銀行?投資?それとも手元?お金の置き場所はどこにすべき?

shutterstock_186600827

あなたはお金をどこに「置いて」いますか?

今日銀行や郵便局にお金を置いておいても老後は危うい、として投資を進める声やいっそのこと外貨に換えてしまえという声が叫ばれています。

しかしそうした方法を取るとしても失うリスクを考えたならやはり躊躇するのが普通と言うもので中々日本人の多くの人は銀行にお金を預けたままにしていると言う人が多いように思います。

しかしマイナンバーが導入され、銀行に預けたお金も、恐らくは外貨として持っているお金も今後は国に知られて税金の対象となることになりそうです。

手元に現金として置いて置くとしてもそれをそのまま動かした痕跡が残って知られるので同じ事。

納税を迫られ国に没収される未来は変わりません。

では今後自分のお金の置き場所をどこにすればいいのか?

少しでも安定した老後のためにと作った資産は自分のために遣いたいと思うのが当たり前の事で、今後マイナンバー導入に伴いどこにお金の置き場所を作るかが老後に使えるお金を左右するといっても過言ではないでしょう。

いっそのこと海外移住をしてしまうというのも一つの手ですが、日本生まれの日本育ちの方では言語の壁と生活環境と習慣の違いと言う壁が立ちふさがってその決断には中々至れないでしょう。

しかしそんな方でもお金の置き場所として悪くない場所が実は存在しています。

今回はこれからの日本で生きるためにより効率的なお金の置き場所と言うものを考察してみました。

これにより、老後の資金を少しでも多く作れるようになることが出来るようになって欲しいと切に願います。

お金の形を変えることでお金の置き場所にする

お金の置き場所として今世間で一番声高々に「こうしていきましょう」と言われているお金の置き場所がこれです。

このお金の置き場所は所謂株や外貨で持っておくという形であり、投資してしまうという形もこれに含まれます。

これからの成長が期待できるような人や企業、あるいは国にお金を貸す形をとり、自分以外の誰かの手元をお金の置き場所にするという形がいわゆる株やFX、あるいは国債を買うというものです。

もちろんそんな形ではなくてもこれから価値が上がりそうなものを大量に買い込むことでそれを売買して差額で儲けるという形のものや、建物や土地と言った不動産を購入することでそこから発生する賃貸による収入を得るというのもこれに含まれます。

しかしこういう形を取ることは正に他人の手元をお金の置き場所にすることと同じこと。

お金を別の形に変えて価値の変動を待つというのは他人がそれをどう評価するか、あるいはお金を預けた人がそのお金をどう扱うかに全てをかけることであり、このお金の置き場所を選んだ場合は、文字通り相手の手元をお金の置き場所とするため増えるもなくなるも相手次第のところがあります。

相手が使ってしまうかもしれませんし、ちゃんと守ってくれるかもしれません。

場合によっては増えることだってあります。

しかしその人がどんなに信用できる人であってもどうしようもない事故や災害にあってしまえばどうしようもないですし、悪気がなくともなくなってしまう事だってあります。

自分で持っているよりはマシだが安心感が得られない。

投資と言う形でお金の形を帰ることで置き場所を作る行為はそんな感じの置き場所と言えるでしょう。

自分自身の未来をお金の置き場所にする

このお金の置き場所は投資は投資でも自己投資と呼ばれる分野のものを指します。

このお金の置き場所にしようと思うと思うとそのお金を置いた場所にたどり着くまで歩き続ける必要があります。

ようは結果を出すまでやり続ける必要があるという事です。

一度投資をしたら取り戻すまでは絶対に帰ってこないためかなりのリスクは背負うことになりますが、その分このお金の置き場所は自分の知らないところでお金がなくなったりはしないです。

資格を取ったり、新しい商品を開発したり、創作物やシステムを作るというのもいわば未来の自分と言うものをお金の置き場所にするという行為だと言えます。

100万円かけても最終的に200万円手にすることが出来たのならばこのお金の置き場所は正解だったと言えますし、1億円を使っても10億稼げたら大成功だったと言えるでしょう。

そういう意味では自分次第で結果が出せるとも言えるので自信がある人はそうするのもいいでしょうが、それが誰でも出来るのであれば投資と言うものがここまで流行ることはなかったでしょう。

倍率が高いからこそリターンも大きく、歩き続けるためにそもそも潤沢な資金を必要とすることが大半でこれを選べる人はお金の置き場所について悩んだ事なんて早々ないはずです。

自分の手元に置いておいてもダメ、他人の手元や将来の自分の手元をお金の置き場所にするのはリターンはあるかもしれないけれどもリスクが伴う。

では一体どこをお金の置き場所にするのが一番リスクがなく、これからの日本で生きていく上で一番お金の置き場所として相応しいのでしょうか?

その条件を満たすお金の置き場所として正解に最も近い場所は恐らく電子データの中と言うものです。

お金の置き場所は電子データの中が良い

お金の置き場所にオススメの電子データの中と言うものは銀行や郵便局に預けておくという事ではないです。

このお金の置き場所は正に電子データの中。

いわゆる電子マネーと言う形でのお金の所有が恐らく一番妥当だと言えるでしょう。

電子マネーといわれたらビットコインなどの価格の変動が起こったりすることをイメージする人がいると思いますがそうした仮想通貨ばかりを指すのではなく、公共交通機関で主に使うSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)やICOCA(イコカ)などや、お買い物に便利でポイントもつくnanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)Edy(エディ)などの電子マネーも含んでいます。

電子マネーで物をやり取りすることは現在多くの人がしている事であり、コレを多く持っている状態ならばお金、通貨と言われるものが手元に殆どなくても生きていくことは難しくはありません。

どうしてこうした電子データの中をお金の置き場所としてお勧めするのかと言うと、こうしたものを利用して得られるポイントや割引などは税金の対象としにくいからです。

一般的に世界中で殆どの人が通貨、お金、と呼んでいるものを「法定通貨」と難しい言葉で表現することができます。

この通貨が一般的に使われているのは、国家が「税金をこれで納めるように」としているからであり、最終的にこれをある程度もっていないと国に対して自分の権利や命と言うものを守ってもらえないから、物やサービスのやり取りをこの通貨でしているわけです。

こうした国がその価値を認めた唯一のものであり、「通」用する「貨」幣で「通貨」であり、国家が「法」によって価値を「定」めている「通貨」だから「法定通貨」となるわけです。

では「法定通貨」に対して電子マネーはどうなるのかと言うと通用するのはその電子マネーを提供している企業の中だけであり「法定」ではないため、国家が「法」によって価値を「定」めていない通貨であるという事ができます。

その為これで税金を納めることは出来ませんし、コレをいくら持っているからといって税金を増やす法律を作ったとしたらそれはその電子マネーの価値を国が方によって価値があると定めてしまった「法定通貨」になってしまいます。

つまり基本的にこの電子マネーを税金の対象にすることはできず、暫くの間はコレが税金で持っていかれることのないお金の置き場所として有効な手段足りえるという事ができるでしょう。

日本をお金の置き場所にしていると言うリスク

最後にお金の置き場所が日本である以上発生してしまうかもしれないリスクをご紹介しておこうと思います。

正直な話あまり自分の国を悪くは言いたくありませんが、今の日本の価値と言うものは諸外国からすると魅力的とは言い難いものであるようです。

現状注目を集める国家はやはりアメリカ、そして中国、少し下がってヨーロッパの国々の連合EUと言ったところ。

そうした世界の評価が何でわかるのかと言えば海外のニュースでどれほど経済について取り上げられているのかを見るとわかります。

そして先程あげた3つの経済に関する動きと言うものはほぼどの国でも確実に取り上げられており、お金の置き場所にこうした国を選ぶ人は多いです。

では日本はどうなのかと言いますと、そうした相手とは相手にもならない程取り上げられることはありません。

つまり日本は世界の中でその程度にしか今注目されていないという事です。

これが進行するとどういう結果を生むのかと言いますと、日本が世界から価値がないとみなされ、日本円を海外の人が手に入れたがらず、日本国外のものを割高に入手することになる恐れがあるという事です。

今の世界はグローバルスタンダードであり一国だけが独立して存在するという事はまず不可能。

もしお金の置き場所に日本を選んでそこでしか通用しないお金を持っていた場合、お金の置き場所に置いておいたはずのお金は税金で取られ、使うときにはなんでも割高と言う自体がくる恐れもないとは言えません。

お金の置き場所について考え直す時代

お金の置き場所によってどこにしようと多少のリスクは絶対に背負うことになります。 そのリスクとリターンには大きさだけでなく、それぞれが発生する確立も存在しており、どれだけのリスクとリターンを選ぶかを避けることは出来ない時代になっているのは確かです。 お金の置き場所をどこにするのか、今一度真剣に考えて早めに行動した方が良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

銀行?投資?それとも手元?お金の置き場所はどこにすべき?
Reader Rating 2 Votes