必見!寒い冬を乗り切る暖房費の驚きの節約術

shutterstock_345767585

光熱費が心配になる冬。コツを掴んで心身ともに温まる節約方法

冬の暖房日は家計費の中でもとても大きな負担になっています。

でも無理をして寒い生活をすると風邪をひいて体調を崩す原因に。

そこでお財布に優しい暖房費の節約方法について早速ご紹介したいと思います。

温めるエリアごとに暖房器具を選ぶ

冬の暖房には石油ファンヒーターをはじめ、エアコン、ホットカーペット、ハロゲンヒーターなど色々なタイプがあります。

それぞれの暖房機にはメリットもデメリットもありますので、環境によって使い分ける事が大切ですね。

エアコンの暖房機能は、外の熱を吸収しながら部屋を温めるため効率的にはとてもよいのですが、体感的に温度がなかなか高くならないことがデメリットになっています。

ハロゲンヒーターと比較した場合では、エアコンのほうが電気量が少ないので節約にはなりますが、石油ファンヒーターのような即効性がない点が気になりますよね。

またエアコンの機種によっては暖房効果が少ない割りに電気消費量が高いものがある為に、エアコンの暖房だけで冬を過ごすには性能の良い最新モデルを使ったほうが効果的です。

またエアコンは部屋全体を温める効果にとても優れているのですが、一人暮らしのようなせまいエリアだけの暖房だと光熱費の無駄になってしまう場合もあります。

そのため部分的な暖房をするのであれば、石油ファンヒーター、ハロゲンヒーター、ホットカーペットなどがお得でしかも体感温度も高いですね。

どのような環境で暖房をするのか、目的によっても暖房器具を選ぶ必要があります。

最近では省エネタイプの電気製品も大変増えていますので、これから暖房器具を新しくする方は、光熱費を大幅に抑えるタイプがよいでしょう。

また小さい子供がいる家族の場合は安全性にも注意して選びましょう。

石油ストーブは子供がいる場合にはケージで回りを囲うなど、安全対策も忘れないでくださいね。

室内の環境作りをすること

暖房効果を最大限にする為には、部屋のなかにもちょっとした工夫が必要です。

特に外気が入りやすい窓からの温度をブロックするにはカーテンを使いましょう。

カーテンも生地が厚手の遮断タイプのものがオススメです。

カーテンを付ける時のポイントですが、冷たい空気は部屋の下にたまりやすいために、カーテンの長さが中途半端では効果も半減してしまいます。

そこで冬場のカーテンは床までしっかり届く十分な長さのものを使いましょう。

また市販の断熱シートも大変効果があります。

断熱シートは窓に貼り付けるタイプがありますので、簡単に使えるので冬の間はオススメです。

断熱シートを貼った場合室内の温度は約2度ほど上がります。

年間の暖房費として計算すると、エアコンの設定温度を2度下げるだけで約1200円ほどの節約につながります。

また室内を暖める事ばかりを意識してしまうと、ついつい部屋の保温性が忘れがちになっています。

夜は雨戸をしめてしっかり暖房効果をアップさせましょう。

暖房器具の効果を引きだすためには温かい空気が室内にとどまる状態にしないといけません。

窓もしっかり鍵をかけたほうが密閉率があがりますので、防犯の意味を込めてもしっかり戸締りをしてくださいね。

暖房費は住んでいる地方によっても異なりますが、首都圏では11月ごろから4月頃まで暖房器具を使うのが一般的です。

そのため光熱費のなかでも暖房費はかなり高額になりますので、節約をするためにも上手な暖房方法を知っておきましょう。

新型の暖房器具を使うだけでなく、ちょっとした生活のコツが必要ですよ。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2