合は郵便局、コンビにATMの利用が完全無料になっています。

また時間帯によって無料になる場合などもありますので、それぞれのネットバックをチェックしてみましょうね。

またなかには手数料を一旦支払って利用して、その後に手数料をキャッシュバックしてくれるという特典がある場合もあります。

このように今までは当たりまえに払っていた利用手数料も今では無料である事が常識になりつつあります。

ATMからお金を引きだす機会が多い人は特にネットバンクを使いこなしたほうがお得なのです。

またネットバンクは24時間営業のコンビニ店舗内に設置してあるATMならばいつでも利用可能なため、一般銀行の店舗にあるATMよりもはるかに自由にアクセスできる点が嬉しいですよね。

銀行の預金の利率よりも手数料のほうが高い時代。

そんな無駄使いを続けている人は早速ネットバンクに変えてみましょう。

口座開設もすべてオンラインでできますので、かつてのようにわざわざ銀行に行く手間はありませんよ。
 

高金利なネットバンク

一般銀行の普通預金ではいくら貯金をしても金利が低いために満足できません。

ネットバンクが一般銀行と大きく異なる点は高金利である点です。

なかには一般銀行の定期預金の金利がネットバンクの普通預金の金利よりも低いなんて場合もあるほどです。

例えばゆうちょ銀行の普通預金の金利は約0.03%ですが、ネット銀行では0.1%のところもありますので、約3倍以上も金利が違いますよね。

ただ預けているだけでも、銀行によってはこれほどまで違いが発生するのです。

ではなぜネットバンクの金利でそれほど良いのでしょうか。

その理由はずばり店舗を持たないという点です。

一般銀行は日本全国に支店があり、利用者が便利になるように駅からアクセスがよい店舗や人通りが多い場所で支店を構えることがほとんどですよね。

そのため店舗の建設費や銀行の運営費、そしてスタッフの人件費などが発生してします。

ネットバンクの場合は店舗を持たないため、施設管理や運営の為のコストをカットしています。

従業員の数も一般銀行に比べると圧倒的に少ない為、これらの費用がすべて利用者に還元されているという仕組みになっています。

またATMの数も大変多いネットバンクですが、銀行や郵便局内にあるATMはネットバンクが保有するものではなく、銀行の施設を借りている為に費用も安くて済むのです。

このようにネットバンクはコストを抑えるかわりに高金利が実現し、近年では利用者も急増していますよね。

オンラインバンキングという習慣がついてきた為に、ネットバンクの存在は欠かせないものとなっていますよね。

預金の種類が豊富であること

銀行の窓口に行くと沢山の預金や資産運用の商品が宣伝されています。

しかし問題はその金利の低さですよね。

ネットバンクは一般銀行に比べても金利がよい点が人気になっていますが、さらにお金を貯めたい人にとっては種類が豊富な商品が沢山ある点もメリットになっています。

まず利用者がとても多い定期預金ですが、利率を比較してみると一般銀行では0.02%前後のところが多いなか、ネットバンクの楽天銀行では100万円を貯蓄した場合3ヶ月で0.08%、半年で0.1%、1年では0.12%もの金利になっています。

他のネットバンクも同様にかなり高金利であることが特徴です。

また人気の外貨預金も一般銀行の場合はまず担当者と相談をして預金を始めるケースが多いなか、ネットバンクでは口座を開設するだけで簡単に外貨預金ができる便利さがあります。

投資の初心者も簡単に小額から始められるものも沢山ありますし、海外旅行に行くときの外貨の両替もオンラインで簡単にできるようになりました。

またネットバンクでは外貨預金の為替手数料が無料なメリットがあるところもありますので、種類豊富な商品から自分にあった貯蓄方法を選べる点も魅力になっています。

そして気になるのがネットバンクが倒産した時の保証ですよね。

経済状況が悪化してしまえば、大手の金融機関だって破綻する可能性はたくさんあります。

ネットバンクも同様に仮に破綻してしまった場合は、預金保険制度の対象になっていますので元本1000万円とその利息は保証される仕組みになっています。

一般銀行と同様な信頼ができる点も嬉しいですね。

注意したいデメリットについて

ネットバンクといえば心配になるのがセキュリティーです。

口座番号が盗まれたり、クレジットカードが知らないうちに利用されているなど、最近の新たな犯罪としてネットバンキングの利用にはさらに注意をしないといけません。

まずデメリットになる点としては、ネットバンクを利用する際には本人確認用のパスワードが必要になります。

パスワードを忘れてしまった場合には再発行してもらう必要がある為に、すぐその場で自分の口座にアクセスができないというデメリットがあります。

パスワードやIDは自分がしっかり管理しないといけません。

特にネットバンクの場合は他人に使われてしまう恐れもありますので、定期的なパスワードの変更も必要ですね。

またセキュリティーを強化する為にはウイルス対策のソフトをパソコンに入れること、スマホからアクセスするときは公共のWI-FIは利用しないこと、また覚えのない銀行からの不審なメールなどは開かないなど注意しましょう。

それぞれのネットバンクでは本人確認の為のセキュリティーを強化しています。

自分の口座にログインした時は前回ログインした日時が表示されていますので、必ず取引を開始する前にチェックをしておきましょう。

またパスワードを自分の誕生日などにしないこと、同じパスワードを他のアカウントでも使わないなど、利用者本人が意識をしてネットバンクを利用する点も忘れてはいけませんね。

様々な犯罪が増えていますが、自分で防ぐ事は可能なのです。

便利で快適なネットバンク、利用することで多少のリスクがありますが、十分に注意をして使いこなしたいですね。
 

ネットバンクのメリットをもっと活用しよう

ネットバンクはいつでも取引ができる点がメリットですが、それぞれの銀行ではお得なサービスや商品が豊富に用意されています。 少しでもお得に資産運用をするためにもネットバンクを安全に使いこなし、生活の一部にしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

メリットたくさん!ネットバンキングの特徴について
Reader Rating 2 Votes