自己投資が事故投資に!?そうならないためのお金の使い方

shutterstock_130187078

自己投資の本当の意味とは?浪費にならないためのお金の使い方

セミナーに行ってみたりコンサルティングを受けていると、実に多くの人からこういうことを言われます。

「きちんと自己投資すべきだ」

「自己投資するからお金が入ってくるようになる」

「というわけでまずはこれを買いなさい」みたいなことです。

セミナーセールスではよく聞くのではないでしょうか。

その言葉に乗せられる人はすごく多いのです。

しかし、そのほとんどの人は「自己投資って?」ということを考えずに、何かを買ったり申し込んだりします。

すると、「自己投資」が「事故投資」になってしまうのです。

つまり、浪費ということです。

それでは、せっかく大枚はたいて買ったのに、買ったものに何の価値を見出すことができません。

あなたの血肉となることは無いのです。

そうならないようにするためのお金の使い方をお話していきます。


自己投資というアドバイスに隠された意味

「もっと自己投資したほうがいいよ」とか「年収の5%は自己投資に当てたほうがいいよ」というアドバイスを受けたことはありますか?

意識高いあなたであれば、一回は聞いたことがあるかもしれませんね。

では、もう一つ質問をさせてください。

「自己投資とは何ですか?」

これに明確に応えられるでしょうか。

この質問に対する答えが浮かんでこないと、自己投資が事故投資に変わりやすくなります。

要注意です。

自己投資とは、自分に投資することによって、何かしらのリターンがあることを言います。

例えば、投資することによって自分のスキルレベルが上がり、それに伴って収入が上がるというのが、一般的に想像しやすいでしょう。

つまり使うことでそれ以上のモノが還ってくる(リターンがある)ということなのです。

それに対して、浪費とは使ったら終わりということです。

そこにリターンはありません。

つまりリターンを想定した上で行っているものが投資です。

あなたがこれから行う自己投資は、どんなリターンを期待して始めるものでしょうか?

あらかじめリターンを設定していないと、浪費に終わってしまう可能性が高いです。

だから事故投資になってしまいやすいのです。

自己投資で投資するものは何か?

自己投資というと、お金を投資するものだと考える人が多いですが、「お金」と「時間」を投資するという考え方を持ってください。

お金というのは、あなたの工夫次第で、増やしていくことができます。

でも、時間は有限です。

いくらお金をつぎこんだところで、失った時間は取り戻せません。

あなたにとって大したことのない金額の投資でも、それを行う時間に対して、リターンが見合うかどうかという考え方も取り入れてください。

あなたがこれから始めようとしている自己投資は、あなたの時間を使う価値のあるものですか?

YESの場合は、具体的に、どのくらいの時間をかけて行うものかを想定しましょう。

自己投資の種類

自己投資にも様々なものがあります。

以下の項目を参考にして頂ければ幸いです。

ぜひ見て頂いて、あなたにあった自己投資を選んでみてはいかがでしょうか?

長期的なプランの中で、「今年のテーマはこれ」とか、「今月はこれをやろう」みたいな考え方もいいと思います。

すべてはあなたの人生を豊かにするための行動です。

あなたがどのように豊かになりたいかというゴールがあった上で、そのためにどうやっていくかということを考えてみて下さい。

①スキル系

一番頭に思い浮かぶのはこの項目ではないでしょうか?

具体例としては英語、会計や法律、各種資格、PC、プレゼンテーション、スピーチ等があります。

ここで注意してもらいたいのは、なぜそれをやるのか?ということです。

さらにもう一つ大事な要素があります。

それをやることによって、何を得たいのですか?

友人がやっているから、流行っているから、なんとなく、といったような感じで始めていませんか?

これらを踏まえた上で、あなたにとって必要なスキルを高めていくことは、あなたにとって強い武器となっていくでしょう。

関連記事▶︎必ず上がる!TOEICの点数 スコアを劇的にアップする24の手順

②インプット系

比較的少ない投資で、手ごろに始められる自己投資です。

読書、映画などが当たります。

最近だとYoutubeやニコニコ動画、podcastなどからインプットするというのもありでしょう。

歴史の本を読むことをお勧めしている人生の大先輩も多いんじゃないでしょうか?

インプットしても忘れてしまうことが多い方は、しっかりと記録を取るようにしてみてください。

効果的な読書の方法としては、読む前、読んだ後、その後しばらくして、の3段階で記録をとり、投資に見合った行動だったかどうかを検証していってください。

③体系

この点はおろそかにしている方も多いのではないでしょうか。

やっぱり体が資本、しっかりと投資していきましょう。

ジム、有酸素運動、テニスやフットサルなどのサークル、食事管理、等お金という観点から見ると、体の手入れをすることで、医療費を減らすという考え方もできます。

時間という観点から見ると、体の手入れをすることで、活動できる時間を増やすという考え方もできます。

この機会に、体に投資を始めてみるのも良いかと思います。

実は体を鍛えることで、様々な副次的効果も生まれると思います。

例えば、自信がつく、活発になる、判断力が優れる、外見がよくなるなど、ぜひ積極的に取り入れてください。

④外見系

自己ブランド構築の一環として取り組んでみてはいかがでしょうか。

投資して外見を磨くという考え方も大切です。

なぜなら、見た目が及ぼす影響が大きいからです。

だらしない格好をしている保険の営業担当を信頼できますか?

シャツがはだけた状態の人から何かを教わりたいと思うでしょうか。

洋服、時計、カバン、小物、化粧品など何でもいいと思います。

それらを「自分への投資」と考えて購入してみてはどうでしょうか。

その時は、あなた自身を表現するキーワードにあったものを選んでいくとよいでしょう。

例えば、信頼、オシャレ、質素、自然派、清潔、トレンド、どういった言葉が、あなたが目指す方向と合致しますか?

そのキーワードに当てはまるようなものを揃えていきましょう。

⑤自己体験系

やはり実体験や経験の効果は絶大です。

一般論と外れることもありますが、れっきとした事実なのでリアリティを感じることができます。

「人に会う」、あなたがやりたいと思っている分野で一流な人と会ってみましょう。

「場所を訪れる」、ニュースを見るだけでなく、実際にそこに訪れてみましょう。

ついつい、インターネットで検索すれば、なんでも答えがわかってしまうと思いがちですが、実際に自分の五感を使って、体験していきましょう。

特に新しいことを体験することは、あなたの可能性を広げる元となるでしょう。

効果的な自己投資の行い方

最近やみくもに資格を取得している方をよく見ます。 資格があると安心だから、何か行動していないと落ち着かないから、などなど リターンの姿が明確でない投資を行うと、気づいたら何も残っていないという可能性もあります。 この投資を行うことであなたが得られるリターンはなんですか? 例えばやみくもに英語を勉強している方に質問です。 あなたが英語が喋れると、どんなリターンがありますか? 関連記事▶︎目的のないTOEIC勉強があなたを不幸にしている以下の手順を追って、やってみてください。 ①あなたにとって最高の姿を想像しましょう。 ②その時に得られているリターンを想像しましょう。 ③リターンを得るためにやるべき自己投資の種類を決めましょう。 ④そこにかけるべき、お金と時間を決めましょう。 ⑤継続する方法について考えましょう。 ⑥自己投資をスタートしましょう ⑦当初の予定どおり投資ができているかを定期的に振り返りましょう 最後に一つだけ大事なことをお伝えしようと思います。 自己投資することが目的になってしまっている人を多数見かけます。 人はとにかく「英語を勉強しなきゃ」、とか「資格をとりました!」とか、そういうことを考えたりアピールしがちなものです。 それで、「どうしたいのか」というのを見失わないようにしてください。 先ほどの「①あなたにとって最高の姿を想像しましょう。」が一番重要です。 このための自己投資であることを忘れないようにしましょう。 シッカリと目的を定めましょう。 自己投資をするという考え方、志の高さはとても素晴らしいと思います。 ぜひそのエネルギーを、あなたの人生を楽しく豊かにするために使ってくださいね。 応援しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

自己投資が事故投資に!?そうならないためのお金の使い方
Reader Rating 3 Votes