生涯賃貸と持ち家って本当はどっちが得なの?

shutterstock_305300534

夢のマイホームを購入する前に賃貸との違い理解しておこう

生活するうえで大切な自分の住まい。

賃貸にするか持ち家にするか、人生においても大切な決断です。

生涯賃貸で暮らした場合と持ち家の場合は、一体どちらのほうがお得なのでしょうか。

早速違いをご紹介したいと思います。

30年間でどれほど違うかチェック!

マイホーム夢見る方は大変多いのですが、何十年ものローンを組んで返済をするのはとても大きなストレスになりますよね。

持ち家で暮らすことは自分の家である自由さが一番のメリットになります。

では賃貸と持ち家の場合、30年間を比較してみるとどちらが安いのかチェックしてみましょう。

家賃が月々8万円の賃貸物件の場合ですが、30年間の総額は2,880万円になります。

持ち家の場合ですが、住宅ローンを1900万円組んだ場合に利率が3%で30年ローンで毎月の返済が賃貸とほぼ同じ8万円になります。

30年間の返済総額は2,883万円になりますので出費としてはさほどの違いはありません。

しかし家の値段によっても異なりますので、賃貸と持ち家を同じ料金内で設定することは可能です。

30年間住んだ後の最大の違いは自分のものになるかならないかという点ですよね。

賃貸は毎月8万円を全て大家さんに支払う為、自分に残るものはなにもありません。

住宅ローンの返済は楽ではありませんが、ローン完済すれば家は自分の財産になるのです。

賃貸がいいか持ち家がいいのか、条件によって異なりますが自分の夢を叶えるためには多少の出費は仕方ない事なのでしょうね。

もしくは返済の負担を抱えたくない人は賃貸で自由に生活するメリットもあります。

住宅ローンには利息が発生しています。

利息は金融機関に支払うものですから、かなりの額は無駄になっているとも考える事ができますよね。

ざっと比較してみるとそれほどの違いはないように見えますが、細かいコストも考えないといけません。

持ち家維持費はいくらかかる?

自分の家ならば、修繕しようがペンキを塗ろうがまったく自由に暮らすことができますよね。

賃貸の場合はあくまでも人の家に住んでいるわけですから、自由な暮らしか方ができない点は大きな違いになります。

持ち家の場合ですが、毎月の住宅ローン返済以外にもかかる費用は沢山あります。

まず大きな出費になるのが固定資産税です。

この税額は家の評価額に対してかかりますので、土地の広さや家の築年数によっても違います。

例えば2000万円の評価額の家で木造建築40年の場合、土地に15万円、建物に10万円ほどの固定資産税がかかります。

鉄骨建築になると税金は多少割高になっています。

税金は1月1日にかかりますので、1月2日以降に家を購入すればその年の固定資産税はかからないことになります。

そして持ち家に必要になるのが火災保険ですよね。

万が一の時のために必ず保険に加入をしたほうが安心です。

火災保険は賃貸物件と比べると保険料が高く、地震の場合は地震保険も別に加入しないといけません。

月々の保険料は内容によって異なります。

そしてマイホームには修繕費が必要になります。

長く住んでいれば壊れる箇所も沢山あるでしょうし、外壁を綺麗に塗りなおす時期もやってきますよね。

ちなみに大きさにもよりますが、外壁の塗装代は50坪の家で約180万円ほどかかります。

水漏れ、トイレの修繕など家の中では常に修理が必要になる箇所がでてきますよね。

これらの修繕費も計算しておかないと突然の出費になり家計に響く結果になってしまいます。

10年間で100万円ほどの修繕費を貯蓄したほうがよいとも言われています。

賃貸のメリットは何?

賃貸物件に住んでいるメリットは、いつでも引越しができることです。

マイホームを持っていると隣近所との付き合いが万が一うまくいかなくなった時、毎日の生活はとてもストレスになります。

でも賃貸ならばいつでも好きな場所へ移動できますし、月々の住宅ローンを返済するストレスはないのです。

住まいは自分のライフステージにより、賃貸にするかマイホームを購入するか迷う時期がありますよね。

また家を買うのは自分の年齢も関係してくる為、慌てて貯蓄をする必要もありません。

全国の家の割合をみると、全体の約6割が持ち家になっています。

民間の賃貸は3割、残りが公営や公社などの賃貸物件になっています。

このように見るとマイホームを持っている人の数のほうが多いのですが、最近では結婚をせずに独身で過ごす方も多く、家を持つことにそれほどこだわらない人も増えています。

ローンの返済をする負担を減らして、そのかわりに自分の好きな趣味にお金を使ったり旅行をするなど、ライフスタイルが近年変わっていることも大きく影響しているようですね。

賃貸物件に住んでいればマイホームのような修繕費は必要ありません。

必要になるのは、物件の賃貸契約をするときに敷金が約家賃の1ヶ月、そして礼金が家賃の2ヶ月、仲介手数料が家賃1ヶ月ほど必要になります。

また賃貸契約を2年ごとに更新する時に家賃1か月分ほどが必要になります。

毎月必要になるのは家賃と共益費など、物件によって異なりますがマイホームのような維持費が必要ない点は賃貸の大きなメリットになっていますよね。

持ち家のメリットは何?

 

夢のマイホームでは、自分の好きな壁の色や庭のお手入れなど何をしても自由に過ごせます。

また賃貸物件のように下の階の人に迷惑をかけないように静かに生活をしたり、隣の人の騒音に悩むことも少ないですよね。

なによりも賃貸のメリットは「自分の財産」であることです。

そして自分だけでなく子供の生涯住める安心できる場所でもあります。

自分の好きなようにデザインもできますし、間取りを変えたりリフォームすることも完全に自由です。

また持ち家があると、社会的な信用にもつながりますし、借金をする場合にも担保として家を使う事ができますので、経済的にも持ち家があると助かる場面がたくさんあります。

そして賃貸の場合は毎月かかる駐車場代も家の敷地内であればお金がかかる事はありませんし、賃貸契約の更新料などは必要ではありません。

またマイホームは自分の財産ですから、売却する事が可能ですよね。

市場価格が上昇すれば購入した金額以上で売れる可能性もあります。

投資的な意味も含めているためにマイホームを持つ人はとても増えています。

頭金がなくでもローンを組める場合もありますし、月々のローン返済額は賃貸物件なみの料金なので、経済的な負担は少ないのです。

結婚をして子供が生まれる、そしてマイホームの購入。

このようなライフスステージには必ず家の購入がありますよね。

安心していつまでも住んでいられる自分の家、という快適さは賃貸物件にはない大きなメリットになっているのでしょう。

マイホームは人生の中でもとても大きな節目となる買物です。

時間をかけて満足できる物件を見つけましょう。

それほど違いはない賃貸と持ち家

長い目で考えると、賃貸物件も持ち家もそれほど出費額はかわりません。

しかし自分の財産になる持ち家は売却できる点が大きな違いですね。

そこで住む期間を比較してみると持ち家は長く住めばすむほどお得になります。

ローンを完済してしまえば、月々の返済になる8万円前後のお金は必要なくなりますし、次の世代に家を渡すことも出来ますので、長い間に住める場所としては持ち家のほうがお得かもしれませんね。

しかし世の中の経済の流れによっては物価が上昇して賃貸では割高になる可能性もありますし、逆にバブルのような土地の値段が高騰することもありえるのです。

このように値段だけを見るとどちらとも決めがたいのですが、経済の動きとともに上手なやりくりをする事が大切ですね。

マイホームが欲しくても、経済状況によってはローンを組むこと自体が厳しくなることも考えられます。

また購入した値段よりも家の値段が暴落してしまう可能性もありますので判断しにくい点もあります。

トータル的な出費額を見ると賃貸のほうが若干安いので、経済的な負担を減らして暮らしたい方や一人暮らしの人には賃貸がオススメです。

また自分の資産を増やす目的や家族が多い場合には、多少辛くてもマイホームを持っていたほうが将来的に安心できますよね。

賃貸にするか持ち家にするか、それは自分のライフスタイルによっても異なります。

どっちが得になるかは何十年後の市場価格によって決まるのかもしれませんね。

どちらのスタイルにせよ、節約生活を心がけて、少しでもお金を無駄をしないことが重要なポイントです。

そして長く住めるように住まいは綺麗に大切に使いましょう。

快適な人生が送れる住まいを見つけること

賃貸にせよ持ち家にせよ、どちらも生きていくためにはお金がかかります。 少しでも快適で満足した人生を送るためには、経済的にも自分にあった住まいを見つける事が一番大切なのです。 それぞれのメリットとデメリットをよく比較して判断しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

生涯賃貸と持ち家って本当はどっちが得なの?
Reader Rating 2 Votes