金融業界をゆるがすフィンテックはあなたの生活も変えています 

shutterstock_314011493

あなたも確実に利用しているフィンテック。詳しく知っておいたほうがよいかも!

「フィンテック(FinTech)」と聞いてピンと来る人はかなりの金融通かもしれません。

自分もつい最近この「フィンテック」という言葉を知りました。

実はフィンテックは金融業界に激震を走らせる革命といっていいものなのです。

そして、自分も含め、おそらくあなたも確実にこのフィンテックをすでに利用しているはずです。

「フィンテック」って何?

「フィンテック(FinTech)」とは、簡単に言うと金融(Finance)とテクノロジー(Technology)の合成語です。

金融の世界を便利にするためのテクノロジーなのですが、ただ単にITの活用を進めるだけではなく、スマートフォン、AI(人工知能)、ビッグデータなどを駆使した新金融サービスのことなのです。

そして、それが従来の金融のあり方を大きく変革し、既存の銀行サービスにない新しい価値を提供するので金融業界を大きくゆるがすパワーを秘めているのです。

実際、我々の生活にはこのフィンテックはすでに様々な形で入り込んでいるのです。

ペイパル

例えば、フィンテックの典型的な例として「PayPal(ペイパル)」が上げられます。

自分も最近はよくペイパルでの決済を利用しています。

米国生まれの「PayPal(ペイパル)」は電子メールアドレスとインターネットを使った代表的な決済サービスで、その利便性と安全性から日本をはじめ世界中で拡がっているフィンテックの一種です。

ペイパル口座間やクレジットカードでの送金や入金ができ、特にネットショップでの決済やインターネットを通じて個人・企業と取引する際にカード番号を相手に通知せずに決済ができるサービスが好評で、会員は2億人を超えているといわれています。

以前はペイパルの操作性がいまいち不便だと感じていましたが、最近はアップグレードされ、使いやすくなりましたので、インターネット初心者にもおすすめな決済方法だと思います。

ペイパルの他にも、似たものとして中国の「Alipay(アリペイ:支付宝)」というものがあり、中国最大手のネットショップであるタオバオ(淘宝)での決済にはかかせないものになっています。

配送事情がよくない中国での電子商取引に拡大に貢献し、サービス利用者がすでに8億人をこえたと言われています。

単純にサービス利用者だけを考えるとアリペイのサービス利用者はなんとペイパルの4倍です!

そして、今注目を集めている仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」も、まさにフィンテックです。

渋谷にあった最大手の取引所マウントゴックス(MtGox)社の破綻により、日本では一時マイナスのイメージが増しましたが、欧米ではすでに多くの商取引でビットコインが用いられていて、その流れはいずれ日本にも来ることが十分予想されます。

中央政府の管理下におかれていないビットコインなどの仮想通貨は、今後さらに拡大していくことが予想されていますが、イスラム国が資金をビットコインで調達しているという話もあるので、なんらかの規制が加えられる可能性は否定できません。

決済のあり方をかえたフィンテック

現時点において、フィンテックによるサービスは「決済」が約半分となっています。

特に、「個人向けの新決済サービス」がメインフィールドとなっています。

自分もペイパルは主に決済でしか使っていませんし、あなたもそうではないでしょうか?

ITにおいて日本の2歩も3歩も先を行っているアメリカでは、フィンテックも日本より遥かに進んでいて、決済、送金、不正監視、口座管理などで新しいサービスが続々と登場している上に人工知能が資産運用に関して助言するサービスまであるとか。

日本ではまだ決済が中心ですが、いずれアメリカのように様々なサービスやセキュリティ対策がとられるようになっていくでしょう。

特にスマートフォンの登場がフィンテックの躍進に拍車をかけています。

スマートフォンに装着した簡易リーダーで手軽にカード決済ができるサービスはアメリカではかなり以前から行われており、日本でも同様のサービスがすでに行われています。

米アップル社はアメリカで独自の決済サービス「アップルペイ」というものを開始しているのですが、「クレジットカードの情報はiPhone6の中に入っているので、カードを持ち歩く必要はない。」とも言っています。

日本にもiPhone6ユーザーは多数いますし(自分も今年からiPhone6を持ち始めました)、日本にも「アップルペイ」と同様のサービスが導入されるのではないでしょうか。

顧客の利便性を追求

フィンテックの最大の役割は、顧客の利便性を追求したことにあります。

電子マネーの登場、クレジットカード決済などで消費者の利便性は大きく増しています。

お金を払うのに現金を用いる、という機会がどんどんなくなっているようにも感じます。

便利なことは良いのですが、その分金銭感覚が麻痺するというデメリットもありますね。

クレジットカードが登場し、一般に普及した当初は、自分がいくら使ったか分からないままにどんどんお金を使ってしまい、カード破産する人が相次いだこともありました。

利用金額を制限するなど、なんらかの対策をとらないと、お金がたんなる情報になってしまったらお金の価値がわからなくなり、特に若い人はお金のありがたみもわからなくなって浪費や自己破産の急増が社会問題化してしまうかもしれませんね。

銀行業務を徐々に侵食?

フィンテックのことを、農業革命、産業革命、IT(情報技術)革命に次ぐ第4の革命だと評する人もいます。

農業革命によって人類は農耕生活ができ定住し、村や国を作り、支配層と労働層がわかれ、国家や社会を作っていきました。

産業革命で工場生産の技術が爆発的に高まり、それが自動車や航空機、家電製品などまでも作れるようになっていきました。

IT革命は記憶に新しいと思いますが、いまやパソコンをもっていない人の方が少ないぐらいですし、店舗に行かずに自宅から一歩も出ずに買い物したり、職場に行かずノートパソコン一台で仕事が完結してしまったりする社会になりました。

そして第4の革命、フィンテック革命はこれまでブラックボックスとなっていた決済取引を根本からゆるがす可能性があるのです。

このことは、銀行業界を大きくゆらがし、極端な話、銀行が役割を終える可能性すらあるかもしれません。

銀行は紀元前からあったそうですが、銀行が今の金融資本主義の中核をなすようになったのは通貨発行権をもっていることにあります。

通貨発行権は中世頃に与えられたと言われますが、諸説あり定かではありません。

ただ、その通貨発行権も、例えばビットコインなどの仮想通貨が現れたらその優位性が揺らいでしまうかもしれないのです。

現在の所、フィンテックが銀行の中核的ビジネスを揺らがすまでには到っていないようですが、銀行の規制を受けない領域で、低コストのサービスを提供しながら、しかも「モノ」の流れと結びついていることが多いフィンテックがやがて銀行業にとって変わる可能性は否定できないかもしれません。

リスク管理は大丈夫?

ただ、フィンテックが便利だからといってそれにすぐ飛びつく前に、リスク管理についても考えてみましょう。

どのような金融商品にも優位性があるとともに、リスクも必ずあるからです。

一つあげるとすれば、フィンテックが主にスマートフォンを利用すると言うことが上げられるでしょう。

財布の代わりにスマートフォンを持ち歩いて買い物する、という生活が近い将来普通になるかもしれませんが、スマートフォンをなくしてしまったらどうなるでしょうか?

これは財布をなくしたりカードをなくしたりした場合も同様ですが、大きな問題です。

さらに、スマートフォンをすりかえられるという詐欺に遭う可能性もあります。

見た目だけではけっこうわからないものですから、ケースだけ変えたらもう見分けがつかない人がほとんどかもしれません。

また、スマートフォンの操作に慣れていない高齢者に、使い方を教えるふりをして金銭をだましとったり高額な商品を買わせるなども考えられるでしょう。

そういうこともあるので、法整備やフィンテックに対応したリスクマネジメントが今後期待されます。

どんどん新しい技術がでる中で気をつけたいこと

ここまで読まれて、「めんどうくさい、現金だけでいいのでは?」と思われたかもしれません。 近年、IT技術の発達でどんどん新しいお金の支払い方が発達してきました。 それとともにフィンテックなどの新しいサービスがどんどん登場し、もしかしたらさらに新しい未知のサービスが登場するかもしれません。 ただ、もうわれわれは物々交換の時代にはかえれないので、お金というものとどうつきあうのか考えておくべきですし、お金に振り回される生活はぜひ避けたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

金融業界をゆるがすフィンテックはあなたの生活も変えています 
Reader Rating 1 Vote